佐賀県 国産紅茶レビュー

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶ふじかおり2015年2nd

投稿日:

【この紅茶について】

佐賀の太田さんの国産うれしの紅茶に関しては、2013年に試飲レビューを書きました。

佐賀県:国産うれしの紅茶

前にこのネタ書いたかなぁ・・・って思ってましたが、書いてませんでしたのでここで。
2013年10月に出店してました和束町の茶源郷まつりにて、こんなお客さんがきました。
「私の兄が、佐賀県で紅茶をつくってましてね。太田という名前なのですが知ってますか?」
間違ってなければ、この方がこの紅茶を作った太田さんということになります。
まさか、京都とつながりがあったとはという感じですが、真偽の程は定かではないのでいつかお伺いできればと思ってます。

【茶葉】

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-1
茶葉は少し大きめの茶葉をきれいに細く撚った形をしてます。
前も書きましたが、釜炒り茶ぽいです。
袋には「玉緑茶の機械を使い」って書いてあるので、いわば「ぐり茶の紅茶」という感じでしょうか。
お茶の形は非常に綺麗です。
もしかすると、ふじかおりの国産紅茶は初めてのレビューかもしれません。

【水色・味・香り】

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-2
3分淹れた後の水色は濃い目のオレンジ色です。
香りは、穀物っぽい香りがメインなのですが、時より花のような香りが漂ってきます。
香りに関しては、複合された香りのようです。
味は軽く酸味を感じるのですが、軽く香ばしい感じがします。
正直、3分は薄すぎました。

味の分類では『滋納』系と『清廉』系を併せ持った感じになります。

長く淹れた後は、水色はほぼ赤です。透き通った鮮やかな赤です。
香りは、りんごの皮のような風味になりました。
味は渋さが顔をだして、キリッとしてます。
やはり、長く淹れるほうが紅茶らしいです。
この紅茶は6分以上推奨と言えるでしょう。

【茶殻】

太田重喜製茶工場ふじかおり2015-3
茶殻は、まるで花びらのようにきれいに広がりました。
香りは枯れ草の香りなのですが、少し煙いです。
なんか2煎目が淹れられそうって感じがします。

この紅茶は、直接買う方法を探ることもありますが、佐賀の国産紅茶専門店「紅葉」さんでも手に入ります。
「嬉野紅茶 ふじかおり」という名前で販売をしています。
もしご興味のある方は、ぜひ紅葉さんを覗いてみてください。

-佐賀県, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

【岐阜】新世紀工房: 東白川生まれの紅茶 -2

【岐阜】有限会社新世紀工房: 東白川生まれの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、「都道府県集中注文」の時に、一気に買った岐阜県産紅茶の一部です。 岐阜県は「白川茶」で代表されるお茶の産地です。 こちらでも、いくつかの茶農家さんがチャレンジをして紅 …

【鹿児島県】知覧心茶堂:ハートペコー知覧紅茶ゴールデンチップ2018-パッケージ

【鹿児島県】知覧心茶堂: ハートペコー知覧紅茶ゴールデンチップ2018

【 ハートペコー知覧紅茶ゴールデンチップ2018 この紅茶について】 今回は、鹿児島県の知覧心茶堂さんの ハートペコー知覧紅茶ゴールデンチップ2018 をご紹介します。 この紅茶は、2018年にネット …

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶ふきみ2017-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園): 京都和束紅茶ふきみ2017

【 京都和束紅茶ふきみ2017 :この紅茶について】 京都和束紅茶ふきみ2017 は神戸ティーフェスティバルで購入しました。 この試飲記事でもおなじみの和束紅茶さんの紅茶です。 品種など詳しいことをお …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

【静岡県】釜炒り茶柴本:柴本の手摘み紅茶2019-パッケージ

【静岡県】釜炒り茶柴本: 柴本の手摘み紅茶2019

【 柴本の手摘み紅茶2019 この紅茶について】 今日は、静岡県の釜炒り茶柴本さんの 柴本の手摘み紅茶2019 をご紹介します。 釜炒り茶柴本さんは、自然農法でお茶を作る茶農家さんです。 お茶を中心に …

アーカイブ