国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡県の益井園さんの紅茶です。
茶品種の香駿の中でもよりすぐったものをこの名前をつけています。
なので、香りの広がり方が尋常ではありません。
結果として、渋みと香りが際立つ『尖った』紅茶になります。
毎年、この傾向であることは代わりありませんが、その顔色は毎年違います。
今年はどのような物になっているでしょうか。

【茶葉】

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-1
茶葉は長さが整えられています。
細く撚られているものよりも平たく整えられている物が多く見られます。
茶葉同士が絡まらず、計量がし易いです。
いつでも安定した量で淹れられるのが、この紅茶の特徴とも言えるでしょう。
それでいて、しっかりフルリーフの様相もしています。
淹れるのが楽しみになるそんな茶葉です。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-2

3分淹れました。
水色は、黄色です。すごく薄いです。
香りは、薄~くフルーツの香りがしますが、薄すぎてよくわかりません。
味は、ほんのりコクと香ばしさがあります

味の系統は、清廉系になるんですが、まだまだ薄いのでよくわかりません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤みがかっった橙色になりました。
香りは、若草や青葉のような葉っぱの香りです。
味は、ぐっと渋みがでて強い味になりました。

香り高さとお茶らしい渋みを楽しみたい方にはおすすめです。
飲んだ後の清々しい戻り香りが爽やかです。
ゆっくり適度な渋さに調整して飲みたいお茶です。

【茶殻】

【静岡県】益井園:みおぷれみあむ2017-3
茶殻は、綺麗に裁断された茶葉が、ほぼ摘んで来たような状態のまま紅茶になったのかなと言う雰囲気がします。
青々とした茶葉は紅茶にされていないような雰囲気です。
残り香は青草のような香りです。
そのまま生えたままのような茶殻です。
益井さんはどこまで青く香り高い物にしたいんだろうか、とそう思ってしまいます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

【茨城県】いずみや茶舗:さしま紅茶おくみどり2016SF-2

【茨城県】いずみや茶舗:さしま紅茶おくみどり2016SF

【この紅茶について】 この紅茶は、「いずみや茶舗オンライン」の運営者から頂戴しました。 多分中身は吉田茶園さん。 封筒に入ってて、切手を貼ると送れます。 中身は6gとポット1回分。 人にあげる時とか便 …

【宮崎県】宮崎茶房:みねかおり2017 ※多分セカンド2

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房みねかおり2017 ※多分セカンド

【 宮崎茶房みねかおり2017 :この紅茶について】 宮崎茶房みねかおり2017 はおなじみ宮崎茶房さんの紅茶です。 シングルオリジンで購入しました。 『多分セカンド』と書いたのは、当日そう聞いていた …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

アーカイブ