国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

投稿日:2017年4月7日

【この紅茶について】

この紅茶は。地紅茶サミット奈良で購入しました。
ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入している茶農家さんです。
なので、ここでは「吉田山で出していない紅茶を下さい」とリクエストしました。
それで出てきたのが、このべにふうきです。
いろんな品種を作っていると聞いているのですが、べにふうきは初めてです。
個性的で良い紅茶を作る農家さんなだけに、この仕上がりも楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-1
茶葉は、摘んでそのまま包種茶を作るような感じの作り方をしたような形状です。
正直、普通の紅茶にも見えませんし、日本で作っているようにも見えません。
「これ、新手の台湾茶でして」というと普通に騙されそうです。
この茶葉は、普通にかじりたいという人いるだろうなってそんな感じです。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

3分淹れました。
水色は、朱がやや強めの橙色です。
香りは、若葉の芽のような香りです。一番的確なのは、青目の岩茶の香りです。ほぼ中国茶。
味は、キッと渋さを感じた後で、ふんわり甘さが広がります。
コレは紅茶って言って良いんでしょうか?
普通に茶壺で中国茶の様に飲みたいです。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い朱色になりました。カップの縁に黄色にリングができています。
香りは、先程の葉の芽のような香りが強くなりました。ますます青目の岩茶のような香りがします。正直、紅茶ではなく青茶の香りです。
味は、ぐっと渋くなりました。一部の遠慮もない渋さです。

紅茶と言うにはあまりにも強い個性です。
飲み方は絶対に紅茶じゃないなというのは確信持てました。
次は茶壺で中国茶の様に飲むのが一番いいですね。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-3
茶殻は、撚った茶葉がそのまま元の形に広がった感じです。
摘んできてたままの茶葉がそのまま赤くなってしまったようなそんなみずみずしさです。
本当にお茶にしたのですかと思いたくなります。
ちなみに、まだ出そうなので、そのまま捨てるのは実に忍びない茶殻に成りました。
(普通に中国茶の様に淹れれば、5~7煎は淹れられそうです)

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

【佐賀】うれしの紅茶振興協議会:嬉野紅茶

【茶葉】 茎も繊維も多いです。ただ、粉末の選り分けがしっかりしているのか見た目はひどくありません。自己選別、あらためて必要かな・・・とか思ってしまいます。 【水色】 水色は浅目。少し酸味がある。かすか …

no image

【京都】椿堂:京都紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時にいろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。自転車で行ったの …

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

日東紅茶2017国産紅茶パッケージ

純国産紅茶Japanease Black Tea 試飲レビュー【日東紅茶】

【 純国産紅茶Japanease Black Tea :この紅茶について】 純国産紅茶Japanease Black Tea は、日東紅茶(三井農林)が2015年9月に販売をプレスリリースした国産紅茶 …

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶2017-2

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶2017

【 加賀の紅茶2017 :この紅茶について】 加賀の紅茶2017は、石川県で作られた紅茶です。 2009年から販売が始まり、今年で8年目を迎えました。 この間、いろいろ試行錯誤を繰り返しながら改善を身 …

アーカイブ