お茶 中国茶の淹れ方 半発酵茶 参考資料

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

投稿日:2013年8月27日

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】

よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、
基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて
見てもらおうかと思いました。
残念ながら、ブログでは味と香りが伝わらないので、せめて形状と色目(※環境依存)だけでもわかってもらえればなと、参考資料の記事を作ってみました。

今後も、できればやってみたいと思います。

【今回のお茶】

20130823大寒烏龍1

今回のお茶は、台湾の『青茶』で大寒烏龍というお茶です。
青茶とは、いわゆる烏龍茶のことで、商品としては烏龍茶と呼んでますが、同じ部類の『半発酵茶』を総じて『青茶』というジャンルで区分けされます。
ジャンルに関しましては、その都度説明していきます。
『大寒』の名前のとおり、冬につくるお茶です。
温暖な台湾では冬でもお茶が作られます。
(てか、アフリカでは1年中、紅茶をつくってるし)
茶葉が丸まっているのは、大きい茶葉を丸めて作る技術があるためです。
切断をしないので抽出ペースがゆっくりで、何回でも長くお茶が淹れられる事ができます。

【茶器】

20130823大寒烏龍2

うちでは、急須みたいな『茶壷』、ピッチャー替わりの『茶海』でお茶を淹れます。
そしてそれを細長い『聞香杯』で受けまして、茶杯に移して飲みます。
聞香杯は、茶杯にお茶を移したあとの残り香を楽しむ『聞香』をするための器です。
うちにはこれの他に茶杯と聞香杯が3つあり、4人前作ることができます。

ちなみに、茶壷は150cc入り、使う茶葉は6g使います。
どうやら、青茶はこのくらいが基本な(らしい)ので。

【水色】

20130823大寒烏龍3

最初に『抽出ペースがゆっくり』と書きましたが、青茶は10煎ぐらい淹れられるそうです。
今回は参考のため3煎分の水色を写真に撮りました。
左から1・2・3でだんだん水色が濃くなっていきます。
香りは、1が一番高く出て、3は味が乗ってきます。
ここいらへんまで綺麗な薄緑の黄色ですが、5煎目を超えると黄色になります。
このあたりから香りも味も薄くなっていくのですが、合わせて抽出時間も長くなっていきますので、茶葉によっては変化が止まったような気がします。
それはもしかしたら、淹れる人の技量かもしれません。

ちなみに、今回は花のような香りがずっと漂ってます。
渋みはほとんどありません。
PC作業しながらちまちま飲むのに、本当に適しているなと思います。

【茶殻】

20130823大寒烏龍4

さっきの茶葉がお湯を吸いましてここまで戻りました。
いつもの紅茶と違い、茶葉一つ一つがそのまま残ってるのがわかると思います。
基本的に中国茶はこのような感じにつくります。
『茶葉が砕けると雑味がでる』という人がいる所以です。
国産紅茶のスタイルとして、こういうふうに戻るものもあってもいいのではないかと、思います。

-お茶, 中国茶の淹れ方, 半発酵茶, 参考資料

執筆者:


  1. あっか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    台湾茶も、「中国茶」に入れているのですか?
    台湾の烏龍茶のファンです。紅茶もストレートが好きですので、ファーストフラッシュが好きです。砂糖も使わないです。
    どうも、中国茶は苦手です。信頼ができない…のも一因です。

  2. 花音 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    大寒烏龍、私の好きな台北のお店のお茶です。
    阿里山の青心烏龍種の冬茶ですね。
    先日の、益井さんのお茶と言い、私の好きなお茶の話が出ると嬉しくなります。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    青茶のこと、烏龍茶とは別のものと
    勘違いしていました
    すごく詳しくてとても参考になります
    中国茶の記事も書いて下さって
    ありがとうございました

関連記事

no image

ストレスを感じると苦味で解消できるのが大人だそうで

前に、『大人になると苦いものがうまく感じるようになる』という話を聞いたことがあります。原因としては、ストレスが味覚の感受性を落とし、学習で特に危険がないと認識された苦味に関してはそれが心地よさだと感じ …

no image

お茶のある風景

口に入れるものの優先順位 先日ネタにもしましたが、人間の口に入るものの行動のパターンは、食→飲です。 食のプロセスの中で、『煮だした汁が飲める』と解釈して、それを飲むという行動。 お茶でも、本来はそう …

no image

抹茶の違った選択肢

夫婦岩の回で、ちらっと触れた割にあんまし反応がなかったので、改めてアップします。 『抹茶黒糖』です。 黒糖を抹茶でコーティングしたもので、 触ると抹茶が手につきます。 ちなみに、黒糖の味が強いので、『 …

no image

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

□そもそも、陶器だったのが間違い 陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。少なくとも、100度のお湯と …

no image

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、 『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。 ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『 …

アーカイブ