国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

投稿日:2017年2月28日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。
自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。
紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。
農家の人の思いがそうさせ続けているのかなと思います。

そういうノンケミカルなお茶を求めている人の数も多く、話をすると随分高い確率で「自然農法のお茶紹介して」と言われます。

紹介するまでもなく、軽くネットで検索するとすぐに見つかるくらい、増えているんですけどね。

【茶葉】

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-1
茶葉は、硬めなのですが、よく撚りこんだ形状です。
ただ、ところどころカクカクしている所、ある程度形を揃えながら裁断したのかなと思います。
きれいに丈が揃うと計量しやすいというメリットがあります。
あと、味が整えやすいので、個人的には好きです。

【水色・味・香り】

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2
3分淹れるとこのようになりました。

水色は、クリアな茶色です。
香りは、穀物のような香りです。
味は、ツル系のお茶のような味です。
ただ、3分はまだまだ薄いですね。

味の系統は、滋納系になります。

しばらく淹れるとこのようになりました。

水色は、クリアな赤茶色になりました。
香りは、ポン菓子のような甘い香りになりました。
味は、軽く渋さを感じますがほんのり甘いです。

わかりやすい滋納系の紅茶だなと思います。

【茶殻】

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-3
茶殻は、結構バラバラな形状が目立ちます。
お湯を注いだ時に、茶葉がぐるぐるかきまわるさまを見ていたので、結構軽いお茶葉なのかなと思ってました。
今あらためて確認すると、茎がちらほら見受けられます。
意外と、この状態まで気づかないものも多くあるんだなという気がします。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:かほり ふぁすと

【この紅茶について】 この紅茶は、前にも出てました益井園さんの紅茶です。 品種は香駿で、ファーストフラッシュ(1番茶)です。 そもそも、かおりに重点をおいて作られているので、淹れるためにお湯を注ぐ前か …

【京都府】永谷農園(永谷知良):一番摘み宇治の和紅茶2017-2

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017

【 一番摘み宇治の和紅茶2017 :この紅茶について】 一番摘み宇治の和紅茶2017 は、2013年に仕入れ、ご挨拶に行き2014年は直販をさせていただいておりました。 それから3年経ちまして、久しぶ …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

【中国】九曲紅梅②

【中国】九曲紅梅

【この紅茶について】 この紅茶は、お茶仲間である中国茶の専門家A氏から頂いた紅茶です。 A氏の中国茶専門サイトは→こちら この紅茶は「九曲紅梅」といいます。 中国の浙江省杭州市で作られています。 原産 …

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

アーカイブ