国産紅茶レビュー 大分県

【大分】山片茶園:在来春(2013)

投稿日:2013年10月23日

【この紅茶について】

この紅茶は、おなじみ『山片茶園』の春に作った在来の紅茶です。
ただ、発酵が弱かったらしく、半発酵気味だということです。
どこまで半発酵気味7日、楽しみです。

【茶葉】

国産紅茶20131023山片茶園在来春1

茶葉は中国緑茶みたいになってます。
もしくは、釜炒り茶とかぐり茶とか。
そのままグラスに入れて熱湯かけて・・・というふうにしたいパターンです。

【水色】

国産紅茶20131023山片茶園在来春2

水色は明るい橙。
香りは、かすかに青茶のような香りがします。
味は軽く酸味がありますが、瞬時に消える程度。
紅茶・・・・?
というには難しいかな。
本人の言うとおり、『半発酵茶』なのかもしれない。
ただ、全体的に薄いので、本領はまだまだこれからでしょう。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はほんのり濃くなりましたが、まだ薄い。
香りは青茶っぽさが強めに成りましたが、まだ薄め。
味はほんのり甘くて鼻から抜ける香りが花の香なのですが、若干緑茶っぽいです。
本人も『半発酵かも』と言っていたので、そういう傾向になるのかなと思ってます。

【茶殻】

国産紅茶20131023山片茶園在来春3

茶殻は、『緑茶・・・かな』と思うような感じです。
というか、緑茶そのものです。
発酵度合いが違うとこうも違うものかなって感慨深いです。
こう考えると、『お茶作るのって難しいな・・・』って思います。

僕は飲みてなので好き勝手いい放題ですが、
こう思うと『安定して紅茶を作る』ということは、天候もそうだし製茶条件もそうだし
いろいろな複合条件を持って初めてなるんだなって改めて思いました。

そうおもって、『まずい→流し台』って考えずに、噛み締めて飲もうと思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】竹内園:紀文紅茶(きーもんてぃー)

【この紅茶について】 この紅茶はとぷとぷ紅茶と同じく、『おちゃうけ屋』さんで買いました。ネットショップ以外では、いつもお世話になっております十三の茶淹さんでも取り扱っています。名前の『紀文紅茶(きーも …

【鹿児島】屋久島紅茶2016-2

【鹿児島】屋久島紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、十三のお茶屋さん茶淹さんで購入しました。 2016年に購入したことは間違いないので、2016年産です。 ただし、どのシーズンかはわかりません。 鹿児島の紅茶は多いです …

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶: 和束紅茶みおく2017

【 和束紅茶みおく2017 :この紅茶について】 和束紅茶みおく2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016-2

【熊本県】天の製茶園:天の紅茶2016

【この紅茶について】 熊本県の天の紅茶は、もはや国産紅茶好きならば言わずと知れた農家さんです。 数多くの人が「国産紅茶でおすすめはどれですか?」と聞かれると、真っ先にこれをあげます。 天の紅茶さん香り …

アーカイブ