国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

投稿日:2017年11月24日

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】

かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。
香駿という品種のファーストフラッシュです。
もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し訳ございません。
というか、国産紅茶の殆どは、春~夏だけで作られる事が多いので、仕方がないといえばそうなのかもしれません。
ただ、出来たてよりも、少し置いたほうが良いという説もあります。
(僕の過去記事の紅茶のエイジングではありません)
このファーストはどのようになっているのでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017 -1
平べったい茶葉で、比較的真っ直ぐです。
雰囲気としては、緑茶のような雰囲気かもしれません。
やや幅広の形状が、紅茶らしさを感じさせません。
元々萎凋を重視し、香り高い紅茶に仕上がることを主とされているようで、淹れる前から、ほんのり華やかな香りが漂ってきました。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、甘みのない花のような香りです。
味は、ほんのりコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。
ただ、3分では短いかもしれません。
香りは乗ってきたけど、味はまだまだこれからという感じです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し赤が濃い橙色になりました。
香りは、変わらず甘みのない花のような香りです。
味は、渋みが載っている状態になりました。

香りと味がのってる状態になりました。
ガツンの力強い紅茶です。
ぐっと飲んだ後に、軽く乳香がします。
軽くつまむものを用意しながら、お茶の余韻を楽しむのが良いかもしれません。

【茶殻】

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017 -3
茶殻は、軽く裁断されている様子が見受けられます。
ただ、細かくしているわけではないため、ある程度茶葉の形状を保っています。
長さ大きさともに均一にそろえられているため、測りやすいですし安定して淹れやすい紅茶でした。
誰でもいつでもおいしく淹れられ、なおかつ個性的な紅茶です。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017

【 みらいふぁすとふらっしゅ2017 :この紅茶について】 みらいふぁすとふらっしゅ2017 は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、 …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、 ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。 続いて、フェイスブックグルー …

no image

【東京】お茶の木下園:東京紅茶

茶葉 この茶葉は元々ティーバッグのものを展開して使っています。撚りがきれいに入ってます。選別も丁寧です。正直、これをティーバッグにするのがもったいない気もします。 水色 ふと、ジャスミンのような香りが …

アーカイブ