国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016

投稿日:

【この紅茶について】

静岡県の農家さんの紅茶です。
品種は紅茶品種のべにふうきで、静岡県の「ふじのくに山のお茶100選」認定紅茶です。
静岡県はお茶生産日本一ですが、今や紅茶も日本で一二を争う生産量と言われています。
今最も熱の入っている産地の一つです。

ものすごく多くの種類があるので、一概に「静岡県の紅茶」と言えない状態にあります。
一つ一つ楽しむ機会が増えて嬉しいです。

【茶葉】

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-1
茶葉は大きめの葉がきれいに撚り合っている形状です。
一つ一つが大変重いので、見た目少なく見えてもしっかり量があります。
こういうお茶は、中国茶を意識したものに多い傾向です。
こちらもそういう作りなのか、それとも別の意図があったのか是非に知りたいです。

【水色・味・香り】

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙色です。
香りは、少し青目の葉っぱのような香りです。
例えるなら、包種茶みたいな香りです。
すごく中国茶っぽいです。
味は少し甘めです。ちょっと薄いので白湯っぽいです。

味の系統は清廉系です。

というか、本当に文山包種とかそっち系の味です。
なんか紅茶じゃないみたい。
これをべにふうきで出すって、一体何をしたんだろうって思います。

しばらく経つと以下のように変わりました。
水色はきれいな赤色で、カップの内側に黄色のリングが縁取られています。
香りは、ぐっと先程の香りが濃くなりました。
ふんわりと優しい香りです。
文山包種とか大寒烏龍とかそういう系統の香りです。
味はきりりと渋みが出てきました。

これ、朱色の烏龍茶って言っていいんじゃないですか?

【茶殻】

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-3
一つ一つきっちりした茶葉が全部開いたような形状です。
日本のお茶というよりも、やはり中国茶に多い形状です。
一つ一つが切れたり崩れたりしていないので、あの香りや味になるのかなとか思ってしまうのですが、いかがでしょうか。
少なくとも、この紅茶は何煎でも煎を重ねられるお茶かと思います。
次は、中国茶のように、茶壺で延々と繰り返し飲んでみたいです。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【奈良県】TEA FARM MITOCHA:-緋-いろは2017-2

【奈良県】TEA FARM MITOCHA: 緋いろは2017

【 緋いろは2017 :この紅茶について】 緋いろは2017 は吉田山大茶会で購入しました。 初めて買った紅茶なので、どのような中身なのか楽しみです。 奈良県は、だんだん紅茶を作っている人が表に出てく …

no image

【佐賀】うれしの紅茶振興協議会:嬉野紅茶

【茶葉】 茎も繊維も多いです。ただ、粉末の選り分けがしっかりしているのか見た目はひどくありません。自己選別、あらためて必要かな・・・とか思ってしまいます。 【水色】 水色は浅目。少し酸味がある。かすか …

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

【静岡県】益井園:かほりふぁあすと2017-2

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】 かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。 香駿という品種のファーストフラッシュです。 もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し …

アーカイブ