国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:静7132

投稿日:2014年7月19日

この紅茶について

このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。
これはその特徴から、緑茶にするほうが多いのですが、この時は紅茶を作ってれたという珍しいことになっています。

なお2014年現在、静7132で紅茶を作っていないそうなので、もし欲しい方は豊好園さんと応相談ということに成ります。

茶葉

国産紅茶20140718豊好園静7132-
豊好園さんの製茶の特徴で、大ぶりの葉っぱを、これでもかと言うくらいより上げた、ツンツンした(金沢弁で『ケンケンした』)感じの茶葉です。
発酵はきっちりさせており、茶葉の色目も写真と違わぬほど濃い色です。
見た目黒なのですが、濃赤で黒っぽい感じの、真っ黒い干し柿のようなそんな色です。

水色

国産紅茶20140718豊好園静7132-2
水色は淡い橙です。
香りは、紫蘇を思わせるような香りと、香草を思わせるような爽やかな香りが混在してます。
味は紅茶というか、どくだみ茶とかアマチャヅルとか茶外茶のような感じの風味です。
ただ、後から上がってくる香りがなんともベリー系のような甘い香りがします。

長く淹れたらどうなるでしょうか

長く入れたら、朱が濃くなりました。
香りは、先ほどの紫蘇とも香草とも思うような香りが強くなり、
さしずめ『桜の実がなったような』感じの香りになってます。
(と言ってもさくらんぼじゃないです)
長く淹れても渋みはほぼなく、さっぱりと飲むことが出来ます。
これを
『新しいフレーバーティーだよ』
とか言ってだしても、本気で信じて貰えそうなそんな香りです。

味や渋みを楽しむというよりも、香りを楽しむという紅茶ですね。

茶殻

国産紅茶20140718豊好園静7132-3
茶殻は、全体的に撚られた物が丁寧に開かれた感じの茶葉です。
カサが増えているわけでないので、インパクトとしてそんなにも大きくないですが、淹れきった感のある茶殻です。
残り香もそうないので、きっちりとお湯の方に流れていったのだろうと思われます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

【埼玉県】大西園製茶工場:天日干しごこう紅茶2016-2

【埼玉県】大西園製茶工場:天日干しごこう紅茶2016

ゆけ!埼玉!もっと頑張るんだ!! 【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット2016奈良で購入しました。 この「ごこう」という品種は、玉露などで使われる品種です。 正直、アミノ酸が多くなりがちな …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

【奈良県】ファーム奥和田:大和かげろひ紅茶2016-2

【奈良県】ファーム奥和田:大和かげろひ紅茶2016

【この紅茶について】 奈良で作られた紅茶で、地紅茶サミット奈良で買いました。 品種はやぶきたということですので、緑茶をメインに作っている農家さんと思います。 無農薬・無化学肥料を押し出してます。 健康 …

no image

【静岡】益井園:かほり せかんど

【この紅茶について】 この紅茶は、益井園さんの紅茶で品種は香駿です。 セカンドフラッシュなので、味に自己主張があります。 ちなみに、これはうちにも在庫のある紅茶なので、仲介部でどうぞ。 うちからの直送 …

アーカイブ