国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016

投稿日:2017年3月16日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
農家さんの名前は聞いたことがあるのですが、どこで買ったか記憶にありません。
過去に試飲したか調べてみましたが、いまいちヒットせず。
どこだっただろうとつくづく思ってます。

【茶葉】

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-1

ティーバッグに入ることを前提としているのか、葉も茎も全てが細かいです。
さっと出すために、わざとこのような形状にしているのかなと思います。
ティーバッグにじっくり淹れるというよりかは、ほんとに手軽に飲むために考えて加工してるのだと思います。
茶葉の形へのこだわりというのも一つあると思いますが、手軽さを追求するというのも、一つの方法だと思います。

【水色・味・香り】

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-2
3分淹れました。
水色は、軽めな朱色です。
香りは、草の茎のような香りがします。青っぽいわけではなく若干枯れ葉っぽいです。
味は、少しだけ酸味が効いてます。葉っぱをかんだようなそんな味です。
3分でも味は濃いです。
さすがティーバッグ用に崩してあるだけあります。
むしろ、それを見越して濃いめに出る茶葉に仕上げてきたのかもしれません。
つけっぱなしの紅茶が濃そうだなとふと思います。

味の系統は、滋納系に分類されます。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い朱色になりました。
香りは、炊きたてのご飯っぽい香りがします。
味は、渋みと酸味ががっつりとのってます。随分濃いです。
ある程度、予想通りかなと思いました。

やはり、2~3分で引き上げるのが良いかと思いました。
ただ、こんだけ濃いならば、1煎目をさっとあげて、2煎目を淹れられそうな感じがします。
ただ、滋納系であることは間違いないですが。

【茶殻】

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-3

細った茶葉が、一つづつ開いた感じです。
小さなチップが収まっています。
もっとカサがあるのかなと思ってたのですが、思った以上に収まりの良い茶殻です。
キレイに落ち着くんだなと思いました。
香りは、まだまだお茶らしい香りが残ってて、まだまだ淹れられそうな気配がします。
ふと、日本の紅茶というよりも、台湾紅茶や中国紅茶のような雰囲気を感じました。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【兵庫県】塚本製茶:母子産紅茶

茶葉 茎・繊維はきっちり入ってるので、多分、意識してないのかと。ただ、50g350円なんので、贅沢は言ってられないなって感じではあります。ばらばら感は否めない。これは貰いもんなんですが、買ったんは道の …

【熊本県】お茶のカジハラ:告茶春摘みべにふうき和紅茶2017-2

【熊本県】お茶のカジハラ:告茶春摘みべにふうき和紅茶2017

【この紅茶について】 この紅茶は、何度となく登場してます熊本県のお茶のカジハラさんの『告茶』シリーズです。 熊本といえば、今年地紅茶サミットが開催されます。 お茶のカジハラの梶原さんと言えば、この地紅 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(白ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、和束町の喜寿園さんの紅茶でしかも、『ホテルオークラ限定モデル』という今は買えないものです。ただ、だからといって特別だというわけでなく、通常発売されている赤ラベルと黒ラ …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016

【この紅茶について】 この紅茶は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している益井園さんです。 この記事で初めて知った方の …

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016-2

【長崎県】大西農園:べにふうき対馬紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 長崎のお茶は、隣の佐賀県の嬉野茶ほど有名ではないですが、ハウステンボスなどで世知原茶や雲仙茶を見ることがあります。 その中で、対馬 …

アーカイブ