お茶 中国茶 中国茶の淹れ方 参考資料

烏龍茶 を淹れて、国産紅茶を知るための参考にしよう【参考資料】

投稿日:2013年8月27日

烏龍茶 を淹れてみる。国産紅茶以外も見てみないとわからない

よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、今回は 烏龍茶 を使って、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと思いました。

残念ながら、ブログでは味と香りが伝わらないので、せめて形状と色目(※環境依存)だけでもわかってもらえればなと、参考資料の記事を作ってみました。

今後も、できればやってみたいと思います。

【今回使用する 烏龍茶 】

烏龍茶 大寒烏龍の茶葉

今回のお茶は、台湾の『烏龍茶』で大寒烏龍というお茶です。
『大寒』の名前のとおり、冬につくるお茶です。
温暖な台湾では冬でもお茶が作られます。
(てか、アフリカでは1年中、紅茶をつくってるし)
茶葉が丸まっているのは、大きい茶葉を丸めて作る技術があるためです。
切断をしないので抽出ペースがゆっくりで、何回でも長くお茶が淹れられる事ができます。

【茶器】

中国茶のセット

うちでは、急須みたいな『茶壷』、ピッチャー替わりの『茶海』でお茶を淹れます。
そしてそれを細長い『聞香杯』で受けまして、茶杯に移して飲みます。
聞香杯は、茶杯にお茶を移したあとの残り香を楽しむ『聞香』をするための器です。
うちにはこれの他に茶杯と聞香杯が3つあり、4人前作ることができます。

ちなみに、茶壷は150cc入り、使う茶葉は6g使います。
どうやら、烏龍茶はこのくらいが基本な(らしい)ので。

【水色】

烏龍茶 大寒烏龍のお茶

最初に『抽出ペースがゆっくり』と書きましたが、烏龍茶は10煎ぐらい淹れられるそうです。
今回は参考のため3煎分の水色を写真に撮りました。
左から1・2・3でだんだん水色が濃くなっていきます。

香りは、1が一番高く出て、3は味が乗ってきます。
ここいらへんまで綺麗な薄緑の黄色ですが、5煎目を超えると黄色になります。
このあたりから香りも味も薄くなっていくのですが、合わせて抽出時間も長くなっていきますので、茶葉によっては変化が止まったような気がします。
それはもしかしたら、淹れる人の技量かもしれません。

ちなみに、今回は花のような香りがずっと漂ってます。
渋みはほとんどありません。
PC作業しながらちまちま飲むのに、本当に適しているなと思います。

【茶殻】

烏龍茶 大寒烏龍の茶殻

さっきの茶葉がお湯を吸いましてここまで戻りました。
いつもの紅茶と違い、茶葉一つ一つがそのまま残ってるのがわかると思います。
基本的に中国茶はこのような感じにつくります。

『茶葉が砕けると雑味がでる』という人がいる所以です。
国産紅茶のスタイルとして、こういうふうに戻るものもあってもいいのではないかと、思います。

大寒烏龍につきましてはこちらで購入できます。
烏龍茶 冬「大寒烏龍」 of ノマド・台湾ネットショップ/ 諾瑪迪の臺灣網路商店

-お茶, 中国茶, 中国茶の淹れ方, 参考資料

執筆者:


  1. あっか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    台湾茶も、「中国茶」に入れているのですか?
    台湾の烏龍茶のファンです。紅茶もストレートが好きですので、ファーストフラッシュが好きです。砂糖も使わないです。
    どうも、中国茶は苦手です。信頼ができない…のも一因です。

  2. 花音 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    大寒烏龍、私の好きな台北のお店のお茶です。
    阿里山の青心烏龍種の冬茶ですね。
    先日の、益井さんのお茶と言い、私の好きなお茶の話が出ると嬉しくなります。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    青茶のこと、烏龍茶とは別のものと
    勘違いしていました
    すごく詳しくてとても参考になります
    中国茶の記事も書いて下さって
    ありがとうございました

関連記事

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

no image

今年は保冷ポットを持って観光に行こう。

ちょっと前のブログなんですが、 藤沢市の『茶未来』さんのブログで 『水出し冷茶の給茶しちゃいます!』という記事を拝見。 『へ~、そんなこともするんだ』 と感心してたら、ふと、 『京都ではどうなんだろ』 …

no image

今年の2茶(シリーズ化はしません)

今年の『2番茶』は伊勢茶でした。アプリケーションの勉強中に今飲んでるお茶をアップしただけで、特に深い意味はありません。一部の方は御存知の通り、これは『夫婦岩の近所の物産館で詰め放題だった』伊勢茶です。 …

no image

深蒸し茶じゃなくても、いいんですけどね。

来る1/12に、NHKの『ためしてガッテン』にて、 掛川の深蒸し茶が紹介されてました。 番組は見損ねたんですが、内容を要約すると ・お茶には、豊富な栄養素が含まれてる ・深蒸し茶は、普通のお茶よりも効 …

ティーポット

僕が紅茶好きだと言ったら友達は笑い出しました。でも目の前で淹れ出したら・・・

紅茶を安定して淹れられるようになったきっかけ 昔話になるのですが、僕自身はお茶は物心ついた時から好きだったのですが、明確にお茶好きを公言したのは21歳の春先でした。 一番のきっかけは、19の時にティー …

アーカイブ