国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016

投稿日:2017年4月7日

【この紅茶について】

この紅茶は。地紅茶サミット奈良で購入しました。
ただ、宮崎茶房さんは、毎年吉田山大茶会で購入している茶農家さんです。
なので、ここでは「吉田山で出していない紅茶を下さい」とリクエストしました。
それで出てきたのが、このべにふうきです。
いろんな品種を作っていると聞いているのですが、べにふうきは初めてです。
個性的で良い紅茶を作る農家さんなだけに、この仕上がりも楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-1
茶葉は、摘んでそのまま包種茶を作るような感じの作り方をしたような形状です。
正直、普通の紅茶にも見えませんし、日本で作っているようにも見えません。
「これ、新手の台湾茶でして」というと普通に騙されそうです。
この茶葉は、普通にかじりたいという人いるだろうなってそんな感じです。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-2

3分淹れました。
水色は、朱がやや強めの橙色です。
香りは、若葉の芽のような香りです。一番的確なのは、青目の岩茶の香りです。ほぼ中国茶。
味は、キッと渋さを感じた後で、ふんわり甘さが広がります。
コレは紅茶って言って良いんでしょうか?
普通に茶壺で中国茶の様に飲みたいです。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い朱色になりました。カップの縁に黄色にリングができています。
香りは、先程の葉の芽のような香りが強くなりました。ますます青目の岩茶のような香りがします。正直、紅茶ではなく青茶の香りです。
味は、ぐっと渋くなりました。一部の遠慮もない渋さです。

紅茶と言うにはあまりにも強い個性です。
飲み方は絶対に紅茶じゃないなというのは確信持てました。
次は茶壺で中国茶の様に飲むのが一番いいですね。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房:五ヶ瀬紅茶べにふうきMIMIZAKO2016-3
茶殻は、撚った茶葉がそのまま元の形に広がった感じです。
摘んできてたままの茶葉がそのまま赤くなってしまったようなそんなみずみずしさです。
本当にお茶にしたのですかと思いたくなります。
ちなみに、まだ出そうなので、そのまま捨てるのは実に忍びない茶殻に成りました。
(普通に中国茶の様に淹れれば、5~7煎は淹れられそうです)

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【埼玉県】大西園:ふくみどり紅茶2016-2

【埼玉県】大西園:ふくみどり紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 複数ありました大西園さんのふくみどりという品種の紅茶です。 概ね作りがいいので、この紅茶も期待します。 丁寧な茶葉だなぁって他のを見て …

no image

【静岡】竹内園:紀文紅茶(きーもんてぃー)

【この紅茶について】 この紅茶はとぷとぷ紅茶と同じく、『おちゃうけ屋』さんで買いました。ネットショップ以外では、いつもお世話になっております十三の茶淹さんでも取り扱っています。名前の『紀文紅茶(きーも …

no image

【奈良】葉香製茶:100年在来

【この紅茶について】 この紅茶は、奈良・月ヶ瀬で茶農家をしておられる葉香製茶さんの紅茶で作られたのは、自身の家が100年以上栽培している在来品種で作った紅茶です。 【茶葉】 まあ、直接の知り合いなので …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶香駿2015-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶香駿2015

【この紅茶について】 この紅茶は、東京の茶農家さん木下さんから頂きました。 ここは「東京紅茶」という紅茶を作って販売してます。 年々、紅茶の品質が高くなってきて、「いわゆる国産紅茶」の枠から抜け出る個 …

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド2

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房みねかおり2017 ※多分セカンド

【 宮崎茶房みねかおり2017 :この紅茶について】 宮崎茶房みねかおり2017 はおなじみ宮崎茶房さんの紅茶です。 シングルオリジンで購入しました。 『多分セカンド』と書いたのは、当日そう聞いていた …

アーカイブ