国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぐや姫

投稿日:2013年11月17日

【この紅茶について】

この紅茶は㈱水車むらさんの生産です。
前にも触れましたが、自由化国産紅茶が消滅した後に開始し、
今や国産紅茶の生産のリーダーの一人です。
この紅茶は、そこで作られたやぶきたの紅茶です。
やぶきたの紅茶は全体的に滋納系に寄りながらもバランスを取るのが難しい品種です。
それがなかなか興味深く仕上がっているんで面白いです。

【茶葉】

国産紅茶20131115水車かぐや1

茶葉は線が細く、丁寧に撚りが入り、とても綺麗です。
前に上げた五月も線が細かったな・・・と思ってみたら、
やはりそういう仕上がりでした。
丁寧に仕上げているな・・・

【水色】

国産紅茶20131115水車かぐや2

水色は明るめの橙です。
香りは、お湯を入れた直後は柑橘系の花のような香りがしたんですが、
3分経ってからカップにそそいだら、軽く穀物系の香りと甘酒っぽい香り。
滋納の部類に入ると思います。
味は軽く酸味がありますが、ライトで飲みやすいです。
すごくさっぱりして飲みやすいです。ホットでもすんなり飲める良い滋納です。
温度が落ち着くと、優しさが増しました。(意味不明ですみません)
香りも穏やかなままで、味も穏やかで、更に温度ものどごしも穏やかです。
滋納のお手本というべきものかもしれません。
といっても、まだ3分しか経ってないわけですけどね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、軽く赤が強くなった程度です。
香りは、わずかに若草のような爽やかさが出ていました。
味は、軽く渋みと酸味がでて、風味がよく鼻から抜ける香りが多層の花の香りのようで芳醇です。
でも、清廉ではなく滋納ベースだとわかります。

 

【茶殻】

国産紅茶20131115水車かぐや3

茶殻は開いた系です。
全部開いた上に、すごく柔らかそうです。
そのまま食えるんじゃないかと思うくらい。
(紅茶なので食いませんが)
あの繊細な茶葉から、このようなふんわりした茶殻が出来上がる。
そういう製茶技術が、足掛け数十年の蓄積の結果なんだとふと感嘆がでます。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

【茨城県】いずみや茶舗:さしま紅茶おくみどり2016SF-2

【茨城県】いずみや茶舗: さしま紅茶おくみどり2016SF

【 さしま紅茶おくみどり2016SF :この紅茶について】 こさしま紅茶おくみどり2016SF は、「いずみや茶舗オンライン」の運営者から頂戴しました。 多分中身は吉田茶園さん。 封筒に入ってて、切手 …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

【静岡】おごせ茶園:和紅茶

【茶葉】 茶葉の残りが少なかったので粉が多く出ていますが、全体的にリーフがしっかりしてて、綺麗な茶葉です。試飲パックで外に出しているので多分、飲んでいる方も随分いらっしゃると思います。記憶が間違ってな …

【奈良県】や~まんと茶園:紅の茶2017-2

【奈良県】や~まんと茶園: 紅の茶2017

【 紅の茶2017 :この紅茶について】 紅の茶2017 は、吉田山大茶会で購入した紅茶です。 奈良の茶農家さんで、紅茶よりも他のお茶を推していたような気がします。 来年も吉田山大茶会に来てくださるの …

アーカイブ