国産紅茶レビュー 埼玉県

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

投稿日:2013年7月19日

【転換の始まり】

今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。
丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製造体験ができます。
今年はそれに参加してきたということでした。
連絡を聞いたとき、どのくらい変わるのか、大変楽しみ思いました。

【そそり立つ茶葉】

別にたってるわけじゃないですが、まずは茶の形から変化してました。
さっきの記事は粉の方だったのでなんとも比較し難いですが、他にも去年のサンプルにもらってたものがありまして、改めて比較してみましたところ、今年の方が紅茶らしい形になってます。
サンプルにつき詳しいことはかけませんが、今年の茶葉をご覧下さい。

三富紅茶サンプル1

一つ目は茶葉が細かめです。ですがこれは芽の方が集中的に入っていたのであって、製茶段階での崩れではないということです。

三富紅茶サンプル2

二つ目は明らかに大きめの茶葉が綺麗に撚ってあります。
今回のサンプルの前に今年のサンプル第1弾を見たとき、去年との違いに驚きました。
期待できる茶葉という感じです。

三富紅茶サンプル3

三つ目は烏龍茶です。
しかも発酵調整が綺麗になされていて、好きな人だったら、このままかじってしまいそうな感じの茶葉です。

【水色と香り】

お茶は、水色と香りが命です。
その次に有機やら無農薬やら云々とついてきます。
健康に良くても、美味しくなければ誰も飲みません、食べません。

三富紅茶サンプル4

一つ目は香りがほんのり甘くて丸い感じです。飲んだあとで香ばしさが追っかけてきて、まるで岩茶のような雰囲気でした。

三富紅茶サンプル6

二つ目はふんわり香って、飲むときりっと香ばしくなります。
鼻から抜ける香りが、浅焙煎のコーヒーのようで、追いかけるようにほんのりミルキーな香りがでてきます。
実はサンプル第1弾の時も飲んだのですが、この品種がおすすめです。

三富紅茶サンプル8

この烏龍茶は、少し香りが追いつかないなという感じですが、さっぱりとして、あとが何も残りません。
今回は3分で紅茶と同じ淹れ方をしましたが、烏龍茶として淹れればもっと香りをひきだせるんではないかと思ったりします。
個人的には、これを包種茶にしてほしいな・・・って思ったりします。
(丸めれないって)

【激変した茶殻】

三富紅茶サンプル5

一つ目は、先ほどの『小さかったな』という茶葉とうって変わってきっちりと戻ってます。

三富紅茶サンプル7

二つ目からは驚きの茶葉です。
これで全部ではなく、一部です。
戻った時に多すぎて全部乗りませんでした。
テイスティングカップいっぱいに茶葉が広がって、『増えるわかめちゃん』状態です。
こういう茶葉はなかなかないので、驚きです。

三富紅茶サンプル9

三つ目は烏龍茶です。(さっきも書きました)
これも乗り切れません。
復元力の凄さに驚きます。
所々青いのは、そう言う発酵過程だったという結果です。
作業の丁寧さを感じる茶葉でした。

【総じて】

今回は、ちょうど比較できるものがありましたので、比較するという記事になりました。
これでも多分、覚えてきたことの少ししか反映してないと思います。
ですが、この紅茶はもうすでに去年のものとは別物と考えることができます。
こんな感じで、紅茶が良くなれば、僕ら飲み手としても大変楽しみでもあります。

ただ、こういう飲み手の道楽が、作り手のプレッシャーになるんだな・・・
なんて、気が引けたりするわけでもありますが。
引き続き、より良い紅茶を作ってくれることを切に願うばかりです。

-国産紅茶レビュー, 埼玉県

執筆者:

関連記事

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅2016(2番茶)2

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅2016(2番茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 熊本水俣市の農家さんの紅茶です。 こちらの紅茶は、有名な紅茶専門店でも使われる農家さんです。 過去記事も合わせて御覧ください。 「 …

no image

【熊本】長田製茶:おいしっちゃー阿蘇紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、熊本の紅茶をまとめてもらったものの一つです。熊本は、静岡・鹿児島についで多い『第三極』と言えるグループに分類できます。(第三極は、まあ多いですが)古くは日本の紅茶の製 …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

【茨城】長野園:のびのび和紅茶

【茶葉】 最初の印象は『南山城紅茶を綺麗に選別したらこんな感じかな』って思いました。撚りもきっちりあって、ちゃんと紅茶の形になってます。こうまじまじと見てみないと、形状ってなかなかわかりませんね。 【 …

アーカイブ