国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016

投稿日:

【この紅茶について】

静岡県の農家さんの紅茶です。
品種は紅茶品種のべにふうきで、静岡県の「ふじのくに山のお茶100選」認定紅茶です。
静岡県はお茶生産日本一ですが、今や紅茶も日本で一二を争う生産量と言われています。
今最も熱の入っている産地の一つです。

ものすごく多くの種類があるので、一概に「静岡県の紅茶」と言えない状態にあります。
一つ一つ楽しむ機会が増えて嬉しいです。

【茶葉】

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-1
茶葉は大きめの葉がきれいに撚り合っている形状です。
一つ一つが大変重いので、見た目少なく見えてもしっかり量があります。
こういうお茶は、中国茶を意識したものに多い傾向です。
こちらもそういう作りなのか、それとも別の意図があったのか是非に知りたいです。

【水色・味・香り】

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙色です。
香りは、少し青目の葉っぱのような香りです。
例えるなら、包種茶みたいな香りです。
すごく中国茶っぽいです。
味は少し甘めです。ちょっと薄いので白湯っぽいです。

味の系統は清廉系です。

というか、本当に文山包種とかそっち系の味です。
なんか紅茶じゃないみたい。
これをべにふうきで出すって、一体何をしたんだろうって思います。

しばらく経つと以下のように変わりました。
水色はきれいな赤色で、カップの内側に黄色のリングが縁取られています。
香りは、ぐっと先程の香りが濃くなりました。
ふんわりと優しい香りです。
文山包種とか大寒烏龍とかそういう系統の香りです。
味はきりりと渋みが出てきました。

これ、朱色の烏龍茶って言っていいんじゃないですか?

【茶殻】

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-3
一つ一つきっちりした茶葉が全部開いたような形状です。
日本のお茶というよりも、やはり中国茶に多い形状です。
一つ一つが切れたり崩れたりしていないので、あの香りや味になるのかなとか思ってしまうのですが、いかがでしょうか。
少なくとも、この紅茶は何煎でも煎を重ねられるお茶かと思います。
次は、中国茶のように、茶壺で延々と繰り返し飲んでみたいです。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016

【この紅茶について】 直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世話になっているおなじみの茶農家さんです。 紅茶にかける情熱は大きいもので、会うと必ず「良い紅茶があっ …

no image

【栃木県】大金茶園;那須野紅茶

【納得いかない場合は販売しないという紅茶】 実際にお会いしたことはないので、伝聞要素が多いのですが、まずは、南山城紅茶の師匠筋に当たる紅茶です。そして、納得できなければ販売をしないという紅茶です。実際 …

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016-2

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 僕自身としては、初めての紅茶になります。 自然のままに、農薬や肥料を不使用で作られたお茶とのことです。 ナチュラル系の好きな方は …

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018-2

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018

【 みらいふぁすと2018 :この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 もう何度となく試飲記事をかいていますので、もはやお馴染みかと思います。 日本を代表する清廉系の国産紅茶です …

no image

【静岡】豊好園:やまかい

【この紅茶について】 多くの品種紅茶を送ってくださった豊好園さんの紅茶です。 今回は「やまかい」という品種で、緑茶に使われます。 ただ、こちらも他と同じようにそんなにも多く栽培されておらず、 こだわり …

アーカイブ