国産紅茶レビュー 大分県

【大分】蛍茶園:紅蛍

投稿日:2013年8月16日

【出会いはツイッター】

蛍茶園のご主人、井上さんとの接点は、Twitterで
これを注文させてもらった時も、Twitterでなんとなくわかっていながらも
サイト経由でしれっと注文しました。
この時点では本当に手探り状態だったらしく、紅茶としての出来に一抹の不安もあったのは間違いありません。
今回の茶葉は、次蛍茶園さんの更新する紅茶と比較するためのものと考えてください。

【茶葉】

20130815紅蛍1

茶葉は正直、固くて荒っぽいです。
多分、積んだ時期の問題かと思います。
ここの緑茶の方は賞を受けるほどの高品質なので、
紅茶は実験を兼ねてあとに回していると聞いたことがあります。
(違ってたらすみません)
紅茶も、基本CTCにしたり、明確にOPを狙わない限り、柔らかい芽の方がいい紅茶になる傾向が高いです。
ただ、それも作り方しだいなので、海外では大きい葉でもおいしい紅茶に仕上げてきます。
そういう意味でもこれからなんだなって思います。

まあ、井上さんの狙いが『新芽の綺麗な茶葉』なのか『大きいOPを集めた強い紅茶』なのかはまだわかりませんが。

【水色】

20130815紅蛍2

茶葉が硬いせいか、水色は薄い。
香りも、番茶っぽいコゲっぽい匂い。
ただ、飲む時に、甘酒のような香りがしたので、これを伸ばせればいいかなって思います。
渋みはほぼ無し。
えぐみもほぼ無し。
通常(200cc:3g:3分)状態では、香りの飲み物かなって思います。
やはり、焦げっぽい香りの中にある特徴のあるいい香りはなんだろうって思う。

これが長時間淹れたどうなるんでしょう。

長時間淹れたあと、色目が30%増しぐらいになりました。
それでも、一般的な紅茶よりも薄い。
味は少し酸味がでたかな~くらい。
あんまり変化なし。
香りは同じく『焦げっぽい匂いに、何か色々隠れてる』という感じ。
ほんのり甘味を感じるようになったのは、温度が下がったからかもしれません。

こうして、急須で淹れてみると、本当に不思議な紅茶だな・・・
って思います。

【茶殻】

20130815紅蛍3

『この紅茶はなんだろうな・・・・』
って思ってた疑問が、茶殻を見てなんとなくわかりました。
この開き方は、包種茶や青茶を使った時とよく似ています。
葉っぱは紅茶というか烏龍茶。
そう考えると、隠れていた香りの正体がうっすらと見えてくるのではないかと思います。

ここは紅茶には積極的に取り組んでいらっしゃる所で、
今年の物に関しては、中国茶の専門家が特に絶賛していらしたので、
実に期待したいと思ってます。

井上さんお待ちしてます(o ̄∀ ̄)ノ”

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >せっちゃんさん
    返事はFBのメッセージに送ります。

  2. せっちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    と思ったのですが
    1月したら
    ベニフウキ秋摘みができるので
    そちらと一緒に送らせて頂きます。

  3. せっちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    明日、
    べにふうき 夏摘みと
    在来 春摘みを送ります。

関連記事

no image

【宮崎】宮崎茶房:みなみさやか

【この紅茶について】 毎年、吉田山大茶会に出品していただいてもらってます宮崎茶房さんの別の品種の紅茶です。みなみさやかだったかな・・・東京の有名紅茶専門店さんで、レギュラーメニューとして入れられていた …

【奈良県】竹西農園:自然農法茶おくみどり2016(紅茶)2

【奈良県】竹西農園:自然農法茶おくみどり2016(紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 先に試飲している2種とどのくらい違うのか、それともどちらかと同じなのか気になるところです。 過去の記事はこちらから→こちら 【茶葉 …

【京都】和束紅茶 :光・らいざ

【この紅茶について】 和束紅茶(株式会社和束紅茶)は、旧名を『喜寿園』と言います。 過去に『喜寿園』さん時代の紅茶の試飲レビューも書いておりますので、お時間がある時にご覧いただければと思います。 喜寿 …

no image

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

□一期一会の普及品 本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても …

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

アーカイブ