京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017

投稿日:2017年12月19日

【 京のべに茶2017 :この紅茶について】

京のべに茶2017 は、京都市右京区旧京北町地区で作られている紅茶です。
基本的に、イベントに出られることを見たことない紅茶です。
同じ右京区に時々車が来ているのを見かけます。

イベントに出られることがほぼない紅茶なので、入手方法は現地に行くしかありません。
機会が有りまして京北町まで行くことができ購入してきました。
他にも種類があるので、追ってご紹介していきます。

この商品の品種はやぶきたです。

【茶葉】

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017 -1
茶葉は大ぶりでぐりぐりしてます。
フルリーフ派の人にとっては嬉しい形状絵dス。
ちらほら髭が見られます。
萎凋がしっかりしているのか、開けた時の香りが華やかでした。
肉厚の茶葉が重量感を感じさせます。
非常に力強さを感じさせる茶葉です。

【水色・味・香り】

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017 -2
3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、樹皮っぽい香りがしますが、微かにローストしたような香りが見え隠れします。
味は、ほぼ白湯です。

味の系統は、この段階ではまだわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、橙色になりました。
香りは、軽いアーモンドっぽい香りです。ただ軽くて薄いです。ほんの少しだけ若草のような香りがします。
味は、ふんわりと甘さとコクを感じます。

味の系統は滋納系でやや清廉系寄りです。

香りが穏やかで後味が引かないライトな感じの紅茶です。

【茶殻】

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017 -3
茶殻はほぼ茶葉の形状を保ってます。
茶葉を手摘みでそのまま製茶しに行った感じがします。
摘みが丁寧なのか、形状崩れもほとんど見かけられません。
非常に丁寧に作って、非常に丁寧に淹れることを前提に作られたのかなと感じました。

この紅茶は、香りが特徴的に出る可能性があるので、気持ちをリセットさせたい仕事の合間に飲まれるのがいいと思います。
一瞬だけまどろみをつくり、その後の気持ちの切り替えに役立つことでしょう。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【鹿児島】東八重製茶:紅ふうき茶

【紹介された紅茶】 ツイッターのフォロワーの方に『知り合いが、紅茶を作ってみたらしいので飲んでみてほしい』という連絡を受けまして、FB経由で連絡を入れさせていただき、いただきました。物がべにふうきなの …

【静岡県】益井園:かほりふぁあすと2017-2

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】 かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。 香駿という品種のファーストフラッシュです。 もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

アーカイブ