国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

投稿日:2017年4月2日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。
紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は昔から見られます。
その代表格が「ラプランスーチョン」です。
日本でも、和製の着香茶を目指して、いろいろな農家さんでチャレンジを行っております。
いろんな種類の燻製紅茶が出ていますので、これを探すのも一つの楽しみと言えるでしょう。

【茶葉】

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-1
茎が散見しますが、全体的にバラバラした感じの茶葉です。
製茶をしてから、バラバラ砕いたのかなという感じがします。
もしかすると燻製をする時に一度手を入れているのかもしれません。
軽く見た程度では、非常に粉っぽい紅茶です。

【水色・味・香り】

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

3分淹れました。
水色は、明るめの茶色です。
香りは、正露丸っぽい香りがします。薬草系です。
味は、サラリとさっぱりした風味なのですが、鼻から抜ける香りが正露丸です。

味の系統は、清廉系になります。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い朱色になりました。
香りは、ますます正露丸です。まさしく正露丸です。
味は、軽く酸味が広がります。鼻から抜ける香りに正露丸香は強くません。

傾向として、正露丸香を楽しみたいなら、浅めに淹れると良いと思います。
紅茶として楽しみたいなら、じっくりと淹れるほうがいいでしょう。

【茶殻】

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-3
茶殻は、茶葉を膨らませたような感じですが、全体的にきれいな形状をしてます。
残り香は、そこまで正露丸ではなく、普通の紅茶の残りがと同じように、木の皮や乾いた葉のような香りがします。
香りの正露丸の部分は、やはり、着香した香りなんだなと改めて確認できる茶殻です。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【大分】高橋製茶:和紅茶by吉四六の里

【この紅茶について】 この紅茶は、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の舞台になりました、高橋製茶さんの紅茶です。元々、大分は熊本と同じく『国産紅茶発祥の地』として知られていますが、紅茶の農家はそんなにも …

no image

【熊本】天の製茶園:天の上紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、前に再掲載した天の紅茶の上位品目です。天の紅茶ですらあのクオリティーなのにまだ上があるのかと驚くばかりです。この商品があることを知ったのは、仲介させてもらうために天野 …

no image

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

【この紅茶について】 静岡丸子の丸子紅茶です。先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだとよく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。 このべにひかりは、実は今年 …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

【神奈川県】如春園:こゆるぎ紅茶2017-2

【神奈川県】如春園: こゆるぎ紅茶2017

【 こゆるぎ紅茶2017 :この紅茶について】 こゆるぎ紅茶2017 は、SNSで紹介を受け購入しました。 神奈川県の紅茶自体が初めての購入です。 神奈川県で紅茶を作っていることはいくつか確認はしてい …

アーカイブ