京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016

投稿日:2017年2月17日

【この紅茶について】

直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世話になっているおなじみの茶農家さんです。
紅茶にかける情熱は大きいもので、会うと必ず「良い紅茶があったら紹介してくれ。もっと知りたいんだ」ったおっしゃってくれます。
本当に勉強熱心で、そして、必ず紅茶に反映させてくれる農家さんです。

その方の幾つかの商品ラインナップの一つです。
正直品種はよくわかりません。
多分、聞けば教えてくれるのでしょうが、緑茶の品種だと思ってます。
最近は結構アグリッシブにいろんな所に行かれているようです。
いろんな所でいろんな人と知り合い、そしてご自身にフィードバックを繰り返しているさまを見ると、今後ももっと期待したくなります。

【茶葉】

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-1
茶葉は撚りがすごくきれいです。
ある程度形の近い茶葉をきれいに揉み上げたような形です。
総じて、茶葉は重めです。
密度の高い茶葉で、いろんな物をギュッと押し固めたようなそんな感じがします。

【水色・味・香り】

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2
3分淹れました。
水色は、黄色がかった茶色です。
香りは甘いワラのような香りです。
(意味不明ですみません。ワラの香りなのですが、甘い香りです)
味は軽く酸味がかかってます。
スッキリしてて飲みやすいです。

味の系統は滋納系です。

しばらく淹れると以下のように変化しました。
水色が明るい赤になりました。
香りは甘さがより深まりました。
味は軽く香ばしくなりましたが、すっきり感そのままです。
そのまま漬け込んでも大丈夫な感じですね。

いつも試飲用にいは400mlの急須を使うのですが、もっと多く淹れてゆっくりお湯を継ぎ足ししながら飲んでいたいなと感じました。

まるで中国茶みたいな飲み方ですがね。

【茶殻】

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-3
茶殻は、全体的に同じサイズ感の茶葉です。
そして、きれいに広がった茶葉は、抽出中お湯の中を自由に泳ぎ回っていたなぁという感じがします。

残り香りは、青々しく、甘さに関わる部分をお茶に渡したのかなと言う感じです。
ただ全体的にまだ出そうな気配がします。
中国茶のようにお湯を足しながら飲みたいなと思うような紅茶です。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

no image

【茨城】長野園:のびのび和紅茶

【茶葉】 最初の印象は『南山城紅茶を綺麗に選別したらこんな感じかな』って思いました。撚りもきっちりあって、ちゃんと紅茶の形になってます。こうまじまじと見てみないと、形状ってなかなかわかりませんね。 【 …

no image

【静岡】豊好園:やぶきた

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶です。 最近わかったことがありまして、この豊好園さんの緑茶が 宮中に献上されるお茶になったと、豊好園さんからのDMで判明しました。 紅茶に合わせて …

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

【富山】富山紅茶の会:くれはの紅茶

この紅茶の事 この紅茶は、富山の紅茶ですが、作るのは鳥取の陣構茶生産組合で作られてます。ですが、茶葉は富山のお茶で、富山産の紅茶です。これと似た方式で作っているのが、加賀の紅茶で、そちらは、加賀市で取 …

アーカイブ