国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016

投稿日:

【この紅茶について】

地紅茶サミット奈良2016で購入した国産紅茶です。
多分、初めて見るんじゃないかなって気がします。
ただ、初めて作ったような気がしませんでした。
僕が見るのが初めてなのかもしれません。
奈良県の紅茶農家はだんだん増えています。

【茶葉】

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016-1
茶葉の形状は裁断されずに撚られた形状です。
ぱっと見た目、釜炒りかなって思う形状です。
普通に香りを嗅ぐだけではわかりませんでした。
お湯を注いだ時に、一気に華やかな香りが立ち上りました。
なんか、紅茶を淹れた気がしません。

【水色・味・香り】

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016-2
まずは3分間淹れました。
水色は薄い琥珀色。
香りはほんのり香ばしい程度。
味は、ほのかに甘くて香ばしい感じです。
火香っぽい感じはします。正直、火香には詳しくないのでなんとも言えませんが。

この段階では、清廉系かなって思います。
本気は多分5分以上だと思います。

しばらく淹れましたら、水色は赤が強めの琥珀色になりました。
カップの縁を沿うように黄色のリングが浮かんでます。
香りは3分の時よりもやや強く香ばしい香りです。
味は、少し渋めで、鼻から青い香りが抜けていきます。

やはり清廉系でした。

国産紅茶というか台湾の紅茶っぽいかもしれません。
台湾紅茶や中国紅茶のように煎を重ねながら飲むのが良いかもしれません。

【茶殻】

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016-3
茶殻は、葉っぱの形状がきれいに開きました。
積んだ茶葉をそのまま撚ったのがよく分かる形です。
残り香から、まだまだ行けそうな感じがします。
なんか、持久力のある紅茶だなって感じがします。

【追伸】
味なのですが、温度が落ち着いたら変化しました。
清廉と望蘭の間くらいです。
結構腰が強いです。
でも、ストレート向きですね。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(白ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、和束町の喜寿園さんの紅茶でしかも、『ホテルオークラ限定モデル』という今は買えないものです。ただ、だからといって特別だというわけでなく、通常発売されている赤ラベルと黒ラ …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

【岐阜県】なべしま銘茶:飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016-2

【岐阜県】なべしま銘茶: 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016

【 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 :この紅茶について】 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 は、今回飲む紅茶はもともとティーバッグで頂いたものです。 2.5gづつでしたので、2つ切って5gで …

アーカイブ