国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016

投稿日:2017年3月16日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
農家さんの名前は聞いたことがあるのですが、どこで買ったか記憶にありません。
過去に試飲したか調べてみましたが、いまいちヒットせず。
どこだっただろうとつくづく思ってます。

【茶葉】

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-1

ティーバッグに入ることを前提としているのか、葉も茎も全てが細かいです。
さっと出すために、わざとこのような形状にしているのかなと思います。
ティーバッグにじっくり淹れるというよりかは、ほんとに手軽に飲むために考えて加工してるのだと思います。
茶葉の形へのこだわりというのも一つあると思いますが、手軽さを追求するというのも、一つの方法だと思います。

【水色・味・香り】

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-2
3分淹れました。
水色は、軽めな朱色です。
香りは、草の茎のような香りがします。青っぽいわけではなく若干枯れ葉っぽいです。
味は、少しだけ酸味が効いてます。葉っぱをかんだようなそんな味です。
3分でも味は濃いです。
さすがティーバッグ用に崩してあるだけあります。
むしろ、それを見越して濃いめに出る茶葉に仕上げてきたのかもしれません。
つけっぱなしの紅茶が濃そうだなとふと思います。

味の系統は、滋納系に分類されます。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い朱色になりました。
香りは、炊きたてのご飯っぽい香りがします。
味は、渋みと酸味ががっつりとのってます。随分濃いです。
ある程度、予想通りかなと思いました。

やはり、2~3分で引き上げるのが良いかと思いました。
ただ、こんだけ濃いならば、1煎目をさっとあげて、2煎目を淹れられそうな感じがします。
ただ、滋納系であることは間違いないですが。

【茶殻】

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-3

細った茶葉が、一つづつ開いた感じです。
小さなチップが収まっています。
もっとカサがあるのかなと思ってたのですが、思った以上に収まりの良い茶殻です。
キレイに落ち着くんだなと思いました。
香りは、まだまだお茶らしい香りが残ってて、まだまだ淹れられそうな気配がします。
ふと、日本の紅茶というよりも、台湾紅茶や中国紅茶のような雰囲気を感じました。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【岐阜】新世紀工房:東白川生まれの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、「都道府県集中注文」の時に、一気に買った岐阜県産紅茶の一部です。岐阜県は「白川茶」で代表されるお茶の産地です。こちらでも、いくつかの茶農家さんがチャレンジをして紅茶を …

no image

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』と書きました。 今回はそのFF(一番茶)ですので、 こんな感じに青いです。インドのカングラみたいといえば …

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。 静岡は生産者がどんどん増えている地域です。 ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。 この方の紅 …

no image

【静岡】㈲人と農・自然をつなぐ会:瀬戸谷もみじ 国産紅茶

【この紅茶について】 『人と農・自然をつなぐ会』は長い間完全無農薬・有機で栽培していらっしゃる会社です。ここの紅茶は、当初から紅茶専用工場を持っていただけでなく、長年スリランカ・インドに研修に行き、向 …

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016-2

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良2016で購入した国産紅茶です。 多分、初めて見るんじゃないかなって気がします。 ただ、初めて作ったような気がしませんでした。 僕が見るのが初めてなのかもしれま …

アーカイブ