国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017

投稿日:2017年11月23日

【 太田園さんちの紅茶2017 :この紅茶について】

太田園さんちの紅茶2017 は、吉田山大茶会に毎年出られているカネタ太田園さんの紅茶です。
最近で言えば、緑茶で農水大臣賞を取られてますます名声を轟かせております。
その時に、一時的に紅茶を作られなかったのですが、今年はありました。
品種はべにふうきです。
毎年、淹れやすい形状と安定した香味の紅茶と認識しています。
今年のはどのようになっているでしょうか。
 

【茶葉】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -1
茶葉は綺麗に撚られています。
一つ一つはさほど大きくありませんが、細かく裁断されているわけでもなく、見た目が非常に自然です。
口を開けた時から立ち上る香りは、非常にコシが強く作り込みの良さを感じます。
ぱっと見た目、国産紅茶の印象はほぼありません。
フルリーフ派の方には今年はおすすめです。

【水色・味・香り】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、ビスケットの香りと桃とかライチとかのようなフルーティーな香りが見え隠れします。
味は、渋みとコクがしっかり出ています。

味の系統は、望蘭系の紅茶です。
3分でもきっちりと紅茶になってます。
形状の割に、出るのが早いようです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、濃い赤橙色になりました。
香りは、綿菓子とかスイートポテトのような、ほっくりした甘い香りになりました。
味は、渋さとコクがガツンと全面に主張してきました。

この紅茶は、別の年のものでも、砂糖やミルクに耐えられる濃い紅茶として提供してきました。
その濃さは、今年も健在でした。

【茶殻】

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2017 -3
茶殻は、茶葉で見られていたきっちりした形状ときれいな撚りを、そのまま戻したような形になりました。
一つ一つが、まるで手で摘んだような形状で、見た目が非常に綺麗です。
残り香は、香ばしさと落ち葉のような香りがメインです。
華やかな香りは、紅茶に流れたのかと思えるようなそんな茶殻です。

流石に、ここまで紅茶が濃く出るので2煎目はないと思います。
濃い味の食べ物と合わせても充分耐えられるそういう使い方を是非していただければと思います。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

【この紅茶について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。なので、珍しい品種と言えば珍しい …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

【茨城】長野園:のびのび和紅茶

【茶葉】 最初の印象は『南山城紅茶を綺麗に選別したらこんな感じかな』って思いました。撚りもきっちりあって、ちゃんと紅茶の形になってます。こうまじまじと見てみないと、形状ってなかなかわかりませんね。 【 …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

アーカイブ