国産紅茶レビュー 大分県

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

投稿日:2013年9月4日

【この紅茶について】

日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました
今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。
べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。
なので、珍しい品種と言えば珍しい品種になります。

【茶葉】

20130903杵築べにたちわせ1

ぱっと見た目で『一芯二葉で摘んだ』というのがわかります。
緑茶の新茶を丁寧に手摘みして仕上げたものと同じような感じです。
ザクッと刈ってばさばさ作った紅茶とは明らかに茶葉の段階で違います。
ホントに軽い所を摘んでいるので、これだけカサがあっても5gです。
いろんな意味で、このお茶のすごさを感じます。

【水色】

20130903杵築べにたちわせ2

色目はピンクがかった橙で、淡い。
香りは、酔いそうな位甘くファーストフラッシュのような花の香りがする。
(FFだっけ・・・)
渋みはきっちり乗ってて、さらりと飲める。
紅茶そのもの。
ただ、3分は薄かったかもしれない。
せめて最初は5分からだったかな。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目はさっきの倍になってます。
といっても、さっきの色目が薄かったので、これでちょうどいいくらい。
さっきの酔いそうな位の香りは健在。
味は、渋みも『紅茶の味』もずっと濃くなっており、やはり5分以上で淹れるのがいいと確認。
砂糖を少し入れたい感じがします。

【茶殻】

20130903杵築べにたちわせ3

よく『新茶の茶殻は食える』という話をします。
例えば玉露とか煎茶でも新茶のもので最初の時期に摘んだ柔らかい物とか。
それと全く同じ茶殻です。
香りは、すべて出し切った後の苦い香りがします。
ですが、その柔らかそうな感覚から、かじってみたいと言う衝動に駆られる茶殻です。
こういう茶殻ってほとんどそんな感じはしないのですが、やはり、少し食ってみました。
結論としてはこれも『食える茶葉』です。
茶葉の柔らかさがあるので、たとえばしっとりめのケーキにまぜるとか水分の多いデザートなんかに混ぜると、違和感なく食えてしますのではないでしょうか。
珍しい事この上なしです。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:


  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hanakoさん
    ムジカの紅茶については、直接お店で在庫があるか問い合わせになりますが、
    ご存じのとおり、生産者は杵築の阿南さんで
    ご自身の杵築紅茶ブランドでも出されていますが、僕自身現物確認ができていたのは、ムジカと佐賀の国産紅茶専門店『紅葉』です。
    もし、阿南さんのを直接買えるのでしたらそれに越したことはありませんね。
    (金額的な問題で)

  2. hanako より:

    SECRET: 0
    PASS:
    この紅茶はこちら九州でも買えるのですか?
    生産者は杵築の阿南さんですか?

関連記事

【奈良県】みとちゃ農園:手摘み ウンカ芽 紅茶 大和美人2016-2

【奈良県】みとちゃ農園:手摘み ウンカ芽 紅茶 大和美人2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。 ウンカ芽って事は、狙いは東方美人でしょうか。 思い通りの香りに仕上がってるのか楽しみです。 【茶葉】 袋を開けた時から、甘く …

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

【この紅茶について】 この紅茶は。地紅茶サミット奈良で購入しました。 ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入している茶農家さんです。 なので、ここでは「吉田山で出していない紅茶を下さい」とリクエ …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 べにひかり

【この紅茶について】 水車むらで提供されています試飲パックの続きです。 次はべにふうきとは一味ちがう紅茶品種『べにひかり』です。 前に、島根の西製茶所さんのを紹介したと思います。 これも、生産箇所が少 …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

アーカイブ