京都府 国産紅茶レビュー

【京都府】(株)和束紅茶: 京都和束紅茶かをり2018

投稿日:2020年3月22日

【 京都和束紅茶かをり2018 この紅茶について】

今回は、京都府の和束紅茶さんの 京都和束紅茶かをり2018 をご紹介します。

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶かをり2018-パッケージ

このかをりは、過去になかったので、新商品です。
香りとやさしい味に重点を置いた紅茶ということで、ある意味日本人好みに仕上がってるのではないでしょうか。
実際に飲んでみて、どのような紅茶かのか確認してみましょう。

同じ商品ではないのですが、他の和束紅茶と比較をしていただければ幸いです。
和束紅茶

【茶葉】

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶かをり2018 -1
茶葉は芯が太く、しっかりしてます。
長さも均一で大変計量もしやすく扱いやすい茶葉です。
製茶をする時の仕上げの丁寧さが伺えれます。

【水色・味・香り】

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶かをり2018 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、綿菓子のようなカラメルのようなアーモンドのような若干焦げのようなそんな香りです。
味は、ほんのり甘さとコクを感じます。

味の系統は、滋納系ですが、時間を置くと変わるかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、アーモンドの香りが強くなりました。
味は、甘みがなりを潜め、コクと香ばしさが全面に出てきました。

味の系統はからわず滋納系です。

【茶殻】

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶かをり2018 -3
茶殻は綺麗に開きました。
収まりもよく、裁断も綺麗にわかります。
淹れ方次第ですが、複数回淹れれるような茶殻です。
もっと落ち着いて淹れるのもいいかなぁと言う雰囲気も感じられます。

【 京都和束紅茶かをり2018 この紅茶での飲み方の提案】

ゆっくり時間をかけて淹れられる紅茶なので、少し大きめのティーポットで淹れるのがいいでしょう。

茶葉の扱いがしやすいので、作業中のお茶としてもいいですし、和菓子等甘さが穏やかなお菓子と合わせてもいいと思います。
香りがそこまで個性的で強くもないので、食べ物との相性は問題なくオールマイティーに使えます。

3分と短い時間でもそれなりに味や香りを楽しめれるので、お茶の時間の最初のお茶として使うこともおすすめできます。

とにかく、使い勝手のいい紅茶です。下手な海外の紅茶よりも落ち着いてて、使いやすいです。
作られた杉本さんが、これを含む最近の和束紅茶全般をその様に意図をもって作っているのかなと言う感じがします。
正直、これでそこそこ人気が出なければおかしいよなと、個人的に思ってます。

見た目が非常にきれいなので、自分だけの利用だけでなく人に送るのも最適です。

和束紅茶にご興味を持たれましたらぜひご覧いただければと思います。

夢見る紅茶びと和束紅茶

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【京都府】南山城紅茶プロジェクト: 南山城紅茶手摘みプレミアム2016 -茶液

南山城紅茶手摘みプレミアム2016 :南山城紅茶プロジェクト【京都府】

【 南山城紅茶手摘みプレミアム2016 この 和紅茶 について】 南山城紅茶手摘みプレミアム2016 は、南山城紅茶プロジェクトがコンテスト用に制作した 和紅茶 です。 べにふうきの茶葉を手摘みにして …

塚本製茶20130809 母子産紅茶2012 -茶液

母子産紅茶2012 : 塚本製茶 【兵庫県三田市】

今回の和紅茶は、兵庫県の塚本製茶さんの 母子産紅茶2012 をご紹介します。 【 母子産紅茶2012 茶葉】 茎・繊維はきっちり入ってるので、多分、意識してないのかと。 ただ、50g350円なんので、 …

【静岡県】マルヒ製茶:マルヒ製茶武蔵香春摘み2019-パッケージ

マルヒ製茶武蔵香春摘み2019 :マルヒ製茶【静岡県】

【 マルヒ製茶武蔵香春摘み2019 この和紅茶について】 今日の和紅茶は、静岡県のマルヒ製茶さんの マルヒ製茶武蔵香春摘み2019 をご紹介します。 静岡は、発酵茶ラボを始め、静岡県全体で紅茶生産に取 …

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-2

【静岡県】益井園:益井紅茶 みおぷれみあむ2017

【 みおぷれみあむ2017 :この紅茶について】 みおぷれみあむ2017 は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 茶品種の香駿の中でもよりすぐったものをこの名前をつけています。 なので、香りの広がり方が尋 …

20130830 高梁紅茶2012 -2

【岡山県】百姓のわざ伝承グループ: 高梁紅茶2012

【 高梁紅茶2012 この紅茶について】 高梁紅茶2012 は、去年(2012年)の地紅茶サミットの開催地岡山県高梁市の紅茶で、主催者グループの作っているものです。 元々は農家グループの地紅茶だったの …

アーカイブ