国産紅茶レビュー 大分県

【大分】山片茶園:在来春(2013)

投稿日:2013年10月23日

【この紅茶について】

この紅茶は、おなじみ『山片茶園』の春に作った在来の紅茶です。
ただ、発酵が弱かったらしく、半発酵気味だということです。
どこまで半発酵気味7日、楽しみです。

【茶葉】

国産紅茶20131023山片茶園在来春1

茶葉は中国緑茶みたいになってます。
もしくは、釜炒り茶とかぐり茶とか。
そのままグラスに入れて熱湯かけて・・・というふうにしたいパターンです。

【水色】

国産紅茶20131023山片茶園在来春2

水色は明るい橙。
香りは、かすかに青茶のような香りがします。
味は軽く酸味がありますが、瞬時に消える程度。
紅茶・・・・?
というには難しいかな。
本人の言うとおり、『半発酵茶』なのかもしれない。
ただ、全体的に薄いので、本領はまだまだこれからでしょう。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はほんのり濃くなりましたが、まだ薄い。
香りは青茶っぽさが強めに成りましたが、まだ薄め。
味はほんのり甘くて鼻から抜ける香りが花の香なのですが、若干緑茶っぽいです。
本人も『半発酵かも』と言っていたので、そういう傾向になるのかなと思ってます。

【茶殻】

国産紅茶20131023山片茶園在来春3

茶殻は、『緑茶・・・かな』と思うような感じです。
というか、緑茶そのものです。
発酵度合いが違うとこうも違うものかなって感慨深いです。
こう考えると、『お茶作るのって難しいな・・・』って思います。

僕は飲みてなので好き勝手いい放題ですが、
こう思うと『安定して紅茶を作る』ということは、天候もそうだし製茶条件もそうだし
いろいろな複合条件を持って初めてなるんだなって改めて思いました。

そうおもって、『まずい→流し台』って考えずに、噛み締めて飲もうと思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【福岡】おぼろ紅茶:奥八女上陽茶おぼろ紅茶(緑)

【この紅茶について】 これは前回のおぼろ紅茶(赤)でも触れましたが、福岡に行った知り合いからお土産でもらった国産紅茶です。なんで赤と緑と分けたのかな・・・って思ってたんですが、前の記事を読み直して思い …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

no image

【茨城】長野園:のびのび和紅茶

【茶葉】 最初の印象は『南山城紅茶を綺麗に選別したらこんな感じかな』って思いました。撚りもきっちりあって、ちゃんと紅茶の形になってます。こうまじまじと見てみないと、形状ってなかなかわかりませんね。 【 …

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

no image

【熊本】桜野園:さくら紅茶

【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみるといい茶葉だったんだな、って思います。 【水色】 水色は赤黒いけど …

アーカイブ