国産紅茶レビュー 鹿児島県

【鹿児島】屋久島紅茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、十三のお茶屋さん茶淹さんで購入しました。
2016年に購入したことは間違いないので、2016年産です。
ただし、どのシーズンかはわかりません。
鹿児島の紅茶は多いですが、何故か手元に回ってくる気空きが少ないです。
ましてや屋久島の紅茶はめったに見ることはありません。
ですが、それ相応の数は出ているようです。
可能な限りアプローチし続けたいと思います。

【茶葉】

【鹿児島】屋久島紅茶2016-1
茶葉は軽めでボロボロしてます。
わざと細かく形状を作ったのかなと思います。
裁断で入れたというよりも、製茶途中で力を強めに入れたのかなと思われます。
多分、網を抜けていく茶葉が多くありそうな気配です。

【水色・味・香り】

【鹿児島】屋久島紅茶2016-2

3分淹れました。
水色は、飴色です。
香りは、香ばしさのある甘い香りです。カラメルっぽいです。
味は、ほんのり甘めの味です。

味の系統は、滋納系になります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、底が見えないくらい黒です。
香りは、コーヒーみたいです。香ばしいです。
味は、まるでコーヒーみたいです。

というか、コーヒーを飲んでいるんじゃないかと思います。
多分、焙煎を強めにしているので、香ばしさが強烈に出るんだろうと思います。
狙いは、紅茶じゃなくて、完全にコーヒーのような気がします。

【茶殻】

【鹿児島】屋久島紅茶2016-3
茶殻は、茶葉がそのまま膨らんだような形状です。
基本的に形が揃っていそうに見えますが、実際のところは、結構バラバラです。
でも、雰囲気的にはBOPのような仕上がりです。
どうやら、短時間でガツンと入る紅茶を狙っているような気がします。
それならこの形状は納得いきます。

実に個性的な紅茶でした。

-国産紅茶レビュー, 鹿児島県

執筆者:

関連記事

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

島根:西製茶所:出雲国の紅茶

Twitterで『知り合いばかりでステマっぽいので、そうでない茶園のを書きたい』のようなことを書きました。 まあ、ただ、今の段階で買うにもしんどい所では、紹介の意味もないな・・・なんて思いまして、その …

no image

【静岡】(有)荒井友吉商店:富士山紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、具体的には覚えてませんが、誰かに紹介されて検索して買ったものだと思います。多分、アマゾンでも買えるので、ご興味の出た方はどうぞ。この位置でネタばらしするのもなんですが …

no image

【岡山】寿園:ももたろう紅茶

【茶葉】 茶葉は図りやすくそろえて丁寧に仕上がってます。重さをはかってた時に、わずかな誤差も調整できるように綺麗にそろってました。手間がかかってるなと感じます。 【水色】 3分では薄いかもしれない。渋 …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶①

①と書いたのは、②があるからです。 【お茶農家兼プログラマー】 平岡園さんは、ツイッターの方で、主に『プログラマー』の方でお世話になっております。 その方の去年の三富紅茶(商品名)を出してみました。 …

アーカイブ