国産紅茶レビュー 熊本県

告茶香駿夏摘み2019 :いずみや茶舗(販売)【熊本県】

投稿日:

【 告茶香駿夏摘み2019 この 和紅茶 について】

今日の 和紅茶 は、熊本県のいずみや茶舗さんの 告茶香駿夏摘み2019 をご紹介します。

告茶香駿夏摘み2019:いずみや茶舗(販売)【熊本県】-パッケージ

いずみや茶舗さんは、農家さんではなく、販売をしているお店です。
ですが、その目利きには定評があり、一部の農家さんでは、自分や他社に卸す以外で、いずみや茶舗さんに向けて独自のお茶を作って提供されるほどです。

今回の紅茶は、熊本県のお茶のカジハラさんから、いずみや茶舗さん用に作られた特別な紅茶とのことです。

合わせてお茶以外の商品も、自主開発含めて充実しているので、楽しいティーライフの充実に役立ってます。

そのため、お店としての評価も高く、全国に多くのファンを獲得しています。

この 国産紅茶 が、どの様な紅茶になったか確認してみましょう。

【茶葉】

告茶香駿夏摘み2019 :いずみや茶舗(販売)【熊本県】-茶葉

茶葉は大ぶりできっちりと撚られています。
色目も濃く、しっかりとした黒です。

茶葉が重く、カサが多くありません。

どっしりした茶葉に、とても安定感を感じます。

【水色・味・香り】

告茶香駿夏摘み2019 :いずみや茶舗(販売)【熊本県】-茶液

3分淹れました。
水色は、橙色になりました。
香りは、香ばしい香りで、ローストしたてのコーヒー豆や甘くないココアのような香りがします。
味は、軽くコクと香ばしさを感じて、ライトで飲みやすいです。

味の系統は、望蘭系っぽ感じを受けますが、ライトなので次に判断します。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、アーモンドのような香りとほんのり甘さを感じます。
味は、渋みと酸味がぐっと表に出てきました。

味の系統は、望蘭系と清廉系の間です。重厚感は望蘭系ですが、渋みと収斂さは清廉系です。

【茶殻】

告茶香駿夏摘み2019 :いずみや茶舗(販売)【熊本県】-茶殻

茶殻はきっちり開いて、通常の茶葉の形を戻してます。
裁断されたという感じは受けず、一つ一つが、茶葉の形状をしてます。

全体的に表面の小さい茶葉を中心に刈ったんだなぁというのがよくわかります。
見た目がキレイな茶殻なんで、ガラスの茶器で淹れたいなという印象を受けました。

【 告茶香駿夏摘み2019 この 和紅茶 での飲み方の提案】

この 和紅茶 は、 香ばしさとほんのりとした甘さから、時間が経つと重厚さがぐっと表に出てきます。

最初から濃い紅茶を砂糖ミルク無しで飲みたい場合は、10分ぐらい淹れてください。
かなり濃い目の紅茶が出来ます。

ただ、この紅茶は時間の経過で出てくる味や香りが変わるようなので、例えば5gの茶葉で150~200ccぐらいの急須などで1分づつ淹れては飲んでを繰り返すと、非常に面白いお茶を楽しめそうです。

いずみや茶舗さんの 国産紅茶 をお求めになりたいと思いましたら、ぜひ下記サイトを御覧ください。

デコ茶缶・ビンと日本茶の専門店「いずみや茶舗」

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶ふきみ2017-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園): 京都和束紅茶ふきみ2017

【 京都和束紅茶ふきみ2017 :この紅茶について】 京都和束紅茶ふきみ2017 は神戸ティーフェスティバルで購入しました。 この試飲記事でもおなじみの和束紅茶さんの紅茶です。 品種など詳しいことをお …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園): 和束紅茶みき2016

【 和束紅茶みき2016 この紅茶について】 今回は、京都府の和束紅茶さんの 和束紅茶みき2016 をご紹介します。 この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多 …

きつき紅茶べにふうき2012 20130414-2

きつき紅茶べにふうき2012 :杵築紅茶【大分県】

【 きつき紅茶べにふうき2012 この和紅茶について】 今回の和紅茶は、大分県の杵築紅茶さんの きつき紅茶べにふうき2012 をご紹介します。 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふう …

静岡牧之原山本園:べにふうき春摘み和紅茶七番R2016-2

【静岡県】牧之原山本園: べにふうき春摘み和紅茶七番R2016

【 べにふうき春摘み和紅茶七番R2016 この紅茶について】 今回は、静岡県の牧之原山本園さんの べにふうき春摘み和紅茶七番R2016 をご紹介します。 静岡県の牧之原市産の紅茶です。 静岡県が定める …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

アーカイブ