京紅活動

同じ会社の紅茶だけど、買う国が違うと・・・

投稿日:

リプトンの紅茶、買う国が違うとどのくらい違うの?

よく「ナショナルブランドは、その国の水に合わせて茶葉をブレンドしている」と言われます。
それでよく引き合いに出されるのが、『イギリスで買った茶葉を日本で飲むと美味しくない。水が硬水に合わせているから』と言われます。
実際はそんなこともなく、美味しいミルクティーに合う紅茶になります。
(美味しくないという人は、『イギリスの量をそのまま日本でも淹れているだけ』なのです)

ただ、その国に合わせている事は間違いなく、国々で最高のパフォーマンスを出せるようにしているそうです。

ということで、

紅茶比較1

実際に比較してみました。
右側:東南アジア
左側:日本
のリプトンのティーバッグです。
これは、その気になれば誰でも比較できますので、ぜひとも他の国で試してみて下さい。

比較

紅茶比較2
両方共明るい朱色でカップの縁に黄色くリングができてます。
良い紅茶であることには間違いないです。

東南アジア

【水色】
やや濁って見える。

【香り】
ほんのり甘い。バニラのウェハースのような感じの香りです。

【味】
香ばしさと軽い渋みがします。
砂糖を入れたいです。牛乳を入れたいです。

日本

【水色】
器のそこまではっきりとした透明度です。

【香り】
やや、酸味を感じます。

【味】
少し酸味を感じますが、渋さと濃さははっきりしてます。
これも、砂糖を入れたいです。牛乳を入れたいです。

思った以上に、何も入れずに飲むと、その個性の違いははっきりわかります。

実際、紅茶に差はない

話で言われているほど、差が大きいわけではないようです。
ただ、違いはありました。
それも実際飲むことと考えてみると、大きな差じゃないです。
両方共に共通してることは「砂糖とミルクを入れさせろ」って事です。

限りなくミルクティー、それがリプトンの紅茶なんだと改めて確認しました。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

no image

国産紅茶に熟成と言う考え方

「紅茶は新しい方がいい」元々そう考えていた 紅茶は農作物なので「新鮮な方がいい」という風に元々考えてました。 やはり、作り立ての方がおいしいと思うし、さらに今のシーズンの「一番茶」というのは、なかなか …

紅茶フェスティバル国産紅茶コンテスト①

尾張旭市で紅茶コンテストに行ってきました。

紅茶フェスティバルの国産紅茶グランプリ一般審査員として行ってきました 本日(10/1)に紅茶フェスティバルのイベントの一つから独立した『国産紅茶グランプリ』に一般審査員として参加してきました。 京都( …

ワンコインわんこうちゃ

※終了【ワンコインセミナー】第1回職場で役に立つおいしい紅茶の淹れ方開催

1月26日、紅茶を淹れるという敷居を下げるという試みで 「職場でも手軽に紅茶を淹れられる」紅茶教室を開催しました。 場所は、京都駅前コワーキングスペースcotoさん 大きな地図で見る 普段からお世話に …

no image

公式サイトとフェイスブックページ開通のお知らせ

多分、パソコンや画面の大きなタブレットで見ていらっしゃる方は気づいていると思いますが、今、上部ヘッダー部分にメニューバーを表示してあります。その中の右端『Facebookページ』と『京都紅茶道部本館』 …

no image

新年あけましておめでとうございます。

2015年新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 今年も、引き続き以下のイベントに参加予定です。 6月吉田山大茶会 9月地球にやさしい中国茶交流会 10月紅茶フェステ …

アーカイブ