国産紅茶レビュー 大分県

【大分】山片茶園:在来春(2013)

投稿日:2013年10月23日

【この紅茶について】

この紅茶は、おなじみ『山片茶園』の春に作った在来の紅茶です。
ただ、発酵が弱かったらしく、半発酵気味だということです。
どこまで半発酵気味7日、楽しみです。

【茶葉】

国産紅茶20131023山片茶園在来春1

茶葉は中国緑茶みたいになってます。
もしくは、釜炒り茶とかぐり茶とか。
そのままグラスに入れて熱湯かけて・・・というふうにしたいパターンです。

【水色】

国産紅茶20131023山片茶園在来春2

水色は明るい橙。
香りは、かすかに青茶のような香りがします。
味は軽く酸味がありますが、瞬時に消える程度。
紅茶・・・・?
というには難しいかな。
本人の言うとおり、『半発酵茶』なのかもしれない。
ただ、全体的に薄いので、本領はまだまだこれからでしょう。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はほんのり濃くなりましたが、まだ薄い。
香りは青茶っぽさが強めに成りましたが、まだ薄め。
味はほんのり甘くて鼻から抜ける香りが花の香なのですが、若干緑茶っぽいです。
本人も『半発酵かも』と言っていたので、そういう傾向になるのかなと思ってます。

【茶殻】

国産紅茶20131023山片茶園在来春3

茶殻は、『緑茶・・・かな』と思うような感じです。
というか、緑茶そのものです。
発酵度合いが違うとこうも違うものかなって感慨深いです。
こう考えると、『お茶作るのって難しいな・・・』って思います。

僕は飲みてなので好き勝手いい放題ですが、
こう思うと『安定して紅茶を作る』ということは、天候もそうだし製茶条件もそうだし
いろいろな複合条件を持って初めてなるんだなって改めて思いました。

そうおもって、『まずい→流し台』って考えずに、噛み締めて飲もうと思います。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶べにふうき2016-1st

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 前にもこの農家さんの紅茶は紹介していますが、これはそのべにふうきです。 太田重喜製茶工場さんのべにふうきは、今まで飲んだ事がないか …

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

群馬子持紅茶2016春2

【群馬県】HOATEA:子持紅茶2016春

【この紅茶について】 この紅茶は、群馬県のお茶「子持茶」を紅茶にしたものです。 農家さんがただたんに作ったわけではなくて、 群馬県前橋市の紅茶専門店「ティーストア」(HOATEA)さんが監修してます。 …

no image

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

【この紅茶について】 丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。前世代から継続的に引き継いで …

アーカイブ