国産紅茶レビュー 愛媛県

【愛媛県】 農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶オータムナル(2016)

投稿日:

【この紅茶について】

2013年にこの紅茶の試飲レビューを書いています。
久々の試飲って事になります。

過去記事:てっぺん紅茶

2013年も、そして今も作ってるんだなぁって思うと継続は本当に大事だなという気になります。
国産紅茶は、数回作って反応見て、売れなければすぐ辞めるという人も多く居ます。
その中で変わらず作っていただけるのはありがたいです。
引き続き書い続けてどう変わっていくのか楽しみです。

【茶葉】

前は、「硬そうで茎が多い」って書きました。
今回は、発酵は濃い目で、茎はほぼ無しです。
見た目、若干硬そうなのは変わりなしです。
香りは紫蘇っぽい感じがします。
まあ、淹れる前の茶葉の香りなんて気にする人間なんてそうは居ませんが。
(居たとしたら、変わり者か変態です)

【水色・味・香り】


3分淹れ終わった水色は薄い茶色。
軽く、わらを蒸したような香りがします。
味は軽く、少しだけ酸味があります。

60度ぐらいまで落ち着いてきたら、香りがすこし変化しました。
りんごの皮のような香りがうっすらとしてきます。
飲みくちが紅茶というか、加賀棒茶みたいな感じです。
知らずに飲んだから、浅めのほうじ茶という感じです。

味の分類では「滋納」系になります。

しばらく置くと、水色が大幅に変わりました。
茶葉の色が一気に移ったかと思うくらい赤黒くなりました。
香りは変化がないですが、香り立つというよりも水面に覆っているような感じ。
味はガツンと濃くなりました。
紅茶らしい甘みが一気に口に広がります。
ただ、渋みとか一気に広がる香ばしさとかは無いです。
すこし香ばしさを秘めた甘さです。
これは好きな人は好きな味です。

ですが、温度が落ち着くと一気に酸味が顔を出します。
温かいうちに飲むことをおすすめします。

【茶殻】


茶殻は、淹れる前と裏腹に、柔らかそうな茶殻です。
水分を吸い込んで顔が変わったような感じです。
香りは枯れ草のような香りがします。
紅茶らしい香りは、飲む方に移動したかなと言う感じです。
きっちり成分を出せてよかったと思います。

-国産紅茶レビュー, 愛媛県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、 ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。 続いて、フェイスブックグルー …

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU BITTER 2016-2

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU BITTER 2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 先日下記ました「KOHAKU SWEET」の会社になります。 前回と同様、どのような紅茶になるか楽しみです。 【茶葉】 茶 …

no image

【熊本】船本製茶工場:紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、海外の紅茶に関して異常に詳しい知り合いから教えてもらい、自分で調べたけどどうしても購入先がわからなかったので、それも教えて持ったという国産紅茶です。『他の国産紅茶とは …

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

アーカイブ