国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド)

投稿日:2017年12月11日

【 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) :この紅茶について】

宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) は、シングルオリジンの時に買いました。
いつもおなじみ宮崎茶房さんのやまなみです。
ただ、『吉田山大茶会で持ってきてないもの』という言い方をしたがために、ご迷惑をおかけしました。
ありがとうございます。
吉田山でも『今年初めて持ってきたの』って言い方をしますので、よろしくお願いします。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) 1
大ぶりの茶葉がやや太めにぐりぐりと撚られてます。
重さと力強さを感じます。
全体的に青っぽい茶葉です。
摘んでそのまま裁断せずにそのまま撚り上げたという感じがします。
日本の紅茶の感じが全くしません。
というか海外の紅茶でもあまり見ませんので、宮崎茶房さんらしい茶葉と言えるでしょう。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) 2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、樹皮や生木のような香りがします。
味は、ほんのり甘いです。

味の系統は、滋納系です。このまま温度が落ち着けばサラリと飲めそうです。
淹れたばかりはやはり熱いので。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、やや濃い目の赤橙色になりました。
香りは、軽く若草のような香りがまざってますが大まかには樹皮のような香りです。
味は、甘みと軽い酸味と渋みとコクを感じます。

わかりやすい滋納系です。和菓子が欲しくなります。アンコが嬉しいです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) 3
茶殻は摘んでそのまま製茶した感じがよくわかります。
茶の木にそのままにしてあっても違和感がないくらい生き生きとした形で戻ってます。
カサも一気に増え、急須いっぱいに膨れ上がってます。
あんなにも重厚感があったのに、それでも収縮していたと考えると、茶葉の凄さを感じます。

お茶の風味がとてもやわらかい紅茶でした。
リラックスして緊張をほぐしたい時におすすめできそうです。
もちろん、そのままでもいいですが、やはり和菓子など柔らかな風味のお茶請けと合わせていただくことがいいかと思います。
これはアンコと合いそうです。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【愛媛県】 農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶オータムナル(2016)

【この紅茶について】 2013年にこの紅茶の試飲レビューを書いています。 久々の試飲って事になります。 (過去記事:てっぺん紅茶) 2013年も、そして今も作ってるんだなぁって思うと継続は本当に大事だ …

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

no image

【大分】高橋製茶:和紅茶by吉四六の里

【この紅茶について】 この紅茶は、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の舞台になりました、高橋製茶さんの紅茶です。元々、大分は熊本と同じく『国産紅茶発祥の地』として知られていますが、紅茶の農家はそんなにも …

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶輝2018-2

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶『輝』2018

【 加賀の紅茶『輝』2018 この紅茶について】 この紅茶は、石川県加賀市の打越製茶農業協同組合の有志の方々と石川県茶商工業協同組合で作られている加賀地方の紅茶です。 毎年、打越の製茶場で製茶されてい …

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2014(熟成紅茶)-2

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房みねかおり2014(熟成紅茶)

【 宮崎茶房みねかおり2014(熟成紅茶) :この紅茶について】 宮崎茶房みねかおり2014(熟成紅茶) は、宮崎県の宮崎茶房さんの紅茶です。 ただ、普通の紅茶じゃなくて、2014年に作られた紅茶を倉 …

アーカイブ