国産紅茶レビュー 茨城県

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶藤かおり2018

投稿日:

【 さしま紅茶藤かおり2018 この紅茶について】

この さしま紅茶藤かおり2018 は吉田山大茶会で購入しました。
木村製茶工場さんは、ここの所毎年吉田山に参加されているので、毎年購入機会のあるありがたい農家さんです。
メインは緑茶で、品種別のお茶を作っています。
木村製茶工場という名前だけではなくて、いずみや茶舗が取り扱っていろんなイベントで販売もされています。

紅茶も関わる日本のお茶のイベントに参加すると目にする機会もおおいでしょう。

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017

【茨城県】いずみや茶舗: さしま紅茶おくみどり2016SF

【茨城】木村製茶工場:さしま紅茶

【茶葉】

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶藤かおり2018-1
茶葉一つ一つが大きく、見た目では裁断をしていない茶葉に見えます。
色は全体的にしっかり黒く、発酵が深い紅茶に見えます。

淹れる前から香りが立ち、紅茶としての出来栄えを期待させる茶葉です。

【水色・味・香り】

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶藤かおり2018-2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、少しだけメンソールっぽい風味がしますが、バニラとごぼうの皮のような香りがします。
味は、ほんのりコクを感じますが、ほぼ白湯です。

味の系統は、まだ判断しにくいです。この段階では清廉系と滋納系の間ぐらいです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、濃いバニラの香りになりました。華やかに香るというよりも、ドシンと重さを感じます。
味は、渋みと香ばしさを感じます。

この状態で飲みますと、味の系統は清廉系です。
一定の渋みと存在感のある香りをぐっと表に出してきています。

脂っこい中華料理などを食べたあとに、口をリセットするのに飲みたい紅茶です。

【茶殻】

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶藤かおり2018-3
茶殻は、茶葉の印象からずいぶん違います。
裁断された形跡がはっきりとわかりますが、茶殻が開いた葉の形になってます。
国産紅茶に見られる細いものではなく、葉の自己主張がしっかりされている茶殻です。

香りは枯れ葉のような香りがしましたので、もう出ないかと思います。
一煎できっちりでる紅茶のようです。

清廉系の紅茶は、なかなか日本の国産紅茶では目にする機会が少ない紅茶です。
多くは滋納系で、ブレンドして望蘭系にする方が多くいらっしゃいます。

その中でスッキリした紅茶を探したい場合、このような風味を基準に探すのがいいでしょう。

気になられた方はぜひ、木村製茶工場さんのサイトでお買い求め下さい。

木村製茶工場

-国産紅茶レビュー, 茨城県

執筆者:

関連記事

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-2

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016

【この紅茶について】 静岡県の農家さんの紅茶です。 品種は紅茶品種のべにふうきで、静岡県の「ふじのくに山のお茶100選」認定紅茶です。 静岡県はお茶生産日本一ですが、今や紅茶も日本で一二を争う生産量と …

no image

【大分】山片茶園:在来春(2013)

【この紅茶について】 この紅茶は、おなじみ『山片茶園』の春に作った在来の紅茶です。ただ、発酵が弱かったらしく、半発酵気味だということです。どこまで半発酵気味7日、楽しみです。 【茶葉】 茶葉は中国緑茶 …

【熊本県】天の製茶園: 天の紅茶2018-2

【熊本県】天の製茶園: 天の紅茶2018

【 天の紅茶2018 この紅茶について】 天の紅茶は、熊本県を代表する国産紅茶です。 このブログでも幾度も紹介させていただいた上に、試飲パックでの提供もさせてもらってますので、非常にお馴染みですね。 …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

アーカイブ