お茶 中国茶の淹れ方 半発酵茶

何回も試しているが、イマイチうまくいかない。(アイス烏龍茶)

投稿日:2011年9月14日

『金沢で飲んだアイスの凍頂烏龍茶』

うちでも、可能なかぎり再現しようとしてますが、いまいちうまくいかない。


①濃い目に入れて薄める

②ダブルドリップ(2回に分けて香りと味を別々に取り出す)してから冷却する。

③ダブルクーリングをする。

④お湯を少なめにトリプルドリップをしてから冷やす。

などなど・・・


どれもしっくりこない。

『茶葉が悪いんだ』といって終われば楽だんだけど、

それもなんかな・・・


まだまだ、挑戦の日々が続きます。

(気温が暑い限り。涼しくなったらやめます)





ちなみに、使ってる茶葉は

『茶語(チャユー)の凍頂烏龍茶』です。

(CALDIにて、900円ぐらいで販売)

-お茶, 中国茶の淹れ方, 半発酵茶

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >はづきさん
    水出しは、茶葉を通常の3倍以上使うのと、冷水で淹れると、ターゲットとしてる香りや渋みが出ないという難点があります。
    でも、お茶屋さんは水出しを勧めるんですよね。
    (専用加工してないのまで)
    水出ししてくれれば、お手軽という他に、一回の消費量が増えるので、商売としてはいいんですが、お茶のクオリティーを求める消費者としては、どうも・・・ってかんじです。
    僕は、基本的に水出しはしませんが、専用加工していれば、ちょっと考えます。
    まあ、うちにあるお茶では、絶対にしませんけどねw

  2. はづき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    水だしで(笑)
    冷蔵庫で一晩ゆっくりと(´ω`)
    …師匠ですもん試していますよね(;^_^A
    それにしても、残暑はいつまで続くのでしょうね(;^_^A
    「残暑ざんしょ」
    …重ねてもーしわけありませーーん三 ┏(lll´Д`)┛←ならやるなよ(笑)

関連記事

no image

【速報?】ダージリン100%じゃないとダージリンを名乗れなくなるらしい。

紅茶業界のネタ収集職人の糀谷やなさんのブログにて、 『ダージリン100%の紅茶じゃないと 「ダージリン」を名乗れなくなるそうです。』 らしいです。 EU限定ですが、すごいニュースです。 ちなみに、ダー …

no image

帰ってきた『国産紅茶でアイスティーを淹れよう』

【夏に向くアイスティー】 去年の7月こういう記事を書きました。 国産紅茶でアイスティーを淹れよう 夏向けに、普段美味しくないと思われる緑茶品種の国産紅茶はアイスティーにしてしまおう。って内容でした。 …

no image

珍しく、器を褒めてみる。

と言っても、『銘のある茶器』とかじゃないです。 そんなものを褒めても、全くの無意味なので。 僕が注目してるのは、常に機能と性能。 どんな名器でも、用を足さなければ、ただのガラクタです。 で、通常は写真 …

no image

深蒸し茶じゃなくても、いいんですけどね。

来る1/12に、NHKの『ためしてガッテン』にて、 掛川の深蒸し茶が紹介されてました。 番組は見損ねたんですが、内容を要約すると ・お茶には、豊富な栄養素が含まれてる ・深蒸し茶は、普通のお茶よりも効 …

国産紅茶の一つの目標

日本の紅茶の多くは・・・ 新茶の摘み取りの季節がやや過ぎ去ろうとしてます。 来月も半ばになると、多くの場所で紅茶の生産が始まります。 国産紅茶は、緑茶で一番茶を摘んだ後に伸びてきた茶葉で生産されること …

アーカイブ