国産紅茶レビュー 群馬県

【群馬県】HOATEA:子持紅茶2016春

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、群馬県のお茶「子持茶」を紅茶にしたものです。
農家さんがただたんに作ったわけではなくて、
群馬県前橋市の紅茶専門店「ティーストア」(HOATEA)さんが監修してます。
この紅茶は、HOATEAのオーナー狩野さんが農家さんと二人三脚で作り上げた紅茶です。
その紅茶の出来る成り立ちから、いろんなメディアで紹介しつづけ、ご自身のお店を中心に地道に販路を広げてきました。

今回、この紅茶が手に入ったのは地紅茶サミット奈良にて出品されていたからです。
狩野さんありがとうございます。
今度遊びに行きますね~(o ̄∀ ̄)ノ”(※いつかわからんけど、絶対に行きます)

【茶葉】

群馬子持紅茶2016春1
茶葉は細かく裁断され、計量がし易いです。
茎が散見されますが、太いのがガンガン入ってるわけでないので、これは意図的に入れたのかなと思います。
紅茶屋さん監修らしく、時より緑色の茶葉が見えます。
色々考えながら茶葉を調整したのかなぁって思います。

【水色・味・香り】

群馬子持紅茶2016春2
3分淹れた水色は、薄いオレンジに少し茶色を足したような色です。
香りはおかゆのような香り。
味は少し玄米のような風味が漂います。渋く無いです。

味の分類では『滋納』系になります。

長く淹れても、水色はほとんど変わりません。すこし赤みが出たくらい。
香りはほとんど変化なし。
味は、長くつけただけあって、軽く渋みが顔を出してきました。
同じ滋納系でもよくある国産紅茶と同じというわけではなく、すっきりした風味です。
『優しい甘さ』とはぜんぜん違うもので、さっぱり飲める紅茶です。

食べ物との相性に関しては、なんでも合うと思います。
味が濃ければ濃いほどその能力を発揮できる紅茶かと思います。

【茶殻】

群馬子持紅茶2016春3
茶殻は茶葉がそのまま膨らんだような感じです。
そんなにもカサが増したわけでないので、一見すると「まだいけるんじゃね?」と思います。
残り香は青々しく、草むらに入っているような感じがします。
茶葉から若々しさを感じます。
これも、もしかしてファーストの狙いなんですかね?

-国産紅茶レビュー, 群馬県

執筆者:

関連記事

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。 紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は …

no image

京都:永谷農園:永谷の手作り宇治紅茶

□検索すればヒットするけどひっそり売られていた 国産紅茶を集める際に、正直、どこからあたって良い物か困惑していました。声をかけても返ってこない。基本的に茶業組合はノータッチ。作ってる人たちは、他の茶園 …

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-2

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入した紅茶です。 「十年秘蔵」って書いてあるんで、作ってから10年保存してたのかなと雑に考えました。 (チャンスがあれば、意味を教えてほしい) ぱ …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

【中国】九曲紅梅②

【中国】九曲紅梅

【この紅茶について】 この紅茶は、お茶仲間である中国茶の専門家A氏から頂いた紅茶です。 A氏の中国茶専門サイトは→こちら この紅茶は「九曲紅梅」といいます。 中国の浙江省杭州市で作られています。 原産 …

アーカイブ