佐賀県 国産紅茶レビュー

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶ふじかおり2015年2nd

投稿日:

【この紅茶について】

佐賀の太田さんの国産うれしの紅茶に関しては、2013年に試飲レビューを書きました。

佐賀県:国産うれしの紅茶

前にこのネタ書いたかなぁ・・・って思ってましたが、書いてませんでしたのでここで。
2013年10月に出店してました和束町の茶源郷まつりにて、こんなお客さんがきました。
「私の兄が、佐賀県で紅茶をつくってましてね。太田という名前なのですが知ってますか?」
間違ってなければ、この方がこの紅茶を作った太田さんということになります。
まさか、京都とつながりがあったとはという感じですが、真偽の程は定かではないのでいつかお伺いできればと思ってます。

【茶葉】

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-1
茶葉は少し大きめの茶葉をきれいに細く撚った形をしてます。
前も書きましたが、釜炒り茶ぽいです。
袋には「玉緑茶の機械を使い」って書いてあるので、いわば「ぐり茶の紅茶」という感じでしょうか。
お茶の形は非常に綺麗です。
もしかすると、ふじかおりの国産紅茶は初めてのレビューかもしれません。

【水色・味・香り】

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-2
3分淹れた後の水色は濃い目のオレンジ色です。
香りは、穀物っぽい香りがメインなのですが、時より花のような香りが漂ってきます。
香りに関しては、複合された香りのようです。
味は軽く酸味を感じるのですが、軽く香ばしい感じがします。
正直、3分は薄すぎました。

味の分類では『滋納』系と『清廉』系を併せ持った感じになります。

長く淹れた後は、水色はほぼ赤です。透き通った鮮やかな赤です。
香りは、りんごの皮のような風味になりました。
味は渋さが顔をだして、キリッとしてます。
やはり、長く淹れるほうが紅茶らしいです。
この紅茶は6分以上推奨と言えるでしょう。

【茶殻】

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-3
茶殻は、まるで花びらのようにきれいに広がりました。
香りは枯れ草の香りなのですが、少し煙いです。
なんか2煎目が淹れられそうって感じがします。

この紅茶は、直接買う方法を探ることもありますが、佐賀の国産紅茶専門店「紅葉」さんでも手に入ります。
「嬉野紅茶 ふじかおり」という名前で販売をしています。
もしご興味のある方は、ぜひ紅葉さんを覗いてみてください。

-佐賀県, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

□出会いは吉田山 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。 …

no image

【熊本】長田製茶:おいしっちゃー阿蘇紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、熊本の紅茶をまとめてもらったものの一つです。熊本は、静岡・鹿児島についで多い『第三極』と言えるグループに分類できます。(第三極は、まあ多いですが)古くは日本の紅茶の製 …

【中国】九曲紅梅②

【中国】九曲紅梅

【この紅茶について】 この紅茶は、お茶仲間である中国茶の専門家A氏から頂いた紅茶です。 A氏の中国茶専門サイトは→こちら この紅茶は「九曲紅梅」といいます。 中国の浙江省杭州市で作られています。 原産 …

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この木下園製茶工場さんは、4年近くの付き合いです。 最初は購入をさせていただいて、ティーバッグを展開して試飲したのが始まりでした。 …

アーカイブ