京都府 国産紅茶レビュー

【京都】南山城紅茶プロジェクト:べにふうき

投稿日:2013年10月11日

【この紅茶について】

いつもお世話になっています、南山城紅茶です。
ここでは、『やぶきた』と『べにふうき』と『おくみどり』の3種の製造が主に行われてます。
ただ、おくみどりは今年は摘採時期を外したらしく、製品化されるのは『やぶきた』と『べにふうき』らしいです。
個人的な諸事情(主に資金面)があって、積極的に様子を見に行くことはできませんが、引き続き協力できればと思ってます。

【茶葉】

国産紅茶20131011南山城べにふうき1

茶葉に茎や繊維が多く見られます。
当然で、これは『荒茶から一掴み』してきたものです。
つまり、このまま商品にするものを持ってきたわけじゃなくて、
仕分け前を持ってきたわけです。
諸事情で、手元にこれしかなかったので、申し訳ないわけですが。
(ちなみに、2013年分は発売された模様です。べにふうきがあるかは確認してません)

【水色】

国産紅茶20131011南山城べにふうき2

水色は濃い赤黒さです。
香りは、FFっぽい香りにかすかに紅茶らしい華やかな香りが隠れてます。
味は酸味があり、一見飲みづらいですが、鼻から抜けていく香りがさわやかです。
多分、酸味がなければ、これは良い紅茶だったのかもしれない。
(酸味の正体が不明)

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はさらに濃くなりました。ほぼ深煎りのコーヒーと同じ。
香りはほぼ変化なし。というより、濃厚になった感じがします。
味は酸味はそのままですが、他の『紅茶らしい味』はほぼ全部乗ってます。
酸味がなければ、『すんなり飲める味の良い紅茶』と言えます。

あの酸味の原因って何でしょうね・・・

【茶殻】

国産紅茶20131011南山城べにふうき3

茶殻は、全体的に『開いた系』なのですが、なんか雰囲気がすごく緑茶っぽい。
香りに関しては、ほぼ移ったようです。

製造の現場とか見に行く機会のあった数少ない紅茶ですが、
まだ技術的にも環境的にも過渡期にあるので、落ち着く所を首を長くして待ってます。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【大分】山片茶園:べにふうき2013秋

【この紅茶について】 いつもお馴染み『山片茶園』の新作です。べにふうきも5年目に入ってきているそうで、もうそろそろ完成じゃないかと期待してます。毎年試行錯誤なので、どう変化するかはわかりませんが、楽し …

【奈良県】や~まんと茶園:大和在来種蜜香紅茶2018-2

【奈良県】や~まんと茶園: 大和在来種蜜香紅茶2018

【 大和在来種蜜香紅茶2018 この紅茶について】 この紅茶は、吉田山大茶会2018年の時に購入した紅茶です。 『蜜香』とついていることからウンカに噛まれた紅茶と推測できますが、実際にはどのようなもの …

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅(くれない)2016SF-2

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅(くれない)2016SF

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 某有名紅茶専門店にも出荷されている桜野園さんの紅茶です。 品種は、書いてないのでわかりません。 桜野園さんは、肥料農薬を使わない本 …

no image

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

□一期一会の普及品 本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても …

no image

静岡:カネタ太田園:太田さんちの紅茶

太田さんちの紅茶 熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになりま …

アーカイブ