国産紅茶レビュー 愛媛県

【愛媛県】 農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶オータムナル(2016)

投稿日:

【この紅茶について】

2013年にこの紅茶の試飲レビューを書いています。
久々の試飲って事になります。

過去記事:てっぺん紅茶

2013年も、そして今も作ってるんだなぁって思うと継続は本当に大事だなという気になります。
国産紅茶は、数回作って反応見て、売れなければすぐ辞めるという人も多く居ます。
その中で変わらず作っていただけるのはありがたいです。
引き続き書い続けてどう変わっていくのか楽しみです。

【茶葉】

前は、「硬そうで茎が多い」って書きました。
今回は、発酵は濃い目で、茎はほぼ無しです。
見た目、若干硬そうなのは変わりなしです。
香りは紫蘇っぽい感じがします。
まあ、淹れる前の茶葉の香りなんて気にする人間なんてそうは居ませんが。
(居たとしたら、変わり者か変態です)

【水色・味・香り】


3分淹れ終わった水色は薄い茶色。
軽く、わらを蒸したような香りがします。
味は軽く、少しだけ酸味があります。

60度ぐらいまで落ち着いてきたら、香りがすこし変化しました。
りんごの皮のような香りがうっすらとしてきます。
飲みくちが紅茶というか、加賀棒茶みたいな感じです。
知らずに飲んだから、浅めのほうじ茶という感じです。

味の分類では「滋納」系になります。

しばらく置くと、水色が大幅に変わりました。
茶葉の色が一気に移ったかと思うくらい赤黒くなりました。
香りは変化がないですが、香り立つというよりも水面に覆っているような感じ。
味はガツンと濃くなりました。
紅茶らしい甘みが一気に口に広がります。
ただ、渋みとか一気に広がる香ばしさとかは無いです。
すこし香ばしさを秘めた甘さです。
これは好きな人は好きな味です。

ですが、温度が落ち着くと一気に酸味が顔を出します。
温かいうちに飲むことをおすすめします。

【茶殻】


茶殻は、淹れる前と裏腹に、柔らかそうな茶殻です。
水分を吸い込んで顔が変わったような感じです。
香りは枯れ草のような香りがします。
紅茶らしい香りは、飲む方に移動したかなと言う感じです。
きっちり成分を出せてよかったと思います。

-国産紅茶レビュー, 愛媛県

執筆者:

関連記事

【奈良県】TEA FARM MITOCHA:-緋-いろは2017-2

【奈良県】TEA FARM MITOCHA: 緋いろは2017

【 緋いろは2017 :この紅茶について】 緋いろは2017 は吉田山大茶会で購入しました。 初めて買った紅茶なので、どのような中身なのか楽しみです。 奈良県は、だんだん紅茶を作っている人が表に出てく …

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018 -2

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018

【 狭山かおり紅茶茜2018 この紅茶について】 狭山かおり紅茶茜2018 は、埼玉県で作られた国産紅茶です。 埼玉県といえば、この紅茶でも使われている品種『さやまかおり』でも有名な産地です。 関東の …

no image

【静岡】益井園:みお ぷれみあむ

【この紅茶について】 この紅茶は益井園さんの紅茶で品種『香駿』です。 『かおり』シリーズでも特にいいロットに『みおぷれみあむ』という商品名をつけるそうです。 益井園さんの紅茶はかおりのセカンドが、秋に …

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-2

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入した紅茶です。 「十年秘蔵」って書いてあるんで、作ってから10年保存してたのかなと雑に考えました。 (チャンスがあれば、意味を教えてほしい) ぱ …

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

アーカイブ