国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016

投稿日:2017年2月28日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買ってきました。
自然農法で作ってる人が多いのでしょうか。
紅茶でよく「自然農法」とか「無農薬」とか見かけます。
農家の人の思いがそうさせ続けているのかなと思います。

そういうノンケミカルなお茶を求めている人の数も多く、話をすると随分高い確率で「自然農法のお茶紹介して」と言われます。

紹介するまでもなく、軽くネットで検索するとすぐに見つかるくらい、増えているんですけどね。

【茶葉】

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-1
茶葉は、硬めなのですが、よく撚りこんだ形状です。
ただ、ところどころカクカクしている所、ある程度形を揃えながら裁断したのかなと思います。
きれいに丈が揃うと計量しやすいというメリットがあります。
あと、味が整えやすいので、個人的には好きです。

【水色・味・香り】

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-2
3分淹れるとこのようになりました。

水色は、クリアな茶色です。
香りは、穀物のような香りです。
味は、ツル系のお茶のような味です。
ただ、3分はまだまだ薄いですね。

味の系統は、滋納系になります。

しばらく淹れるとこのようになりました。

水色は、クリアな赤茶色になりました。
香りは、ポン菓子のような甘い香りになりました。
味は、軽く渋さを感じますがほんのり甘いです。

わかりやすい滋納系の紅茶だなと思います。

【茶殻】

【奈良県】竹西農園:大和古樹2016-3
茶殻は、結構バラバラな形状が目立ちます。
お湯を注いだ時に、茶葉がぐるぐるかきまわるさまを見ていたので、結構軽いお茶葉なのかなと思ってました。
今あらためて確認すると、茎がちらほら見受けられます。
意外と、この状態まで気づかないものも多くあるんだなという気がします。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

京都:永谷農園:永谷の手作り宇治紅茶

□検索すればヒットするけどひっそり売られていた 国産紅茶を集める際に、正直、どこからあたって良い物か困惑していました。声をかけても返ってこない。基本的に茶業組合はノータッチ。作ってる人たちは、他の茶園 …

【静岡】益井園:みらいせかんど2016秋-2

【静岡】益井園: みらいせかんど2016

【 みらいせかんど2016 :この紅茶について】 みらいせかんど2016 は、今年の吉田山大茶会で購入しました。 作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。 もう、今年のみらいせかんど …

【茨城県】木村製茶工場:さしま紅茶青心紅茶2017-2

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017

【 さしま紅茶青心紅茶2017 :この紅茶について】 さしま紅茶青心紅茶2017 は、茨城県の木村製茶工場で作られた紅茶です。 茶葉の品種は、『青心大宇』という烏龍茶に使われる品種です。 台湾烏龍茶を …

no image

【和歌山】上村茶園:べにちゃ

【出会いはFB地紅茶サミット】 記憶が間違ってなければ、なのですが、今回のこの紅茶は、おちゃうけ屋のかなざわゆうさんにご紹介いただいて直接連絡取り購入したものと思います。サイトにもどこにも載ってないが …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

アーカイブ