国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017

投稿日:2017年11月23日

【 太田園さんちの紅茶2017 :この紅茶について】

太田園さんちの紅茶2017 は、吉田山大茶会に毎年出られているカネタ太田園さんの紅茶です。
最近で言えば、緑茶で農水大臣賞を取られてますます名声を轟かせております。
その時に、一時的に紅茶を作られなかったのですが、今年はありました。
品種はべにふうきです。
毎年、淹れやすい形状と安定した香味の紅茶と認識しています。
今年のはどのようになっているでしょうか。
 

【茶葉】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -1
茶葉は綺麗に撚られています。
一つ一つはさほど大きくありませんが、細かく裁断されているわけでもなく、見た目が非常に自然です。
口を開けた時から立ち上る香りは、非常にコシが強く作り込みの良さを感じます。
ぱっと見た目、国産紅茶の印象はほぼありません。
フルリーフ派の方には今年はおすすめです。

【水色・味・香り】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、ビスケットの香りと桃とかライチとかのようなフルーティーな香りが見え隠れします。
味は、渋みとコクがしっかり出ています。

味の系統は、望蘭系の紅茶です。
3分でもきっちりと紅茶になってます。
形状の割に、出るのが早いようです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、濃い赤橙色になりました。
香りは、綿菓子とかスイートポテトのような、ほっくりした甘い香りになりました。
味は、渋さとコクがガツンと全面に主張してきました。

この紅茶は、別の年のものでも、砂糖やミルクに耐えられる濃い紅茶として提供してきました。
その濃さは、今年も健在でした。

【茶殻】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -3
茶殻は、茶葉で見られていたきっちりした形状ときれいな撚りを、そのまま戻したような形になりました。
一つ一つが、まるで手で摘んだような形状で、見た目が非常に綺麗です。
残り香は、香ばしさと落ち葉のような香りがメインです。
華やかな香りは、紅茶に流れたのかと思えるようなそんな茶殻です。

流石に、ここまで紅茶が濃く出るので2煎目はないと思います。
濃い味の食べ物と合わせても充分耐えられるそういう使い方を是非していただければと思います。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【愛知】磯田園製茶:やぶきた(熟成)国産紅茶

【茶葉】 基本、国産紅茶は一度全開に混ぜてから量を図ります。上と下で茶葉が違ってたり粉が下に落ちてたりするからです。それをしたうえで、粉が出てない紅茶も多くあります。そういう茶農家さんの努力は『もっと …

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

no image

【熊本】水俣市茶生産協議会:みなまた茶 紅茶 自然栽培

【茶葉】 全体的に紅茶っぽく、きれいな撚りと鮮やかな黒が良いです。茎が若干残ってますが、この程度なら他の所でも同じなので問題ないと思います。ただ、香りが立たないのが気になります。 【水色】 水色は明る …

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。 自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。 紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。 農家の人の思いがそうさせ続けてい …

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018 -2

【埼玉県】備前屋: 狭山かおり紅茶茜2018

【 狭山かおり紅茶茜2018 この紅茶について】 狭山かおり紅茶茜2018 は、埼玉県で作られた国産紅茶です。 埼玉県といえば、この紅茶でも使われている品種『さやまかおり』でも有名な産地です。 関東の …

アーカイブ