べにふうき 花粉症

鼻炎でお困りの方の記事

投稿日:2011年9月30日

『タイトル名』まさに、僕のことなんですけどね・・・(^^;
で、べにふうきの記事を書いたついでに、アレルギー性鼻炎の対策になるべにふうきの飲み方を『また』記事にします。
前も書いてるので、『検索して見てね~』でも、『前の写真使い回して記事作るよ~』でもいいんですが、まあ、鍋とポットが新しく?なったので、新たに写真取り直しました。

で、花粉症としての対策は12月から始めてください。飲む習慣を付けて、体に浸透し効果を発揮するまで1ヶ月ぐらいかかります。(農研機構・野菜茶業研究所の研究結果でもわかります)
ということで、今わかってる中で一番確実に効く淹れ方をご紹介。

まず、

500mlの水を温めます。

その後に

3gのべにふうきを用意します。(緑茶です)

ちなみに、『500ml+3g』という組み合わせは、野菜茶業研究所の実験の組み合わせです。

水が沸騰しましたら

5分以上30分未満で煮出します。

火の強さは弱火でいいです。

ポコポコ沸騰し続けることが大事です。

火が強すぎると、沸騰しすぎて水分がなくなってしまいます。

 

その間に、

ポットにオリゴ糖生姜を用意。

べにふうき緑茶に生姜を入れると実験では効果が20%増しになるそうです。

あと、同じく花粉症に効果があるとされるビフィズス菌を増やすためにオリゴ糖を使います。

なければ、味付けが目的なので、砂糖や蜂蜜でもOKです。

(量に注意してくださいね)

 

時間が経ちましたら、

お湯を注ぎまして、

よく振ったら出来上がりです。

多分、今年も生姜ブームは続くと思います。

冷え性対策にもなりますので、この『生姜べにふうき』をお勧めします。

ちなみに、茶葉を使いましたが、茶葉の代わりに粉末を使うともっと効果が出ます。

(捨てるとこなく、まるごと使うわけですから)

-べにふうき, 花粉症

執筆者:

関連記事

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

これが、べにふうきのベストな金額です。

いつもブロクを拝見させていただいております、森内茶農園さんのブログで、べにふうき緑茶の売り出しが始まったと記事が出てました。 べにふうき釜いり茶 袋詰めしました 釜炒りで、香ばしい仕上がりなんですが、 …

no image

今回ばかりは、お茶を嗜好品と捉えずに、健康食品か薬と考えるほうが妥当になる。

昨日『花粉症に効く、お茶』として、”べにふうき”と紹介しました。 その成分の”『メチル化カテキン』が効く”と書き、詳しい説明は、次回に投げました。 そう、今がその次回です。 そもそも、お茶は、カテキン …

no image

ちゃんと、伝わったかな・・・

予告どおり、嫁のお母さん(お義母さん)に、 べにふうきの『花粉症に効く淹れ方』をレクチャーしてきました。 もちろん、手ぶらで行ったわけじゃなくて、 ”べにふうき”・”生姜”・”オリゴ糖”と、3点セット …

no image

正直言って、見落としていた。

大体、ジャスコには『薬局ブース』ってのがあったんですね。 知っていながら、気がついてなかった。 結局、嫁に言われて、見てみました。 ないと思ってたんですけどね・・・ 侮ることなかれ。 粉末と『茶葉と水 …

アーカイブ