お茶

お茶の友、甘い物

投稿日:2013年8月31日

【お茶の友、それは甘い物】

いつも良いニュースがないかといろいろなサイトを検索するのですが、
内容が『紅茶』なので、おいしいそうなものばかりがヒットします。
紅茶のニュースは常に食物の記事との戦いです。

その中で、とりわけ目を引いたものを少しご紹介したいと思います。
出来れば、これを買って京都まで投げてくれれば、僕としては大変うれしく思います。
(投げるって・・・・(ー”ー;))

紹介されていたのが、大丸東京店でなんで京都でしてくれないのかと
恨み節が延々と並びますが、特に気になったのを紹介したいと思います。
ちなみに、リンク先はこちらです。

ほっぺタウン1周年イベント

しかも、一部の商品が今日までなんて、なんて神のいたずらか!!
・゜・(ノД`)・゜・

【1kgの豆大福】

あ~、都合で写真をお見せできないのがつらい。
豆大福と言えば、こちら京都でも有名な『出町ふたばの豆餅(豆大福)』などありますが
こちらは、通常のものの7倍、サイズが10倍という1kgというサイズで載ってました。
お店は、上野駅前の岡埜栄泉総本家というところだそうです。
価格が1500円。
各日限定5個。
今まで自分で知っているこういう手のものの最大が、
丹波の山形屋って所で買った「鬼まんじゅう」というので、
たしかあれも350gほどありました。
それよりも3倍、ああ・・・一度でいいから食ってみたい・・・
まあ、量産はできんでしょうな・・・
でも、量産してほしいな。

【1kgのどら焼き】

こちらもすごいな大きさです。
通常サイズの12倍で1kgのどら焼き。
どら焼きは、よく考えたら、今流行りの「パンケーキにあんこを挟んだもの」
で、いわば「和風パンケーキ」というべきもの。
逆かもしれません、「パンケーキは洋風どら焼きの生地」
そんなものが巨大サイズでびっちりあんこを挟んでどら焼きという
「もう、ナイフとフォークを持ち出して食いたい」サイズになってます。
これも限定10個で2500円。
しかも同じく、31日まで。
なんと、羨ましい・・・
京都でもやってほしい・・・
なんでこちらではないのか・・・

【2.5倍のマカロン】

マカロン自体、そんなにも食ったことはありませんが、
大丸京都の地下にマカロン専門店というものがありまして、見たことはあります。
多分、人生で食ったのも1回だけかもしれません。
「あのサイズで1つ200円以上ってな・・・」
なんて思いながら、いつもみてましたが、
その2.5倍サイズで売ってるなんて・・・
マカロンを作る人曰く「すぐに割れる」と言われますが、
それの大きいのなんてよく作った!と思った次第です。
これも2個入りで1680円。
各日5セットで、金土日は10セットの販売でした。

これは31日・・・ではなく、9月3日まで販売。
もし有志の方がいらしましたら、恵まれないみこどんに巨大マカロンの手を!!
・゜・(ノД`)・゜・

【リンゴ丸ごとリンゴパイ】

りんご丸ごとりんごパイというのは、実は別の産地のもので食ったことがあります。
確かそれは青森のもので、あの火の通りにくいりんごを丸々一つ、良くも焼き上げたと関心したものです。
今回のチラシにはそれを信州りんごで作ってるというではありませんか。
味の深めな紅茶を淹れてストレートで合わせて食いたいです・・・
多分、焼きたてじゃないので、表面さっくりとして中身はほどよく冷たいんだろうな・・・

生地がしっとりしているお菓子は、パイに限らず、ほかのお菓子でも国産紅茶、特に渋みの控えられているほんのり番茶っぽい紅茶とよく合います。
喧嘩をしないんですよね。そういうタイプの紅茶は。
国産紅茶は紅茶としてはどうかなと思うものも多いのですが、食べ物との相性が多いものが実に多いです。
物によっては茶農家さんが「なにか食べながら紅茶を作ってるんじゃないか?」と思うものもあります。

そういう意味でも、このりんごパイは実に食い合わせのいいお菓子で・・・

これもほしい!!
・゜・(ノД`)・゜・

【まとめ】

他にも、「ひよこのでっかいの」とか「和風ケーキのおっきいの」とかも紹介されてました。
たまにこういうのを見ると、欲しくなる衝動にかられます。

嫁にこのことを言うと「あんたは、食物ばっかりやね」と言われます。
基本的に、ほかの事の物欲がないんですよね。
(今欲しいのは、新しいPCと食物。車も新しい服もなんかグッズもいらない。必要ない)

そして、食物といえば、紅茶と思いつき、すぐに食い合せを考えるという状態になってます。
職業柄なのかなとか思うのですが、ただ、これは「食物で客を引き寄せる最高のツール」と考えると自然なんでしょうか。
これに「国産紅茶セット」とか乗るようなそんな時代が来ればいいなと、願っております。

ああ・・・・・
腹減った。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

日本の紅茶のメインは、べにふうきじゃないよ

日本のお茶業界で一番問題とされてるのは、 『茶葉が売れない』 ということです。 別に、この前ニュースになった放射性物質の話じゃないよ。 (前にも書いたけど、過剰反応するほど大したことじゃないし) 元々 …

no image

ざ・サイダー

去年10月末にネタにしました、 しぞーか(静岡)の『お茶コーラ』 まあ、『コーラとは思えないお茶の味』という感じで 紹介しましたが、 うちの故郷、石川県も人のことは言えないようです。 今回、出てました …

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

no image

※東京近郊の人向けです。

ツイッターで、日ごろフォローさせていただいている 『NoriJr あんどうたかしさん』が、 東京の杉並区で、紅茶大会という名の、 交流会を開かれるそうです。 リンク先→2011年5月開催のご …

アーカイブ