京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017

投稿日:2017年12月19日

【 京のべに茶2017 :この紅茶について】

京のべに茶2017 は、京都市右京区旧京北町地区で作られている紅茶です。
基本的に、イベントに出られることを見たことない紅茶です。
同じ右京区に時々車が来ているのを見かけます。

イベントに出られることがほぼない紅茶なので、入手方法は現地に行くしかありません。
機会が有りまして京北町まで行くことができ購入してきました。
他にも種類があるので、追ってご紹介していきます。

この商品の品種はやぶきたです。

【茶葉】

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017 -1
茶葉は大ぶりでぐりぐりしてます。
フルリーフ派の人にとっては嬉しい形状絵dス。
ちらほら髭が見られます。
萎凋がしっかりしているのか、開けた時の香りが華やかでした。
肉厚の茶葉が重量感を感じさせます。
非常に力強さを感じさせる茶葉です。

【水色・味・香り】

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017 -2
3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、樹皮っぽい香りがしますが、微かにローストしたような香りが見え隠れします。
味は、ほぼ白湯です。

味の系統は、この段階ではまだわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、橙色になりました。
香りは、軽いアーモンドっぽい香りです。ただ軽くて薄いです。ほんの少しだけ若草のような香りがします。
味は、ふんわりと甘さとコクを感じます。

味の系統は滋納系でやや清廉系寄りです。

香りが穏やかで後味が引かないライトな感じの紅茶です。

【茶殻】

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017 -3
茶殻はほぼ茶葉の形状を保ってます。
茶葉を手摘みでそのまま製茶しに行った感じがします。
摘みが丁寧なのか、形状崩れもほとんど見かけられません。
非常に丁寧に作って、非常に丁寧に淹れることを前提に作られたのかなと感じました。

この紅茶は、香りが特徴的に出る可能性があるので、気持ちをリセットさせたい仕事の合間に飲まれるのがいいと思います。
一瞬だけまどろみをつくり、その後の気持ちの切り替えに役立つことでしょう。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【奈良県】みとちゃ農園:手摘み ウンカ芽 紅茶 大和美人2016-2

【奈良県】みとちゃ農園:手摘み ウンカ芽 紅茶 大和美人2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。 ウンカ芽って事は、狙いは東方美人でしょうか。 思い通りの香りに仕上がってるのか楽しみです。 【茶葉】 袋を開けた時から、甘く …

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-1

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。 って書くと「え~、まだあるやん」って言われますが、これは当時店頭に並んでなかったものを売ってもらいました。 故に、「地紅茶サ …

no image

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』と書きました。 今回はそのFF(一番茶)ですので、 こんな感じに青いです。インドのカングラみたいといえば …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016-2

【埼玉県】清水園製茶工場:埼玉夢紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 ゆめわかばという品種で、全国的にもコレを紅茶に使っている人はそういないでしょう。 今回見たのが、初めてかとおもいます。 ( …

アーカイブ