国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】益井園: みらいせかんど2016

投稿日:2017年11月15日

【 みらいせかんど2016 :この紅茶について】

みらいせかんど2016 は、今年の吉田山大茶会で購入しました。
作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。
もう、今年のみらいせかんどがでているはずですが、手に入るタイミングがどうしても翌年になってしまうので、今年に確認に成りました。

で、なんで11月なのかということに関しては、深く突っ込まないで下さい。
ちゃんと試飲しますので。

【茶葉】

【静岡】益井園: みらいせかんど2016 -1
茶葉はやや短冊状でやや固めに見えます。
少し青いのが、やはり益井さんの紅茶だなと感じます。
いつもここから、ぱっと開くように紅茶が出るので、どのように変化がするか楽しみです。

【水色・味・香り】

【静岡】益井園: みらいせかんど2016 -2
3分淹れました。
水色は、赤橙色です。
香りは、少しだけローストしたような香りがしますが、青草っぽい香りがします。
味は、軽く渋みがしマスカットの皮を噛んだ時のような風味がします。

味の系統は、清廉系です。
益井さんの紅茶は傾向としてどれも清廉系によります。
香りを特徴づけて作っているからかもしれません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少しだけ濃い赤橙色になりました。
香りは、ほんの少しだけおかゆっぽい香りがします。ふんわり甘い香りです。
味は、コクがはっきりし、香ばしさが表に出てます。

長く淹れると濃く出た感がまします。
ただ、飲むのがしんどくなるくらい濃いわけでなく、程々に濃いです。
例えば砂糖やミルクを入れたい方は、ここまで待つと良いでしょう。
10分推奨です。
顔立ちがはっきりしているそんな紅茶です。

【茶殻】

【静岡】益井園: みらいせかんど2016 -3
形状は、茶葉と同じく、綺麗に切りそろえられた短冊状の茶葉が横に広がってます。
お茶が出るプロセスが、開くプロセスのように、茶殻として残ってます。
茶葉がまるで綺麗に細められたものであるようなそんなイメージさえ感じさせます。
非常に、後片付けのし易い茶殻でした。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良で購入しました。 社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。 紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。 詳しくは、問い合わせ …

no image

【福岡】おぼろ紅茶:奥八女上陽茶おぼろ紅茶(緑)

【この紅茶について】 これは前回のおぼろ紅茶(赤)でも触れましたが、福岡に行った知り合いからお土産でもらった国産紅茶です。なんで赤と緑と分けたのかな・・・って思ってたんですが、前の記事を読み直して思い …

no image

【福岡】鶴製茶園:八女の紅茶『紅鶴』

【茶葉】 茶葉は、綺麗にカットされていて計量しやすかったです。発酵は強めなのかもしれません。青目の茶葉がほとんど見当たりませんでした。 【水色】 水色は綺麗な紅色です。微かに新茶のような青い香りがして …

no image

【福岡】栗原製茶:紅・八女津媛

【この紅茶について】 この紅茶は去年の地紅茶サミットに参加されていた茶農家さんの商品です。もちろん、現地会場で買いました。栗原さんは、紅茶の人というか、煎茶の人というイメージの方が強いです。話をしてい …

no image

【鹿児島】伸晃園:知覧紅茶かなや

【きっかけはツイッター】 正確には、伸晃園さんは販売のお茶屋さんで、作ってるのは鹿児島の塗木さんという茶農家さんです。テレビでも紹介されるエコファーマーの有名人で、紅茶用に品質を安定させるためのでっか …

アーカイブ