国産紅茶レビュー 茨城県

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017

投稿日:2017年11月26日

【 さしま紅茶青心紅茶2017 :この紅茶について】

さしま紅茶青心紅茶2017 は、茨城県の木村製茶工場で作られた紅茶です。
茶葉の品種は、『青心大宇』という烏龍茶に使われる品種です。
台湾烏龍茶を飲まれている方にはおなじみの品種かもしれません。
香りに特徴があり、口当たり柔らかな華やかなお茶になります。
コレを日本で作っている人も多く居ますが、日本の寒い環境に合いにくく、生育に失敗する人が多い品種でもあります。
今回はこちらを紅茶にした物を紹介したいと思います。

【茶葉】

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017 -1
茶葉は大ぶりで細く撚られています。
一つ一つが絡まるサイズで曲がっているわけではなく、比較的計量しやすかったです。
封を切った時にすでにほんのりと甘い香りが立上がってました。
香りを意識して紅茶を作ったのかなというイメージがします。

【水色・味・香り】

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、若草のような香りです。少しだけクリームみたいな香りと燻煙の香りがします。
味は、ほんのり酸味っぽいのがありますがほぼ白湯です。

味の系統は、この段階では清廉系ですが、まだ変わるかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、青草や若草のような香りのままです。
味は、軽く渋みがします。ほんのり桜の葉のような風味もします。

味の系統は清廉系のままです。
長めに漬けていても、香りがメインの風味は変わりませんでした。

【茶殻】

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017 -3
茶殻は、茎が多く見られます。
茶葉の時はあんまし意識してませんでした。
たまたま多く入ったのは実はその比率で入るのかはわかりません。
開いた茶殻は、加工中や摘採中に切れたと思われる物がありますが、基本的には茶葉の形そのままです。
裁断機で揃えた形跡はほぼありません。
基本的にはそのままの形で製茶し、そのままの形でお茶として飲める状態にしているんだなとそのように感じました。

-国産紅茶レビュー, 茨城県

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】水俣市茶生産協議会:みなまた茶 紅茶 自然栽培

【茶葉】 全体的に紅茶っぽく、きれいな撚りと鮮やかな黒が良いです。茎が若干残ってますが、この程度なら他の所でも同じなので問題ないと思います。ただ、香りが立たないのが気になります。 【水色】 水色は明る …

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017

【 みらいふぁすとふらっしゅ2017 :この紅茶について】 みらいふぁすとふらっしゅ2017 は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、 …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 前にもこの農家さんの紅茶は紹介していますが、これはそのべにふうきです。 太田重喜製茶工場さんのべにふうきは、今まで飲んだ事がないか …

no image

【三重】川戸紅茶:パール紅茶(赤)

【この紅茶について】 前回のパール紅茶(緑)の時も書きましたが、これは昔日本の頂点を名実ともに極めた紅茶です。「自称日本一」ではなく、品評会制度が紅茶にもあったときに、何度も日本一に輝いています。それ …

アーカイブ