京紅活動 国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】や~まんと茶園: 大和在来種蜜香紅茶2018

投稿日:

【 大和在来種蜜香紅茶2018 この紅茶について】

この紅茶は、吉田山大茶会2018年の時に購入した紅茶です。
『蜜香』とついていることからウンカに噛まれた紅茶と推測できますが、実際にはどのようなものでしょうか。

このや~まんと茶園さんの紅茶は2017年も購入しています。
合わせてご覧いただければと思います。

【奈良県】や~まんと茶園: 紅の茶2017

【奈良】や~まんと茶園: 大和紅茶2017

【茶葉】

【奈良県】や~まんと茶園: 大和在来種蜜香紅茶2018 -1
茶葉は大ぶりで、一つ一つ丁寧に撚られています。
裁断されていなく、一つ一つが茶葉の形のまま撚り上げられた状態です。
釜炒り茶のような雰囲気もします。
茶葉の形状が残っているのが好きな方に好まれる茶葉ではないでしょうか。

【水色・味・香り】

【奈良県】や~まんと茶園:大和在来種蜜香紅茶2018-2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、スイートポテトか薄い黒糖のような香りがします。
味は、ほぼ白湯です。

味の系統は、3分ではわかりません。
まだまだじっくりと淹れてみないと正体がわかりにくいです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色です。
香りは、甘酒とスイートポテトを混ぜたような風味がします。
味は、軽い渋みと清涼感を感じます。

味の系統は、清廉系になります。
さっぱりとすっきり香りを楽しみたい方は、5分以上じっくりと待つことをおすすめします。
味が出る感覚を楽しみたい方は、10分以上をおすすめです。

やや抽出まで時間がかかるので、お茶の時間をゆっくり楽しみたい方に向いています。

【茶殻】

【奈良県】や~まんと茶園:大和在来種蜜香紅茶2018-3
茶葉のときの感じたとおりの茶殻になりました。
一つ一つが生の茶葉の形状を戻し、見た目は色の変わった茶葉がそのまま残っている感じです。

残り香はスイートポテトのような香りがそのままで、もう一度淹れられるのではないかという雰囲気を感じます。
もう一度淹れてみたいと思います。

-京紅活動, 国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

no image

【静岡】牛小舎農園:とぷとぷ紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット関係でWEB上でご紹介受けました『かなざわゆう』さんの『お茶うけ屋』さんにて購入しました。ここでは他にも数軒買わせていただいた上に、ご紹介も頂きまして、 …

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018 -2

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018

【 狭山かおり紅茶茜2018 この紅茶について】 狭山かおり紅茶茜2018 は、埼玉県で作られた国産紅茶です。 埼玉県といえば、この紅茶でも使われている品種『さやまかおり』でも有名な産地です。 関東の …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

【奈良県】さざんかの会:さざんか紅茶2016-2

【奈良県】さざんかの会:さざんか紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入しました。 奈良の地元の婦人会で作られていたと聞いた紅茶です。 制作された時期は長く、2012年時点ではすでに販売されてました。 前にも試飲レビ …

アーカイブ