国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】甲斐製茶園:やっぱり手作り高千穂産紅茶2016

投稿日:2017年3月29日

【この紅茶について】

【茶葉】

【宮崎県】甲斐製茶園:やっぱり手作り高千穂産紅茶2016-1
茶葉は、裁断されていないフルリーフです。
枝も葉もどうなってるのかわからないくらいのサイズ感です。
刈って、そのまま製茶した荒茶感がものすごいです。

【水色・味・香り】

【宮崎県】甲斐製茶園:やっぱり手作り高千穂産紅茶2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙色です。
香りは、軽く枯れた葉のような香りです。という感じでかきましたが、台湾の烏龍茶に近い香りがします。大寒の烏龍あたりになります。
味は、ほんのり香ばしさがしますが、ほぼ白湯です。

味の系統は、まだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、軽めの朱色になりました。
香りは、蜜のような甘い香りがします。
味は、軽く渋めでふんわり甘い香りがします。

味の系統は、清廉系です。

日本の紅茶とかインド・スリランカの紅茶というよりか、台湾や大陸の紅茶っぽいです。
このまま煎を重ねられそうです。

【茶殻】

【宮崎県】甲斐製茶園:やっぱり手作り高千穂産紅茶2016-3
茶殻は、葉っぱそのものです。
茶葉が裁断無しで、そのままの形状を製茶した形であったように、茶殻もそれをそのまんま広げた茶殻です。
こういうのは日本の紅茶じゃなかなか見ることはないです。
やはり、台湾とか中国紅茶が違いです。
実は残り香もまだ甘さが残っており、茶壺で飲むのが一番あってるのかなという気もしました。
ただ、1煎目や2煎目は、あまり期待できませんが、3煎目から味がぐっと顔を出してくるそんな飲み方になると思います。

ですが、茶壺で飲んだら、煎を重ねるごとに、香り→味という流れになるのかなと勝手ながら思います。

こういう楽しみを考えられる紅茶は好きですね。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

no image

【宮崎】宮崎茶房:みなみさやか

【この紅茶について】 毎年、吉田山大茶会に出品していただいてもらってます宮崎茶房さんの別の品種の紅茶です。みなみさやかだったかな・・・東京の有名紅茶専門店さんで、レギュラーメニューとして入れられていた …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

no image

【熊本】家入近嘉:阿蘇高原紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『熊本の紅茶をもらったものを更にもらった』紅茶の中の一つです。もちろん、売られているのは熊本近辺だけで、多分、この紅茶に関しては、検索してもヒットしないと思います。そ …

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017-2

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017

【 京のべに茶2017 :この紅茶について】 京のべに茶2017 は、京都市右京区旧京北町地区で作られている紅茶です。 基本的に、イベントに出られることを見たことない紅茶です。 同じ右京区に時々車が来 …

アーカイブ