国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:静7132

投稿日:2014年7月19日

この紅茶について

このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。
これはその特徴から、緑茶にするほうが多いのですが、この時は紅茶を作ってれたという珍しいことになっています。

なお2014年現在、静7132で紅茶を作っていないそうなので、もし欲しい方は豊好園さんと応相談ということに成ります。

茶葉

国産紅茶20140718豊好園静7132-
豊好園さんの製茶の特徴で、大ぶりの葉っぱを、これでもかと言うくらいより上げた、ツンツンした(金沢弁で『ケンケンした』)感じの茶葉です。
発酵はきっちりさせており、茶葉の色目も写真と違わぬほど濃い色です。
見た目黒なのですが、濃赤で黒っぽい感じの、真っ黒い干し柿のようなそんな色です。

水色

国産紅茶20140718豊好園静7132-2
水色は淡い橙です。
香りは、紫蘇を思わせるような香りと、香草を思わせるような爽やかな香りが混在してます。
味は紅茶というか、どくだみ茶とかアマチャヅルとか茶外茶のような感じの風味です。
ただ、後から上がってくる香りがなんともベリー系のような甘い香りがします。

長く淹れたらどうなるでしょうか

長く入れたら、朱が濃くなりました。
香りは、先ほどの紫蘇とも香草とも思うような香りが強くなり、
さしずめ『桜の実がなったような』感じの香りになってます。
(と言ってもさくらんぼじゃないです)
長く淹れても渋みはほぼなく、さっぱりと飲むことが出来ます。
これを
『新しいフレーバーティーだよ』
とか言ってだしても、本気で信じて貰えそうなそんな香りです。

味や渋みを楽しむというよりも、香りを楽しむという紅茶ですね。

茶殻

国産紅茶20140718豊好園静7132-3
茶殻は、全体的に撚られた物が丁寧に開かれた感じの茶葉です。
カサが増えているわけでないので、インパクトとしてそんなにも大きくないですが、淹れきった感のある茶殻です。
残り香もそうないので、きっちりとお湯の方に流れていったのだろうと思われます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

no image

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

【この紅茶について】 何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。そう言う意味で、ここ …

no image

【愛媛】農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶

【茶葉】 パッと見、葉っぱが硬そうです。萎凋か発酵はどちらかが不十分な気配です。これは、実際に作ってる人達がみたら、すぐにわかると思います。ちょいちょいと、茎が多い気もします。ただ、繊維がすくないんで …

no image

【和歌山】上村茶園:べにちゃ

【出会いはFB地紅茶サミット】 記憶が間違ってなければ、なのですが、今回のこの紅茶は、おちゃうけ屋のかなざわゆうさんにご紹介いただいて直接連絡取り購入したものと思います。サイトにもどこにも載ってないが …

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-2

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016

【この紅茶について】 静岡県の農家さんの紅茶です。 品種は紅茶品種のべにふうきで、静岡県の「ふじのくに山のお茶100選」認定紅茶です。 静岡県はお茶生産日本一ですが、今や紅茶も日本で一二を争う生産量と …

アーカイブ