国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶べにふうき2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、今年地紅茶サミットが開かれる熊本県水俣市の紅茶です。
水俣市は多くの高品質な紅茶を作る地域で、今のところ「ハズレを探すのが難しい地域」になります。

2013年にここのティーバッグの紅茶を試飲しています。
多分、べにふうきじゃなかったのかなぁという試飲内容です。

ともかく、ここのべにふうきは初めてという体で飲むことにします。

【茶葉】

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-1
茶葉は細かく裁断されてます。
色目が黒茶色寄りなのですが、全体的に乾燥が進んでいるような感じに乾いた薄さがあります。
僅かに枝も混じってますがほとんど目立ちません。
それよりも、シルバーチップが散見します。
これは好きな人は好きな茶葉の形態です。

【水色・味・香り】

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-2
3分淹れたあとの水色は、茶色です。
赤みの気配はありません。
香りは、香ばしさがメインですが、濃い甘さと僅かに香るシナモンのような清涼感があります。
味はまだ軽いです。渋みも甘みもまだありません。
温度が落ち着くと軽い酸味が顔を出します。
べにふうきなんですが、この状態ですとべにふうきという感じがしません。

分類としては、望蘭系になります。

しばらく淹れますと、様子はガラッと変わります。
水色は濃い赤になります。どこから見ても紅茶そのもの。
香りは、香ばしさは焙じ香で、それに伴った甘い香りがついてきてることがよくわかります。
味は軽く渋く酸味がガツンと来ます。
温度が落ちてくるとそのこさをより一層実感できます。
砂糖かなにか足したい感じです。
茶葉の量を考えれば、ミルクティーでも良いかもしれません。

紅茶として飲みたい方は、ぜひとも茶葉多い目で長めに淹れて下さい。
それで、この紅茶の本気を味わうことができます。

【茶殻】

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-3
きれいな裁断がそのまま開いたような茶殻です。
香りは、煙く紅茶に必要な成分を移しきったような感じです。
流石に2煎目はないかと思います。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

no image

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

□出会いは吉田山 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。 …

no image

【富山】富山紅茶の会:くれはの紅茶

この紅茶の事 この紅茶は、富山の紅茶ですが、作るのは鳥取の陣構茶生産組合で作られてます。ですが、茶葉は富山のお茶で、富山産の紅茶です。これと似た方式で作っているのが、加賀の紅茶で、そちらは、加賀市で取 …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(さやまかおり)

【この紅茶について】 この紅茶は、木下園さんから頂いた紅茶です。 緑茶にも使われれる「さやまかおり」という品種で、名前の通り、 『狭山』の地こと埼玉県で生まれた品種です。 渋みが強めで香りが良い品種で …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016

【この紅茶について】 直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世話になっているおなじみの茶農家さんです。 紅茶にかける情熱は大きいもので、会うと必ず「良い紅茶があっ …

【神奈川県】如春園:こゆるぎ紅茶2017-2

【神奈川県】如春園: こゆるぎ紅茶2017

【 こゆるぎ紅茶2017 :この紅茶について】 こゆるぎ紅茶2017 は、SNSで紹介を受け購入しました。 神奈川県の紅茶自体が初めての購入です。 神奈川県で紅茶を作っていることはいくつか確認はしてい …

アーカイブ