京紅活動

薄茶糖 ?グリーンティ?夏に似合う緑色の甘い飲み物

投稿日:2017年6月30日

うす茶糖( 薄茶糖 )を取り寄せてみた

随分前に「 薄茶糖 (うすちゃとう)」なるものの記事を書いてみたことがあります。

※過去記事:うす茶糖 ってどう見てもグリーンティーですよね?

うす茶糖を実際に飲んで書いていた記事ではなく、ただ単に家のグリーンティーを飲みながら、抹茶の事を浅く書いていただけの記事でした。
それから時は流れまして、この「うす茶糖」熱というのが徐々に高まってきまして、ついには購入する運びとなりました。

購入先の『浜佐園』さんをご存じない方のためにご紹介します。
国産紅茶の記事として取り上げさせてもらってます『わらしな紅茶』と『山の宝珠』の販売会社さんであります。
※2020年現在、わらしな紅茶も山の宝珠も販売しておりません。

わらしな紅茶の記事
山の宝珠の記事

ちょいと数年、間があいてしまいましたが、今年も作ったと連絡が入れば購入して試飲レビューをかきます。

先日購入しまして、さっそく到着しました。
浜佐園の 薄茶糖
可愛らしいパッケージが、山の宝珠・わらしな紅茶のパッケージのそれとまるで違うので、完全に顧客層が違うんだろうなって感じがします。

現在、うちには他にグリーンティーがあるので、比較してみることにしました。
比較するグリーンティーは以下のとおりです。

・浜佐園 佐七のうす茶糖
・道の駅お茶の京都みなみやましろ村 砂糖入村抹茶単一農園単一品種
・竹村玉翠園本舗 グリーンティー

では、書いていきます。

顆粒比較

 薄茶糖 顆粒比較
左上から
・道の駅お茶の京都みなみやましろ村 砂糖入村抹茶単一農園単一品種
・竹村玉翠園本舗 グリーンティー
・浜佐園 佐七のうす茶糖
となります。

竹村玉翠園本舗さん(以下竹村さん)のは、顆粒が細かくサラサラと鮮やかに流れていくくらい細かいです。
混ぜてから更に石臼で弾いたようなそんなサラサラ感です。

道の駅お茶の京都みなみやましろ村 砂糖入村抹茶単一農園単一品種(以下南山城村)のは、抹茶にそれよりも粒の大きな砂糖を混ぜてあるかんじで、砂糖の周りに抹茶がコーティングされているような感じがします。

浜佐園 佐七のうす茶糖(以下浜佐園さん)のは、抹茶も砂糖も完全に顆粒加工をしてあり、それそのものが粒として成立してます。

色目が一番濃いのは、南山城村でした。
薄いのは浜佐園さんでした。
同じようなものでも、つくり手が変わると、ここまで変わるものなのですね。

液体比較

 薄茶糖 液体比較
こちらも顆粒と同じ並びで、
・南山城村
・竹村さんの
・浜佐園さんの
という並びになります。

水に溶かすと、より一層個性が分かれます。
うす茶糖は、抹茶がカップにつかず、全部溶けてます。
対して、南山城村と竹村さんのは、抹茶がカップの縁についています。
しっかり溶かせば無いのかもしれませんが、コレはそれだけ容易に溶けるのかということと、抹茶が「そのもの」としてどれだけ残っているかという見分けにもなります。

うす茶糖は、溶けが早いということがわかります。

味については、どれも抹茶感があるのですが、その『抹茶感』で比較すると

南山城村>竹村さん>浜佐園さん

となります。
南山城村のものに至っては、茶葉そのものを飲んでいる感じです。
対して、浜佐園さんのうす茶糖は『そういう抹茶の飲み物』を飲んでいるようで、ここにもコンセプトの違いが明確に分かれます。
竹村さんのグリーンティーは、お茶屋さんテイストで非常に上品です。
(抹茶の入った『グリーンティー』という飲み物という中間を撃ち抜いてます。)

薄茶糖 とグリーンティーは紙一重?

うす茶糖は、僕はグリーンティーだと呼びます。
材料もコンセプトも同じですので、これで違うとは言えません。

いわゆるグリーンティー(スーパーの物含む)との大きな違いは、水に溶ける加工がしっかりしているので、カップのそこに抹茶が残らないのです。
これは南山城や竹村さんのグリーンティーのような本物の抹茶を贅沢に使っているグリーンティーがカップに残るというわけではなく、スーパーで売ってる顆粒やパックのグリーンティーでもそこに抹茶の粉が残ります。
その点では、うす茶糖言うというのは『非常に飲み物に特化して加工されたグリーンティー』だと言えるでしょう。

ちなみに、今回コレだけのために500g購入しました。
まあ、贅沢に飲んでいきたいと思います。

 薄茶糖 を1杯いかがですか?

薄茶糖、グリーンティー紹介

浜佐園・佐七のうす茶糖

浜佐園の薄茶糖

浜佐園

道の駅 お茶の京都みなみやましろ村の単一品種グリーンティー

道の駅 お茶の京都みなみやましろ村の単一品種グリーンティー

南山城村のグリーンティーは道の駅で購入できます。

道の駅お茶の京都みなみやましろ村

竹村玉翠園本舗さんのグリーンティー

竹村玉翠園本舗のグリーンティー

竹村玉翠園本舗さんのグリーンティーはこちらで購入できます。

日本茶・宇治茶専門店の「竹村玉翠園本舗」

-京紅活動

執筆者:

関連記事

チャイ

リプトンの『 クレームブリュレミルクティー 』を飲んでみた。

クレームブリュレミルクティー の”クレームブリュレ”って何? ※アイキャッチは、インドのチャイです。 『クレームブリュレ(フランス語: Crème brûlée)は、カスタードプディングと似たデザート …

紅茶写真

「 紅茶キャラクターホイール 」で味の仕分けをしませんか?

三井農林さんの「 紅茶キャラクターホイール 」 知ったのは実は最近でした。 日東紅茶でおなじみの日本最大の紅茶輸入商社三井農林さんが、紅茶の特徴をわかりやすく分類する為の「 紅茶キャラクターホイール …

国産烏龍茶つむぎ

話題の国産烏龍茶「つむぎ」を飲んでみた

大手メーカーが「国産発酵茶」に参入 2月に入り、大きなニュースが2つ入ってきました。 ~ 国産茶葉を使用して作り上げた、日本品質の烏龍茶 ~ 『にっぽん烏龍』 2015年3月9日(月)より全国で新発売 …

no image

国産紅茶に熟成と言う考え方

「紅茶は新しい方がいい」元々そう考えていた 紅茶は農作物なので「新鮮な方がいい」という風に元々考えてました。 やはり、作り立ての方がおいしいと思うし、さらに今のシーズンの「一番茶」というのは、なかなか …

no image

公式サイトとフェイスブックページ開通のお知らせ

多分、パソコンや画面の大きなタブレットで見ていらっしゃる方は気づいていると思いますが、今、上部ヘッダー部分にメニューバーを表示してあります。その中の右端『Facebookページ』と『京都紅茶道部本館』 …

アーカイブ