国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド)

投稿日:2017年12月11日

【 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) :この紅茶について】

宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) は、シングルオリジンの時に買いました。
いつもおなじみ宮崎茶房さんのやまなみです。
ただ、『吉田山大茶会で持ってきてないもの』という言い方をしたがために、ご迷惑をおかけしました。
ありがとうございます。
吉田山でも『今年初めて持ってきたの』って言い方をしますので、よろしくお願いします。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) 1
大ぶりの茶葉がやや太めにぐりぐりと撚られてます。
重さと力強さを感じます。
全体的に青っぽい茶葉です。
摘んでそのまま裁断せずにそのまま撚り上げたという感じがします。
日本の紅茶の感じが全くしません。
というか海外の紅茶でもあまり見ませんので、宮崎茶房さんらしい茶葉と言えるでしょう。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) 2

3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、樹皮や生木のような香りがします。
味は、ほんのり甘いです。

味の系統は、滋納系です。このまま温度が落ち着けばサラリと飲めそうです。
淹れたばかりはやはり熱いので。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、やや濃い目の赤橙色になりました。
香りは、軽く若草のような香りがまざってますが大まかには樹皮のような香りです。
味は、甘みと軽い酸味と渋みとコクを感じます。

わかりやすい滋納系です。和菓子が欲しくなります。アンコが嬉しいです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房やまなみOGATABATA2017(セカンド) 3
茶殻は摘んでそのまま製茶した感じがよくわかります。
茶の木にそのままにしてあっても違和感がないくらい生き生きとした形で戻ってます。
カサも一気に増え、急須いっぱいに膨れ上がってます。
あんなにも重厚感があったのに、それでも収縮していたと考えると、茶葉の凄さを感じます。

お茶の風味がとてもやわらかい紅茶でした。
リラックスして緊張をほぐしたい時におすすめできそうです。
もちろん、そのままでもいいですが、やはり和菓子など柔らかな風味のお茶請けと合わせていただくことがいいかと思います。
これはアンコと合いそうです。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

no image

【高知】秀平農園:四万十紅茶

【茶葉】 形状を見ると、紅茶というよりも、煎茶です。しかも、しっかり丁寧に作られた煎茶と同じような形になってます。選別も思いのほかきっちりしているみたいで、多くは葉です。茶葉もカサの割にちゃんと重さも …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

【大分県】蛍茶園:紅蛍2017(ティーバッグ)-2

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】 この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。 今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。 前に一度試飲記事を …

アーカイブ