国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

投稿日:2017年12月28日

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】

この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。
今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。

前に一度試飲記事を書いていますので、そちらとあわせて変化をご確認いただければと思います。

【大分】蛍茶園:紅蛍

記事を書く前に一度飲んでまして、その時のあまりの変化に驚きました。
ちゃんと紅茶になってて、しかも人に勧めれるものになってました。
出オチみたいな格好になり申し訳ございませんが、詳しくは下記の記事を御覧ください。

【茶葉】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -1
茶葉は、ティーバッグ用に細かくしてあります。
アップで見てみると、細かい撚りなど確認できます。
丁寧に作り込んでいるという印象を受けました。
ちらほら茎や髭が見られますが、味の調整のために入れたのでしょうか。
サイズ感が他の茶葉に近いものばかりなので、ティーバッグから開けなければ、特に問題ないかと思います。

【水色・味・香り】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ワラや落ち葉っぽい香りがしますが、ほんのりと甘い香りがします。
味は、まだ白湯です。

味の系統は、香りだけで言えば、滋納系と清廉系の間くらいになります。ただ、味が出ていないので、香りも含めてもっと変化すると思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、なんとなく花っぽい香りになりました。
味は、渋みはなく、香ばしさとコクがあります。

味の系統は、限りなく清廉系に寄ってる滋納系です。
目的の料理かお菓子が先にあって、それに寄せて紅茶を作ってるのかなという印象を感じました。
京都だったら、この味を好きな人が多そうです。

【茶殻】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -3
茶殻はざっくりと裁断されたあとがよくわかります。
本来、ティーバッグなので、開けて確認するというのはどうかと思うこともあるわけですが、これがフルリーフだったら綺麗な形に仕上がってるかもという淡い想像はします。
残り香もそんなにも残ってませんでした。
出の良い紅茶だなというそういう印象をうけました。

この紅茶は、料理との相性が良さそうです。
味を引き立てる名脇役としてうってつけだと思います。
食べ合わせの際にぜひ活用をしてみて下さい。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。 今年に入って試飲をしている一つです。 こちらも、 …

【静岡県】やまに園:二十一世紀のお茶藤かおり2018-2

【静岡県】やまに園: 二十一世紀のお茶藤かおり2018

【 二十一世紀のお茶藤かおり2018 この紅茶について】 二十一世紀のお茶藤かおり2018 は静岡県藤枝市のやまに園さんで作られている国産紅茶です。 2018年の紅茶であることはわかってますが、どこで …

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016-2

【奈良県】上久保さん:奈良月ヶ瀬紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は奈良県の紅茶です。 僕自身、面識がないので詳しくは言えませんが、奈良県は国産紅茶がどんどん増えている感じがしました。 もしかすると、宇治茶地域の中で一番多いかもしれませ …

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

アーカイブ