佐賀県 国産紅茶レビュー

【佐賀】北野農園:有機うれしの紅茶

投稿日:2013年9月15日

【この紅茶について】

この紅茶は、直接知り合いではなく、佐賀嬉野にお茶のイベントで行かれた
大阪の知り合いから勧められていた紅茶です。
話に聞いてから随分たってたんですが、改めて買える算段がついたので、購入しました。
『国産紅茶の中では一番紅茶らしい』と勧めらていたので、ある程度期待しています。

【茶葉】

国産紅茶20130915有機うれしの紅茶1

茶葉は、裁断が入ってるのか、やや小ぶりで整ってるわけではありません。
茎がちらほら散見するので、選別に関しては、あともうちょいかなって気がします。
見た目はちゃんと紅茶をしてて、香りも紅茶です。
この段階では緑茶の面影はありません。

【水色】

国産紅茶20130915有機うれしの紅茶2

水色は濃い目の赤茶色です。
香りは、お湯を注いだ時は、アッサムのリーフみたいな華やかな香りがしたんですが、
淹れたあとは、ご飯っぽい香りになりました。
渋みはほどほどに乗ってます。
香り、雰囲気は紅茶寄りだったんですが、味が番茶寄りですね。
温度が落ち着くと、紅茶らしくなってきました。
甘くて華やかな『紅茶らしい』香り。
渋さがほどほどに収まった感が出てきて、すっきりした後味になりました。
やっぱ、飲み頃温度ってあるんですかね。
でも、『時間が短い』感がします。
注いだばかりの時はそうでもなかったんですがね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は濃くなり2倍増しくらい。
香りも紅茶らしい甘さが前面に出てきました。
味も渋さの他に紅茶らしい濃さがでてきて、深い紅茶になってます。
ここまできて、なんとなく『国産紅茶ではおいしい紅茶』と勧められた意味がわかるような気がします。
多分、砂糖や牛乳に耐えられるのではないかと思うわけです。
(多分)

【茶殻】

国産紅茶20130915有機うれしの紅茶3

茶殻はちゃんと展開した茶殻です。
やはり、裁断をして整えている茶殻で、少し大きめの茶葉も見受けられます。
まあ、今の日本の紅茶に対する考え方ではこれ以上厳密に茶葉の大きさで仕分けるのは
相当力を入れているところ(昔からしてる有名どころ)しかないかなと思いますので、
これはこれでありですね。
個人的には、もう一つ『代名詞になるような』特徴が欲しいという気がします。

どの国産紅茶でもそうなんですが、
『紅茶らしくつくる』は最低条件で、そのあとに『この紅茶の特徴』というのを確立して欲しいと思ってます。
多分、これから先『紅茶らしいおいしい紅茶』はたくさん登場するでしょう。
全国的に教育が充実していっているのが、その要因です。
そうすると、既に『紅茶になっている』国産紅茶は、その次を目指さないと追いつかれて埋没してしまう危険性があります。
なので、『ここにしかない特徴』というのが必要になってきます。
どういうものがふさわしいか、それこそ、各々の研究と実験の繰り返しになると思います。
これから先、日本中に『美味しくて独自の顔のある国産紅茶』が生まれることを祈ってます。

明日も、更新します。

-佐賀県, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【島根】西製茶所:出雲国のべにひかり紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、ネットで検索した中にあったお茶です。取り寄せるときに、定形外郵便など簡易発送を受けてくれませんでしたが、普通に購入しました。今はケンコーコムなどでも扱っているそうなの …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかPremium2017(べにふうき)2

【静岡県】井村製茶: 金谷和紅茶ももかPremium2017

【 金谷和紅茶ももかPremium2017 :この紅茶について】 金谷和紅茶ももかPremium2017 は神戸ティーフェスティバルで購入しました。 先日記事を書きました『金谷和紅茶ももか』の今年のも …

【茨城県】いずみや茶舗:猿島紅茶翡翠2018-パッケージ

【茨城県】いずみや茶舗: 猿島紅茶翡翠2018

【 猿島紅茶翡翠2018 この紅茶について】 今回は茨城県の 猿島紅茶翡翠2018 をご紹介します。 この紅茶を販売しているいずみや茶舗さんは、東京の日本産のお茶の専門店なのですが、紅茶の生産が茨城県 …

【静岡県】やまに園:二十一世紀のお茶藤かおり2018-2

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018

【 二十一世紀のお茶藤かおり2018 この紅茶について】 二十一世紀のお茶藤かおり2018 は静岡県藤枝市のやまに園さんで作られている国産紅茶です。 2018年の紅茶であることはわかってますが、どこで …

アーカイブ