国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

投稿日:2017年12月28日

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】

この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。
今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。

前に一度試飲記事を書いていますので、そちらとあわせて変化をご確認いただければと思います。

【大分】蛍茶園:紅蛍

記事を書く前に一度飲んでまして、その時のあまりの変化に驚きました。
ちゃんと紅茶になってて、しかも人に勧めれるものになってました。
出オチみたいな格好になり申し訳ございませんが、詳しくは下記の記事を御覧ください。

【茶葉】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -1
茶葉は、ティーバッグ用に細かくしてあります。
アップで見てみると、細かい撚りなど確認できます。
丁寧に作り込んでいるという印象を受けました。
ちらほら茎や髭が見られますが、味の調整のために入れたのでしょうか。
サイズ感が他の茶葉に近いものばかりなので、ティーバッグから開けなければ、特に問題ないかと思います。

【水色・味・香り】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ワラや落ち葉っぽい香りがしますが、ほんのりと甘い香りがします。
味は、まだ白湯です。

味の系統は、香りだけで言えば、滋納系と清廉系の間くらいになります。ただ、味が出ていないので、香りも含めてもっと変化すると思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、なんとなく花っぽい香りになりました。
味は、渋みはなく、香ばしさとコクがあります。

味の系統は、限りなく清廉系に寄ってる滋納系です。
目的の料理かお菓子が先にあって、それに寄せて紅茶を作ってるのかなという印象を感じました。
京都だったら、この味を好きな人が多そうです。

【茶殻】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -3
茶殻はざっくりと裁断されたあとがよくわかります。
本来、ティーバッグなので、開けて確認するというのはどうかと思うこともあるわけですが、これがフルリーフだったら綺麗な形に仕上がってるかもという淡い想像はします。
残り香もそんなにも残ってませんでした。
出の良い紅茶だなというそういう印象をうけました。

この紅茶は、料理との相性が良さそうです。
味を引き立てる名脇役としてうってつけだと思います。
食べ合わせの際にぜひ活用をしてみて下さい。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

【この紅茶について】 何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。そう言う意味で、ここ …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶(缶入り・上級茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、国産紅茶レビュー前半のほうで扱った『三富紅茶』とは違い、うちのネット仲介ショップでも扱っている商品と同じものになります。販売される形は、袋ではなく缶で、通常の『三富紅 …

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

【大分】山片茶園:べにふうき2013秋

【この紅茶について】 いつもお馴染み『山片茶園』の新作です。べにふうきも5年目に入ってきているそうで、もうそろそろ完成じゃないかと期待してます。毎年試行錯誤なので、どう変化するかはわかりませんが、楽し …

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

アーカイブ