国産紅茶レビュー 富山県

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

投稿日:2017年3月25日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。
その茶葉を、紅茶にすることで、地元産の紅茶として作っています。
製茶は前までは鳥取県で行っていたそうですが、今は石川県加賀市の紅茶工場で行ってます。
「加賀の紅茶」や「能登の紅茶」と同じ工場です。

前試飲した時は2013年でした。
過去記事はこちら
2016年はどのくらい変わっているでしょうか。

【茶葉】

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-1
茶葉はザクザクしてます。
目に入るのは、茎と髭の多さです。
せめて、選別はしてほしかったなぁと思います。
加賀の紅茶くらいは。
(加賀の紅茶の選別は丁寧です)
味に影響があるので、次回からはもう少し手丁寧な選別を期待したいところです。
ただ、茎にはそれなりに甘さを引き出す効果もあるので、バランス良くというのをお願いしたいところです。

【水色・味・香り】

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2
3分淹れました。
水色は、薄いオレンジ色です。まだだったかという気配がします。
香りは、ほのかに穀物っぽい香りがする程度、ほぼしません。
味は、ほんのりあまちゃづるのような甘みがするんですが、ほぼ白湯です。
3分は薄すぎました。

味の系統は、滋納系かと思いますが、まだまだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、クリアな朱色になりました。
香りは、ワラみたいな香りになりました。
味は、やや酸味がある穀物っぽい味です。

滋納系ですね。

前書いた感想とあんまり変わってないような気配もあります。

【茶殻】

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-3
茶殻は、ザクザクしてた茶葉が開いても、大きく膨らむ事がありませんでした。
ここでも、茎が目立ちます。
荒茶っぽい感じはここでも拭えません。

できれば、次は仕上げをきれいめにお願いしたいところです。

-国産紅茶レビュー, 富山県

執筆者:

関連記事

no image

【栃木県】大金茶園;那須野紅茶

【納得いかない場合は販売しないという紅茶】 実際にお会いしたことはないので、伝聞要素が多いのですが、まずは、南山城紅茶の師匠筋に当たる紅茶です。そして、納得できなければ販売をしないという紅茶です。実際 …

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016-2

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 この農家さんも自然を謳っているお茶です。 紅茶という感じよりも、「緑茶を押し出すついいでに」紅茶を推しているという感じにもとれます。 …

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-2

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017

【 べにふうきMIMIZAKO2017 :この紅茶について】 べにふうきMIMIZAKO2017 は、シングルオリジンのときに購入しました。 基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回 …

【奈良県】奈良県産やまとみどり2016-2

【奈良県】奈良県産やまとみどり2016

【この紅茶について】 この紅茶は、十三のお茶屋さん「茶淹」さんにて購入した紅茶です。 奈良県産で品種は「やまとみどり」です。 ここのこだわりの主の置く紅茶ですので、中途半端なわけがありません。 (ハー …

アーカイブ