べにふうき 花粉症

鼻炎でお困りの方の記事

投稿日:2011年9月30日

『タイトル名』まさに、僕のことなんですけどね・・・(^^;
で、べにふうきの記事を書いたついでに、アレルギー性鼻炎の対策になるべにふうきの飲み方を『また』記事にします。
前も書いてるので、『検索して見てね~』でも、『前の写真使い回して記事作るよ~』でもいいんですが、まあ、鍋とポットが新しく?なったので、新たに写真取り直しました。

で、花粉症としての対策は12月から始めてください。飲む習慣を付けて、体に浸透し効果を発揮するまで1ヶ月ぐらいかかります。(農研機構・野菜茶業研究所の研究結果でもわかります)
ということで、今わかってる中で一番確実に効く淹れ方をご紹介。

まず、

500mlの水を温めます。

その後に

3gのべにふうきを用意します。(緑茶です)

ちなみに、『500ml+3g』という組み合わせは、野菜茶業研究所の実験の組み合わせです。

水が沸騰しましたら

5分以上30分未満で煮出します。

火の強さは弱火でいいです。

ポコポコ沸騰し続けることが大事です。

火が強すぎると、沸騰しすぎて水分がなくなってしまいます。

 

その間に、

ポットにオリゴ糖生姜を用意。

べにふうき緑茶に生姜を入れると実験では効果が20%増しになるそうです。

あと、同じく花粉症に効果があるとされるビフィズス菌を増やすためにオリゴ糖を使います。

なければ、味付けが目的なので、砂糖や蜂蜜でもOKです。

(量に注意してくださいね)

 

時間が経ちましたら、

お湯を注ぎまして、

よく振ったら出来上がりです。

多分、今年も生姜ブームは続くと思います。

冷え性対策にもなりますので、この『生姜べにふうき』をお勧めします。

ちなみに、茶葉を使いましたが、茶葉の代わりに粉末を使うともっと効果が出ます。

(捨てるとこなく、まるごと使うわけですから)

-べにふうき, 花粉症

執筆者:

関連記事

no image

最初のほうは渋くないが、徐々に渋みが出てきて、良い感じに。

というのは、先日購入した 茶・水分離のべにふうきです。 嫁様が、『さっきの飲ませろ!』というので、開けました。 開ける前で キャップをひねると、茶葉が落ちてきます。 シェイクして混ぜると、緑に。 (ど …

no image

東京では飛んだみたいですね。

関西では、週末ぐらいから飛ぶそうです。 何の話でしょうか。 答えは、誰かがコメントで書いてくださるでしょうね。 で、それが飛ぶことによって発生する経済損失を算出した人がいます。 第一生命経済研究所の計 …

no image

べにふうきの現状

と、いままで、散々べにふうきのことを書いて参りましたが、 ※べにふうき擬人化イメージ絵 『じゃ、日本国内で、どういう状況やねん』 という、話になると思います。 日本国内、茶園は3万1300ha、生産量 …

no image

『花粉が去年の5~10倍の飛散量』だとわかってながら、真っ向から受けてたつ俺って何?

『2011年の花粉飛散量、10年の5~10倍!』 (@関西) というニュースをごらんになられたことはあると思います。 「え??去年の5倍~10倍??」 ただ、2010年は非常に少なく平年以下で、 実際 …

no image

これが、べにふうきのベストな金額です。

いつもブロクを拝見させていただいております、森内茶農園さんのブログで、べにふうき緑茶の売り出しが始まったと記事が出てました。 べにふうき釜いり茶 袋詰めしました 釜炒りで、香ばしい仕上がりなんですが、 …

アーカイブ