お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその2

投稿日:2013年10月23日

その2です。

昨日は、『一番簡単な淹れ方』を書きました。
実は、10年以上前に4コマ漫画でもネタにされてたほど、メジャーな淹れ方でしたので、
「いまさら、これを紹介するのもな・・・・」
と思ってたくらいです。
(載ってたのは、丹沢恵さんの『ごめんあそばせ』だったと思う)

あと最後の『爆発する恐れ』に引っかかってる人が多いんですが、
電子レンジで、飲みのもを暖めると、突沸と言う現象が起こる可能性があります。
液体をゆっくり加熱すると起こる現象で、ガスでカレーとか味噌汁とか液体・半液体のものを
かき混ぜずに温めても同じ現象がおきます。
対応策は、こちら
にも、ありましたので、参考にしてください。

この突沸を防ぐため(というか電子レンジ内で起こして、やけどしないため)に、
『電子レンジを揺らしてからとってください』
という、記述になるわけです。
(電子レンジを揺らせば中のものもゆれるので)

それさえ、注意すれば、別に危なくもないので、無用にあきらめなくてもいいですよ。

さて、その2では、を使います。『僕の淹れ方=鍋』というのが、定着しているみたいです。
(事実ですが)
この際には、必ずタイマーを用意してください。
時間を計ることは、ちゃんと淹れることにもなりますが、なにより、
無用な水分蒸発をふぜぐのに役に立ちます。

まずは、いつもどおり
京都紅茶道部

水を汲みまして

京都紅茶道部

鍋に入れます。
ここはでは、いたっていつもどおりです。

次に
京都紅茶道部

ティーバッグを用意するんですが、その際

京都紅茶道部
はさみで、紐・紙の掴みは取ってください。
とらないと、鍋の中でぐずぐずに分解してしまいます。
(紙入りのお茶に・・・)

そして、
京都紅茶道部
沸騰したお湯に入れて、『僕は3分』(目安は、各々の袋をご覧ください)
ゆでてる最中は、”弱火”で”必ず”蓋”をしてください。
弱火で”過剰な蒸発”を、蓋で”水蒸気の揮発”を防ぎます。
(出来たらお湯が減っていたら、基本ショックです)

3分待ちましたら、
京都紅茶道部
ポットに移し変えて、

京都紅茶道部
出来上がりです。

よく
「お湯はどういう状態のほうがいいのか?」と聞かれますが、
『沸騰してから、30秒ぐらいぐつぐつ言わせた頃』がちょうど良いといってます。
早すぎると、チョットちくちくと、遅すぎるとダルッとした感じになります。
(好みもありますが、100度でちゃんとお茶を入れるときは、『30秒』はお店でも行われてます。)

ずいぶん前に、ダウンタウンの歌番組で、ウルフルズのトータス松本さんが、
『ティーバッグは、破って鍋で淹れたほうがおいしい』(チャイの作り方で)
とおっしゃってたんですが、別に破らなくてもいいですよ。

ティーバッグに使われるお茶は、『ダスト』や『ファインニングス』といわれる粉の様なお茶を使ってることが多く、普通の茶漉しじゃ取りきれない場合があります。
(三角バッグでは、CTCという加工したものを使ってますが)
ので、そのまま、ゆでてください。なんの問題もないです。

ではでは、明日は、その3に続きます。

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

no image

お茶とは、『理解すること』そして『体験すること』

なんて、書いたら、ある特定の人から 『宗教みたいやな』 って、言われそうです。 (そういう人は、相当、頭のいい人に限られますが) 日ごろから、お茶ばかり飲んでる僕ですが、 ふと、原点に振り返り、『理解 …

no image

伊豆からのお土産

ブログの連載前に公開かい! 基本、茶器は性能で買うように気をつけてますが、今の時代、工業化で品質が安定してきてからは、いちいち気にしてません。何を買ってもある程度の性能は保証されてますから。(同一産地 …

no image

『伊右衛門』と『伊右衛門』

多分、今回は誰でも知ってるはずです。 二つの伊右衛門。 でも、『煎茶と玄米茶』とか『コールドとホット』とか、チープな比較はしません。 『葉っぱ』と『ペットボトル』です。 ペットボトルの中身がどれだけ、 …

no image

猫のお試しはいかがですか?

とは言っても、生きた猫を『ほいっ』って渡すわけではありません。 ここの猫→JANATさん のことです。 (もし、他の会社でも猫が使ってるのがわかったら、J猫と呼びます) メールで、届いたのが、 『サン …

アーカイブ