国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】カネタ太田園:太田園さんちの紅茶2017

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、吉田山大茶会に毎年出られているカネタ太田園さんの紅茶です。
最近で言えば、緑茶で農水大臣賞を取られてますます名声を轟かせております。
その時に、一時的に紅茶を作られなかったのですが、今年はありました。
品種はべにふうきです。
毎年、淹れやすい形状と安定した香味の紅茶と認識しています。
今年のはどのようになっているでしょうか。
 

【茶葉】

【静岡県】カネタ太田園:太田園さんちの紅茶2017-1
茶葉は綺麗に撚られています。
一つ一つはさほど大きくありませんが、細かく裁断されているわけでもなく、見た目が非常に自然です。
口を開けた時から立ち上る香りは、非常にコシが強く作り込みの良さを感じます。
ぱっと見た目、国産紅茶の印象はほぼありません。
フルリーフ派の方には今年はおすすめです。

【水色・味・香り】

【静岡県】カネタ太田園:太田園さんちの紅茶2017-2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、ビスケットの香りと桃とかライチとかのようなフルーティーな香りが見え隠れします。
味は、渋みとコクがしっかり出ています。

味の系統は、望蘭系の紅茶です。
3分でもきっちりと紅茶になってます。
形状の割に、出るのが早いようです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、濃い赤橙色になりました。
香りは、綿菓子とかスイートポテトのような、ほっくりした甘い香りになりました。
味は、渋さとコクがガツンと全面に主張してきました。

この紅茶は、別の年のものでも、砂糖やミルクに耐えられる濃い紅茶として提供してきました。
その濃さは、今年も健在でした。

【茶殻】

【静岡県】カネタ太田園:太田園さんちの紅茶2017-3
茶殻は、茶葉で見られていたきっちりした形状ときれいな撚りを、そのまま戻したような形になりました。
一つ一つが、まるで手で摘んだような形状で、見た目が非常に綺麗です。
残り香は、香ばしさと落ち葉のような香りがメインです。
華やかな香りは、紅茶に流れたのかと思えるようなそんな茶殻です。

流石に、ここまで紅茶が濃く出るので2煎目はないと思います。
濃い味の食べ物と合わせても充分耐えられるそういう使い方を是非していただければと思います。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 べにひかり

【この紅茶について】 水車むらで提供されています試飲パックの続きです。 次はべにふうきとは一味ちがう紅茶品種『べにひかり』です。 前に、島根の西製茶所さんのを紹介したと思います。 これも、生産箇所が少 …

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016-2

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 長崎のお茶は、隣の佐賀県の嬉野茶ほど有名ではないですが、ハウステンボスなどで世知原茶や雲仙茶を見ることがあります。 その中で、対馬 …

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016-2

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016

【この紅茶について】 埼玉県の紅茶で品種は緑茶に使われるおくみどりです。 意外と、紅茶にやぶきた以外の品種としておくみどりを使われる方が多くいらっしゃいます。 製法によって、独特な清廉よりの国産紅茶を …

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

アーカイブ