国産紅茶レビュー 愛媛県

【愛媛県】 農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶オータムナル(2016)

投稿日:

【この紅茶について】

2013年にこの紅茶の試飲レビューを書いています。
久々の試飲って事になります。

過去記事:てっぺん紅茶

2013年も、そして今も作ってるんだなぁって思うと継続は本当に大事だなという気になります。
国産紅茶は、数回作って反応見て、売れなければすぐ辞めるという人も多く居ます。
その中で変わらず作っていただけるのはありがたいです。
引き続き書い続けてどう変わっていくのか楽しみです。

【茶葉】

前は、「硬そうで茎が多い」って書きました。
今回は、発酵は濃い目で、茎はほぼ無しです。
見た目、若干硬そうなのは変わりなしです。
香りは紫蘇っぽい感じがします。
まあ、淹れる前の茶葉の香りなんて気にする人間なんてそうは居ませんが。
(居たとしたら、変わり者か変態です)

【水色・味・香り】


3分淹れ終わった水色は薄い茶色。
軽く、わらを蒸したような香りがします。
味は軽く、少しだけ酸味があります。

60度ぐらいまで落ち着いてきたら、香りがすこし変化しました。
りんごの皮のような香りがうっすらとしてきます。
飲みくちが紅茶というか、加賀棒茶みたいな感じです。
知らずに飲んだから、浅めのほうじ茶という感じです。

味の分類では「滋納」系になります。

しばらく置くと、水色が大幅に変わりました。
茶葉の色が一気に移ったかと思うくらい赤黒くなりました。
香りは変化がないですが、香り立つというよりも水面に覆っているような感じ。
味はガツンと濃くなりました。
紅茶らしい甘みが一気に口に広がります。
ただ、渋みとか一気に広がる香ばしさとかは無いです。
すこし香ばしさを秘めた甘さです。
これは好きな人は好きな味です。

ですが、温度が落ち着くと一気に酸味が顔を出します。
温かいうちに飲むことをおすすめします。

【茶殻】


茶殻は、淹れる前と裏腹に、柔らかそうな茶殻です。
水分を吸い込んで顔が変わったような感じです。
香りは枯れ草のような香りがします。
紅茶らしい香りは、飲む方に移動したかなと言う感じです。
きっちり成分を出せてよかったと思います。

-国産紅茶レビュー, 愛媛県

執筆者:

関連記事

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018 -2

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018

【 狭山かおり紅茶茜2018 この紅茶について】 狭山かおり紅茶茜2018 は、埼玉県で作られた国産紅茶です。 埼玉県といえば、この紅茶でも使われている品種『さやまかおり』でも有名な産地です。 関東の …

no image

【静岡】豊好園:山の息吹

【この紅茶について】 この紅茶はフェイスブックで同じグループにいらっしゃいました豊好園さんに直接注文して購入しました。その時の注文の仕方が今でも覚えているんですが、商品を買ったというよりも『出来上がっ …

no image

【佐賀】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶

【茶葉】 撚りもまとまりも綺麗です。パッと見、釜炒りの紅茶というような感じです。こういうふうにまとまる紅茶は見ていて気分がいいです。ティーバッグじゃなくて、ぜひリーフでと人に勧めたくなる形状です。どこ …

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-2

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016

【この紅茶について】 静岡県の農家さんの紅茶です。 品種は紅茶品種のべにふうきで、静岡県の「ふじのくに山のお茶100選」認定紅茶です。 静岡県はお茶生産日本一ですが、今や紅茶も日本で一二を争う生産量と …

アーカイブ