国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】益井園: みらいせかんど2016

投稿日:2017年11月15日

【 みらいせかんど2016 :この紅茶について】

みらいせかんど2016 は、今年の吉田山大茶会で購入しました。
作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。
もう、今年のみらいせかんどがでているはずですが、手に入るタイミングがどうしても翌年になってしまうので、今年に確認に成りました。

で、なんで11月なのかということに関しては、深く突っ込まないで下さい。
ちゃんと試飲しますので。

【茶葉】

【静岡】益井園: みらいせかんど2016 -1
茶葉はやや短冊状でやや固めに見えます。
少し青いのが、やはり益井さんの紅茶だなと感じます。
いつもここから、ぱっと開くように紅茶が出るので、どのように変化がするか楽しみです。

【水色・味・香り】

【静岡】益井園: みらいせかんど2016 -2
3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、少しだけローストしたような香りがしますが、青草っぽい香りがします。
味は、軽く渋みがしマスカットの皮を噛んだ時のような風味がします。

味の系統は、清廉系です。
益井さんの紅茶は傾向としてどれも清廉系によります。
香りを特徴づけて作っているからかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少しだけ濃い赤橙色になりました。
香りは、ほんの少しだけおかゆっぽい香りがします。ふんわり甘い香りです。
味は、コクがはっきりし、香ばしさが表に出てます。

長く淹れると濃く出た感がまします。
ただ、飲むのがしんどくなるくらい濃いわけでなく、程々に濃いです。
例えば砂糖やミルクを入れたい方は、ここまで待つと良いでしょう。
10分推奨です。
顔立ちがはっきりしているそんな紅茶です。

【茶殻】

【静岡】益井園: みらいせかんど2016 -3
形状は、茶葉と同じく、綺麗に切りそろえられた短冊状の茶葉が横に広がってます。
お茶が出るプロセスが、開くプロセスのように、茶殻として残ってます。
茶葉がまるで綺麗に細められたものであるようなそんなイメージさえ感じさせます。
非常に、後片付けのし易い茶殻でした。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016-2

【静岡県】カネロク松本園:燻製紅茶吉野の桜2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 地味に数を増やし始めている「燻製した」紅茶です。 紅茶を燻製すると聞くと、驚く人も多いですが、紅茶を発酵後に燻製して加熱する紅茶は …

no image

【静岡】丸子紅茶:べにひかり

【この紅茶について】 静岡丸子の丸子紅茶です。先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだとよく話されていましたので、やはり全国区だなって思います。 このべにひかりは、実は今年 …

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016

【この紅茶について】 直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世話になっているおなじみの茶農家さんです。 紅茶にかける情熱は大きいもので、会うと必ず「良い紅茶があっ …

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016-2

【埼玉県】大西園:おくみどり紅茶2016

【この紅茶について】 埼玉県の紅茶で品種は緑茶に使われるおくみどりです。 意外と、紅茶にやぶきた以外の品種としておくみどりを使われる方が多くいらっしゃいます。 製法によって、独特な清廉よりの国産紅茶を …

アーカイブ