京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。
茶源郷祭りに行った時に、まっさきにこの和束紅茶さんに挨拶に行きました。
2013年の茶源郷祭りの際に、一緒に出店協力をしてくださったことと、あんまし僕自身が活動をしていなかったことも含めて挨拶をしないといけないなぁと感じていたこともありました。

今年からは、比較的動けますので、色んな所に行こうと思ってますが、やはり京都では南山城紅茶と合わせて和束紅茶さんは外せません。

【茶葉】

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-1
茶葉は、緑茶品種っぽいです。
細かくザクザク切った茶葉ではなく、ある程度大きさを保持したまま揃えた感じで、全体的にやや緑っぽく発酵の浅さを感じます。
実のところ、ガツンとした味でなく、ライトな感じを狙ったのかなと言うような、そんな茶葉です。

【水色・味・香り】

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙色です。
香りは、乾麺のような香りがします。
味は、軽い酸味がします。

味の系統は、滋納系です。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、クリアな赤色になりました。
香りは、小麦っぽい香りがします。
味は、酸味が強くほのかにカラメルのような風味がします。

長めに淹れると滋納系ですが、腰の強い紅茶になります。
お菓子よりも、食べ物と合わせたいなという気がします。
食中茶というよりも、食後に口を締めるのに使う感じです。

【茶殻】

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-2
茶殻は、大きく裁断された茶葉が短冊状に積層されている様に残ってました。
色々絡み合った感じではなく、一つ一つが独立した葉っぱとしてお湯を漂い、そして残った姿です。
茶葉が戻ったというよりも、紅葉した葉がそこにあるようなそんな感じがします。

何故か、こういう雰囲気の茶殻の国産紅茶は多いですよね。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

no image

【鹿児島】伸晃園:知覧紅茶かなや

【きっかけはツイッター】 正確には、伸晃園さんは販売のお茶屋さんで、作ってるのは鹿児島の塗木さんという茶農家さんです。テレビでも紹介されるエコファーマーの有名人で、紅茶用に品質を安定させるためのでっか …

no image

【静岡】豊好園:山の息吹

【この紅茶について】 この紅茶はフェイスブックで同じグループにいらっしゃいました豊好園さんに直接注文して購入しました。その時の注文の仕方が今でも覚えているんですが、商品を買ったというよりも『出来上がっ …

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016-2

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016

【この紅茶について】 埼玉県の紅茶で品種は緑茶に使われるおくみどりです。 意外と、紅茶にやぶきた以外の品種としておくみどりを使われる方が多くいらっしゃいます。 製法によって、独特な清廉よりの国産紅茶を …

【大分県】きつき紅茶:べにひかりオータムナル2016-2

【大分県】きつき紅茶: きつき紅茶べにひかりオータムナル2016

【 きつき紅茶べにひかりオータムナル2016 :この紅茶について】 きつき紅茶べにひかりオータムナル2016 は、大分県杵築市で作られている紅茶です。 芦屋のティーハウスムジカでも取り扱っている紅茶で …

アーカイブ