国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017

投稿日:2017年11月23日

【 太田園さんちの紅茶2017 :この紅茶について】

太田園さんちの紅茶2017 は、吉田山大茶会に毎年出られているカネタ太田園さんの紅茶です。
最近で言えば、緑茶で農水大臣賞を取られてますます名声を轟かせております。
その時に、一時的に紅茶を作られなかったのですが、今年はありました。
品種はべにふうきです。
毎年、淹れやすい形状と安定した香味の紅茶と認識しています。
今年のはどのようになっているでしょうか。
 

【茶葉】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -1
茶葉は綺麗に撚られています。
一つ一つはさほど大きくありませんが、細かく裁断されているわけでもなく、見た目が非常に自然です。
口を開けた時から立ち上る香りは、非常にコシが強く作り込みの良さを感じます。
ぱっと見た目、国産紅茶の印象はほぼありません。
フルリーフ派の方には今年はおすすめです。

【水色・味・香り】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、ビスケットの香りと桃とかライチとかのようなフルーティーな香りが見え隠れします。
味は、渋みとコクがしっかり出ています。

味の系統は、望蘭系の紅茶です。
3分でもきっちりと紅茶になってます。
形状の割に、出るのが早いようです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、濃い赤橙色になりました。
香りは、綿菓子とかスイートポテトのような、ほっくりした甘い香りになりました。
味は、渋さとコクがガツンと全面に主張してきました。

この紅茶は、別の年のものでも、砂糖やミルクに耐えられる濃い紅茶として提供してきました。
その濃さは、今年も健在でした。

【茶殻】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -3
茶殻は、茶葉で見られていたきっちりした形状ときれいな撚りを、そのまま戻したような形になりました。
一つ一つが、まるで手で摘んだような形状で、見た目が非常に綺麗です。
残り香は、香ばしさと落ち葉のような香りがメインです。
華やかな香りは、紅茶に流れたのかと思えるようなそんな茶殻です。

流石に、ここまで紅茶が濃く出るので2煎目はないと思います。
濃い味の食べ物と合わせても充分耐えられるそういう使い方を是非していただければと思います。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016-2

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は奈良県の紅茶です。 僕自身、面識がないので詳しくは言えませんが、奈良県は国産紅茶がどんどん増えている感じがしました。 もしかすると、宇治茶地域の中で一番多いかもしれませ …

no image

【静岡】豊好園:やぶきた

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶です。 最近わかったことがありまして、この豊好園さんの緑茶が 宮中に献上されるお茶になったと、豊好園さんからのDMで判明しました。 紅茶に合わせて …

no image

【鹿児島】緒方茶工房:ベニオガタ紅茶

【茶葉】 茶葉は撚ったというより、フレークにした感じです。計量したとき、量に対してカサが少なかったので、本当にその量なのかと測りなおしたくらいです。気分、もうちょい選別がほしいか、って感じです。 【水 …

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

アーカイブ