国産紅茶レビュー 長崎県

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016

投稿日:2017年4月27日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
長崎のお茶は、隣の佐賀県の嬉野茶ほど有名ではないですが、ハウステンボスなどで世知原茶や雲仙茶を見ることがあります。
その中で、対馬で作ったお茶というのは更に珍しく、なかなか出会う機会がありません。

地紅茶サミット金沢で出品を確認し、それから幾度か大阪千里中央でも催事出店されているのを確認してました。
それでもなかなか行く機会がなく、奈良でついに購入することができました。

人から随分勧められていた紅茶でしたので、実に楽しみです。

【茶葉】

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016-1
一つ一つが重いのか、少しの量に見えますが、いつもどおり5gあります。
短めですが撚りが細いので、これで大丈夫なのかという感じもします。
ですが、大きさが整っているので、きっちり仕上げて来ているのかなという感じも見受けられます。

【水色・味・香り】

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016-2

3分淹れました。
水色は、明るい橙色です。
香りは、ほのかに柑橘系の香りがしますが、ほのかであまり参考になりません。
味は、軽く渋さを感じますが、さっぱりの柑橘系のような味がします。
短いかなぁと思うのですが、ある程度香りと味が出ているので、すごいなぁと思います。

味の系統は、3分ではまだ決められにくいです。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、やや濃い目の赤茶色になりました。
香りは、少し葉っぱの青みのある香りに渋さを感じます。
味は、渋みが強く、スッキリしてます。

味の系統は望蘭系です。
べにふうきらしい、コシの強い紅茶の風味がします。
何も言わずに出したら、普通に夏・秋物のダージリンと勘違いできそうです。
ミルクを足すのに向いているかなと思います。

【茶殻】

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016-3
茶殻は、小さめに裁断された茶葉が開いたさまがよくわかります。
製茶を均一にするために裁断を入れたのか、そもそもこっちのほうが良い紅茶を作れるためなのかはわかりませんが、しっかり味がでた上にキレイに収まっています。

実に面白い紅茶です。

-国産紅茶レビュー, 長崎県

執筆者:

関連記事

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

no image

【岐阜】市川製茶:nakatsugawa紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、Twitterのフォロワーさんが作っていらっしゃる紅茶で、本人からのご提案で購入させていただきました。品種は、在来とやぶきたのブレンドだそうです。 【茶葉】 茶葉は全 …

no image

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

【この紅茶について】 静岡丸子の丸子紅茶です。先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだとよく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。 このべにひかりは、実は今年 …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

【高知】秀平農園:四万十紅茶

【茶葉】 形状を見ると、紅茶というよりも、煎茶です。しかも、しっかり丁寧に作られた煎茶と同じような形になってます。選別も思いのほかきっちりしているみたいで、多くは葉です。茶葉もカサの割にちゃんと重さも …

アーカイブ