お茶 中国茶の淹れ方 半発酵茶

何回も試しているが、イマイチうまくいかない。(アイス烏龍茶)

投稿日:2011年9月14日

『金沢で飲んだアイスの凍頂烏龍茶』

うちでも、可能なかぎり再現しようとしてますが、いまいちうまくいかない。


①濃い目に入れて薄める

②ダブルドリップ(2回に分けて香りと味を別々に取り出す)してから冷却する。

③ダブルクーリングをする。

④お湯を少なめにトリプルドリップをしてから冷やす。

などなど・・・


どれもしっくりこない。

『茶葉が悪いんだ』といって終われば楽だんだけど、

それもなんかな・・・


まだまだ、挑戦の日々が続きます。

(気温が暑い限り。涼しくなったらやめます)





ちなみに、使ってる茶葉は

『茶語(チャユー)の凍頂烏龍茶』です。

(CALDIにて、900円ぐらいで販売)

-お茶, 中国茶の淹れ方, 半発酵茶

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >はづきさん
    水出しは、茶葉を通常の3倍以上使うのと、冷水で淹れると、ターゲットとしてる香りや渋みが出ないという難点があります。
    でも、お茶屋さんは水出しを勧めるんですよね。
    (専用加工してないのまで)
    水出ししてくれれば、お手軽という他に、一回の消費量が増えるので、商売としてはいいんですが、お茶のクオリティーを求める消費者としては、どうも・・・ってかんじです。
    僕は、基本的に水出しはしませんが、専用加工していれば、ちょっと考えます。
    まあ、うちにあるお茶では、絶対にしませんけどねw

  2. はづき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    水だしで(笑)
    冷蔵庫で一晩ゆっくりと(´ω`)
    …師匠ですもん試していますよね(;^_^A
    それにしても、残暑はいつまで続くのでしょうね(;^_^A
    「残暑ざんしょ」
    …重ねてもーしわけありませーーん三 ┏(lll´Д`)┛←ならやるなよ(笑)

関連記事

no image

びっくりするほど少ないのが『日本茶関係のブログ』

先日の記事でも書いてありましたが、 現在、アメブロ内のお茶ブログを収集中です。 収集しているのは ・日本茶(煎茶・ほうじ茶などなど) ・紅茶 ・中国茶です。 残念ながら、ハーブ・健康茶・抹茶は 対象外 …

no image

紅茶買って来ました。

(いつも、このぐらい行動が早けりゃ良いのにな・・・) 一軒目は、京都大丸のレピシエ(ルピシア)基本的に、紅茶を手鍋で煮出して、牛乳入れて飲むので、強めの紅茶。値段も、あんまし高くない奴。 二軒目は、京 …

no image

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

事の発端は、数日前の嫁様 『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』   _, ._ ( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』 (後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル …

no image

ストレスを感じると苦味で解消できるのが大人だそうで

前に、『大人になると苦いものがうまく感じるようになる』という話を聞いたことがあります。原因としては、ストレスが味覚の感受性を落とし、学習で特に危険がないと認識された苦味に関してはそれが心地よさだと感じ …

no image

なんとか、ポイントが掴めてきた。

茶葉を変えて、チャレンジしてます。 例の『凍頂烏龍茶のおいしい冷茶』の再現です。 とりあえず、安い烏龍茶で実験してみて落ち着いたのが、 お茶を急須で淹れて、ポットに氷を入れる①と、 入り口に網と細かい …

アーカイブ