国産紅茶レビュー 群馬県

【群馬県】HOATEA:HOATEA 子持紅茶2016春

投稿日:2017年1月24日

【 子持紅茶2016春 この紅茶について】

子持紅茶2016春 は、群馬県のお茶「子持茶」を紅茶にしたものです。

農家さんがただたんに作ったわけではなくて、
群馬県前橋市の紅茶専門店「ティーストア」(HOATEA)さんが監修してます。
この紅茶は、HOATEAのオーナー狩野さんが農家さんと二人三脚で作り上げた紅茶です。
その紅茶の出来る成り立ちから、いろんなメディアで紹介しつづけ、ご自身のお店を中心に地道に販路を広げてきました。

今回、この紅茶が手に入ったのは地紅茶サミット奈良にて出品されていたからです。
狩野さんありがとうございます。
今度遊びに行きますね~(o ̄∀ ̄)ノ”(※いつかわからんけど、絶対に行きます)

【 子持紅茶2016春 茶葉】

群馬 子持紅茶2016春 -1
茶葉は細かく裁断され、計量がし易いです。
茎が散見されますが、太いのがガンガン入ってるわけでないので、これは意図的に入れたのかなと思います。
紅茶屋さん監修らしく、時より緑色の茶葉が見えます。
色々考えながら茶葉を調整したのかなぁって思います。

【水色・味・香り】

群馬 子持紅茶2016春 -2
3分淹れた水色は、薄いオレンジに少し茶色を足したような色です。
香りはおかゆのような香り。
味は少し玄米のような風味が漂います。渋く無いです。

味の分類では『滋納』系になります。

長く淹れても、水色はほとんど変わりません。すこし赤みが出たくらい。
香りはほとんど変化なし。
味は、長くつけただけあって、軽く渋みが顔を出してきました。
同じ滋納系でもよくある国産紅茶と同じというわけではなく、すっきりした風味です。
『優しい甘さ』とはぜんぜん違うもので、さっぱり飲める紅茶です。

食べ物との相性に関しては、なんでも合うと思います。
味が濃ければ濃いほどその能力を発揮できる紅茶かと思います。

【茶殻】

群馬 子持紅茶2016春 -3
茶殻は茶葉がそのまま膨らんだような感じです。
そんなにもカサが増したわけでないので、一見すると「まだいけるんじゃね?」と思います。
残り香は青々しく、草むらに入っているような感じがします。
茶葉から若々しさを感じます。
これも、もしかしてファーストの狙いなんですかね?

-国産紅茶レビュー, 群馬県

執筆者:

関連記事

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2019-パッケージ

kyoukan茶紅茶べにふうき2019 :ハサマ共同製茶組合【三重県】

【 kyoukan茶紅茶べにふうき2019 この和紅茶について】 今日の和紅茶は、三重県のハサマ共同製茶組合さんの kyoukan茶紅茶べにふうき2019 をご紹介します。 三重県は日本第3位のお茶の …

【京都府】京都地紅茶: 常蓮山発酵茶2017 -2

【京都府】京都地紅茶: 常蓮山発酵茶2017

【 常蓮山発酵茶2017 :この紅茶について】 常蓮山発酵茶2017は、京都市の京北町で買った紅茶です。 先日記事にしました『京都地紅茶』さんの商品です。 過去記事はこちらからよろしくお願いします。 …

豊橋紅茶手摘み紅茶べにふうき2019 :ごとう製茶【愛知県】-パッケージ

豊橋紅茶手摘み紅茶べにふうき2019 :ごとう製茶【愛知県】

【 豊橋紅茶手摘み紅茶べにふうき2019 この 和紅茶 について】 今日の 和紅茶 は、愛知県のごとう製茶さんの 豊橋紅茶手摘み紅茶べにふうき2019 をご紹介します。 愛知県は、この豊橋市を中心に、 …

国産紅茶20131022 浜佐園わらしな紅茶2013 -2

【静岡県】株式会社浜佐園: 浜佐園わらしな紅茶2013

【 浜佐園わらしな紅茶2013 この紅茶について】 浜佐園わらしな紅茶2013 は、静岡の浜佐園さんの紅茶です。 多分、普通に検索しても緑茶ばかりがヒットすると思いますが、 根気よく探していただくか、 …

田原製茶20131025 菊川紅茶2013 -2

【静岡県】 田原製茶 :田原製茶 菊川紅茶2013

今回は、静岡県の田原製茶さんの 菊川紅茶2013 をご紹介します。 【 菊川紅茶2013 茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。 発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えて …

アーカイブ