国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:静7132

投稿日:2014年7月19日

この紅茶について

このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。
これはその特徴から、緑茶にするほうが多いのですが、この時は紅茶を作ってれたという珍しいことになっています。

なお2014年現在、静7132で紅茶を作っていないそうなので、もし欲しい方は豊好園さんと応相談ということに成ります。

茶葉

国産紅茶20140718豊好園静7132-
豊好園さんの製茶の特徴で、大ぶりの葉っぱを、これでもかと言うくらいより上げた、ツンツンした(金沢弁で『ケンケンした』)感じの茶葉です。
発酵はきっちりさせており、茶葉の色目も写真と違わぬほど濃い色です。
見た目黒なのですが、濃赤で黒っぽい感じの、真っ黒い干し柿のようなそんな色です。

水色

国産紅茶20140718豊好園静7132-2
水色は淡い橙です。
香りは、紫蘇を思わせるような香りと、香草を思わせるような爽やかな香りが混在してます。
味は紅茶というか、どくだみ茶とかアマチャヅルとか茶外茶のような感じの風味です。
ただ、後から上がってくる香りがなんともベリー系のような甘い香りがします。

長く淹れたらどうなるでしょうか

長く入れたら、朱が濃くなりました。
香りは、先ほどの紫蘇とも香草とも思うような香りが強くなり、
さしずめ『桜の実がなったような』感じの香りになってます。
(と言ってもさくらんぼじゃないです)
長く淹れても渋みはほぼなく、さっぱりと飲むことが出来ます。
これを
『新しいフレーバーティーだよ』
とか言ってだしても、本気で信じて貰えそうなそんな香りです。

味や渋みを楽しむというよりも、香りを楽しむという紅茶ですね。

茶殻

国産紅茶20140718豊好園静7132-3
茶殻は、全体的に撚られた物が丁寧に開かれた感じの茶葉です。
カサが増えているわけでないので、インパクトとしてそんなにも大きくないですが、淹れきった感のある茶殻です。
残り香もそうないので、きっちりとお湯の方に流れていったのだろうと思われます。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶

【茶葉】 本来、3gティーバッグに入ってるんですが、包装を開けました。釜炒り茶っぽい雰囲気はするんですが、選別がちょっと不十分。機械選別の限界なのですかね。 【水色】 水色は明るい橙。香りは特徴なし。 …

【和歌山県】(株)モリカワ:川添紅茶2016-2

【和歌山県】(株)モリカワ:川添紅茶2016

【この紅茶について】 和歌山県白浜にて、おみやげとして販売していたものです。 中身は、3g入ってるティーバッグでした。 和歌山県の紅茶としては、いろいろありますが、ここの会社のは初めてみました。 和歌 …

no image

【大分】山片茶園:おくみどり2012秋

【この紅茶について】 この紅茶は、去年の山片茶園のおくみどりで作った紅茶で本人は『微妙』と評していた紅茶です。もらってから、随分経つのに、まだ『封を開けたら芳香が漂う』チートな紅茶です。 【茶葉】 例 …

no image

【島根】西製茶所:出雲国のべにひかり紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、ネットで検索した中にあったお茶です。取り寄せるときに、定形外郵便など簡易発送を受けてくれませんでしたが、普通に購入しました。今はケンコーコムなどでも扱っているそうなの …

no image

【富山】富山紅茶の会:富山あさひの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの紅茶で、製造も同じ鳥取の陣構茶生産組合なのですが、何が違うかと言いますと、前のは富山市平岡で採れた茶葉を使いこちらは富山 …

アーカイブ