国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぐや姫

投稿日:2013年11月17日

【この紅茶について】

この紅茶は㈱水車むらさんの生産です。
前にも触れましたが、自由化国産紅茶が消滅した後に開始し、
今や国産紅茶の生産のリーダーの一人です。
この紅茶は、そこで作られたやぶきたの紅茶です。
やぶきたの紅茶は全体的に滋納系に寄りながらもバランスを取るのが難しい品種です。
それがなかなか興味深く仕上がっているんで面白いです。

【茶葉】

国産紅茶20131115水車かぐや1

茶葉は線が細く、丁寧に撚りが入り、とても綺麗です。
前に上げた五月も線が細かったな・・・と思ってみたら、
やはりそういう仕上がりでした。
丁寧に仕上げているな・・・

【水色】

国産紅茶20131115水車かぐや2

水色は明るめの橙です。
香りは、お湯を入れた直後は柑橘系の花のような香りがしたんですが、
3分経ってからカップにそそいだら、軽く穀物系の香りと甘酒っぽい香り。
滋納の部類に入ると思います。
味は軽く酸味がありますが、ライトで飲みやすいです。
すごくさっぱりして飲みやすいです。ホットでもすんなり飲める良い滋納です。
温度が落ち着くと、優しさが増しました。(意味不明ですみません)
香りも穏やかなままで、味も穏やかで、更に温度ものどごしも穏やかです。
滋納のお手本というべきものかもしれません。
といっても、まだ3分しか経ってないわけですけどね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、軽く赤が強くなった程度です。
香りは、わずかに若草のような爽やかさが出ていました。
味は、軽く渋みと酸味がでて、風味がよく鼻から抜ける香りが多層の花の香りのようで芳醇です。
でも、清廉ではなく滋納ベースだとわかります。

 

【茶殻】

国産紅茶20131115水車かぐや3

茶殻は開いた系です。
全部開いた上に、すごく柔らかそうです。
そのまま食えるんじゃないかと思うくらい。
(紅茶なので食いませんが)
あの繊細な茶葉から、このようなふんわりした茶殻が出来上がる。
そういう製茶技術が、足掛け数十年の蓄積の結果なんだとふと感嘆がでます。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶みおく2018-パッケージ

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶みおく2018

【 京都和束紅茶みおく2018 この紅茶について】 今回は、京都府の和束紅茶さんの 京都和束紅茶みおく2018 をご紹介します。 和束紅茶さんは、何回もご紹介しているおなじみの茶農家さんですね。 紅茶 …

no image

【静岡】浜佐園:わらしな紅茶

【この紅茶について】 わらしな紅茶は、静岡の浜佐園さんの紅茶です。多分、普通に検索しても緑茶ばかりがヒットすると思いますが、根気よく探していただくか、近日中に開始予定のうちのショッピング仲介サイト『京 …

国産紅茶20130924 さくら紅茶2013 -2

【熊本】桜野園: さくら紅茶2013

今回は、熊本の桜野園さんの さくら紅茶2013 をご紹介します。 【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみる …

no image

【静岡】不二農園:聖心の紅茶

【この紅茶について】 この紅茶を紹介する上で2つの特徴を並べています。ひとつは、この紅茶は『ただにしき』という国産紅茶の父多田元吉が国内にもたらした品種であり、それは三重県の『野良アッサム』や全国に数 …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

アーカイブ