京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。
茶源郷祭りに行った時に、まっさきにこの和束紅茶さんに挨拶に行きました。
2013年の茶源郷祭りの際に、一緒に出店協力をしてくださったことと、あんまし僕自身が活動をしていなかったことも含めて挨拶をしないといけないなぁと感じていたこともありました。

今年からは、比較的動けますので、色んな所に行こうと思ってますが、やはり京都では南山城紅茶と合わせて和束紅茶さんは外せません。

【茶葉】

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-1
茶葉は、緑茶品種っぽいです。
細かくザクザク切った茶葉ではなく、ある程度大きさを保持したまま揃えた感じで、全体的にやや緑っぽく発酵の浅さを感じます。
実のところ、ガツンとした味でなく、ライトな感じを狙ったのかなと言うような、そんな茶葉です。

【水色・味・香り】

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-2

3分淹れました。
水色は、薄い橙色です。
香りは、乾麺のような香りがします。
味は、軽い酸味がします。

味の系統は、滋納系です。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、クリアな赤色になりました。
香りは、小麦っぽい香りがします。
味は、酸味が強くほのかにカラメルのような風味がします。

長めに淹れると滋納系ですが、腰の強い紅茶になります。
お菓子よりも、食べ物と合わせたいなという気がします。
食中茶というよりも、食後に口を締めるのに使う感じです。

【茶殻】

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-2
茶殻は、大きく裁断された茶葉が短冊状に積層されている様に残ってました。
色々絡み合った感じではなく、一つ一つが独立した葉っぱとしてお湯を漂い、そして残った姿です。
茶葉が戻ったというよりも、紅葉した葉がそこにあるようなそんな感じがします。

何故か、こういう雰囲気の茶殻の国産紅茶は多いですよね。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017-2

【静岡県】井村製茶: 金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017

【 金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017 :この紅茶について】 金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017 は、東京で行われたエコ茶会にて購入しました。 昔、縁がありまして一度試飲をさせてい …

no image

【岡山】寿園:ももたろう紅茶

【茶葉】 茶葉は図りやすくそろえて丁寧に仕上がってます。重さをはかってた時に、わずかな誤差も調整できるように綺麗にそろってました。手間がかかってるなと感じます。 【水色】 3分では薄いかもしれない。渋 …

no image

【岡山】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、去年(2012年)の地紅茶サミットの開催地岡山県高梁市の紅茶で、 主催者グループの作っているものです。 元々は農家グループの地紅茶だったのですが、今メインで作っていら …

no image

【奈良】葉香製茶:おくみどり

【この紅茶について】 毎度お世話になっております奈良の葉香製茶さんの紅茶です。おくみどりは実験を兼ねてもらったものなんですよね。そのまま製品でもありますので、紹介させてもらいます。 【茶葉】 茶葉は、 …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

アーカイブ