国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

投稿日:2017年4月7日

【この紅茶について】

この紅茶は。地紅茶サミット奈良で購入しました。
ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入している茶農家さんです。
なので、ここでは「吉田山で出していない紅茶を下さい」とリクエストしました。
それで出てきたのが、このべにふうきです。
いろんな品種を作っていると聞いているのですが、べにふうきは初めてです。
個性的で良い紅茶を作る農家さんなだけに、この仕上がりも楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-1
茶葉は、摘んでそのまま包種茶を作るような感じの作り方をしたような形状です。
正直、普通の紅茶にも見えませんし、日本で作っているようにも見えません。
「これ、新手の台湾茶でして」というと普通に騙されそうです。
この茶葉は、普通にかじりたいという人いるだろうなってそんな感じです。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

3分淹れました。
水色は、朱がやや強めの橙色です。
香りは、若葉の芽のような香りです。一番的確なのは、青目の岩茶の香りです。ほぼ中国茶。
味は、キッと渋さを感じた後で、ふんわり甘さが広がります。
コレは紅茶って言って良いんでしょうか?
普通に茶壺で中国茶の様に飲みたいです。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い朱色になりました。カップの縁に黄色にリングができています。
香りは、先程の葉の芽のような香りが強くなりました。ますます青目の岩茶のような香りがします。正直、紅茶ではなく青茶の香りです。
味は、ぐっと渋くなりました。一部の遠慮もない渋さです。

紅茶と言うにはあまりにも強い個性です。
飲み方は絶対に紅茶じゃないなというのは確信持てました。
次は茶壺で中国茶の様に飲むのが一番いいですね。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-3
茶殻は、撚った茶葉がそのまま元の形に広がった感じです。
摘んできてたままの茶葉がそのまま赤くなってしまったようなそんなみずみずしさです。
本当にお茶にしたのですかと思いたくなります。
ちなみに、まだ出そうなので、そのまま捨てるのは実に忍びない茶殻に成りました。
(普通に中国茶の様に淹れれば、5~7煎は淹れられそうです)

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。 今年に入って試飲をしている一つです。 こちらも、 …

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-2

【熊本県】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶べにふうき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、今年地紅茶サミットが開かれる熊本県水俣市の紅茶です。 水俣市は多くの高品質な紅茶を作る地域で、今のところ「ハズレを探すのが難しい地域」になります。 2013年にここの …

no image

島根:西製茶所:出雲国の紅茶

Twitterで『知り合いばかりでステマっぽいので、そうでない茶園のを書きたい』のようなことを書きました。 まあ、ただ、今の段階で買うにもしんどい所では、紹介の意味もないな・・・なんて思いまして、その …

no image

【静岡】豊好園:つゆひかり

【この紅茶について】 たくさん送ってもらっている豊好園さんの紅茶の一つです。 つゆひかりという品種も普段触れることはありませんけども、これも緑茶の品種です。 ほんとに数多くの品種をまるで試験場かと思う …

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2017-2

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2017

【この紅茶について】 この紅茶は、愛知県尾張旭市で行われました『国産紅茶グランプリ』の金賞として選ばれた紅茶です。 シングルオリジンティーフェスティバルにて販売されていたものを購入してきました。 ハサ …

アーカイブ