国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶べにふうき2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、今年地紅茶サミットが開かれる熊本県水俣市の紅茶です。
水俣市は多くの高品質な紅茶を作る地域で、今のところ「ハズレを探すのが難しい地域」になります。

2013年にここのティーバッグの紅茶を試飲しています。
多分、べにふうきじゃなかったのかなぁという試飲内容です。

ともかく、ここのべにふうきは初めてという体で飲むことにします。

【茶葉】

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-1
茶葉は細かく裁断されてます。
色目が黒茶色寄りなのですが、全体的に乾燥が進んでいるような感じに乾いた薄さがあります。
僅かに枝も混じってますがほとんど目立ちません。
それよりも、シルバーチップが散見します。
これは好きな人は好きな茶葉の形態です。

【水色・味・香り】

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-2
3分淹れたあとの水色は、茶色です。
赤みの気配はありません。
香りは、香ばしさがメインですが、濃い甘さと僅かに香るシナモンのような清涼感があります。
味はまだ軽いです。渋みも甘みもまだありません。
温度が落ち着くと軽い酸味が顔を出します。
べにふうきなんですが、この状態ですとべにふうきという感じがしません。

分類としては、望蘭系になります。

しばらく淹れますと、様子はガラッと変わります。
水色は濃い赤になります。どこから見ても紅茶そのもの。
香りは、香ばしさは焙じ香で、それに伴った甘い香りがついてきてることがよくわかります。
味は軽く渋く酸味がガツンと来ます。
温度が落ちてくるとそのこさをより一層実感できます。
砂糖かなにか足したい感じです。
茶葉の量を考えれば、ミルクティーでも良いかもしれません。

紅茶として飲みたい方は、ぜひとも茶葉多い目で長めに淹れて下さい。
それで、この紅茶の本気を味わうことができます。

【茶殻】

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-3
きれいな裁断がそのまま開いたような茶殻です。
香りは、煙く紅茶に必要な成分を移しきったような感じです。
流石に2煎目はないかと思います。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016-2

【奈良県】田原ナチュラル・ファーム:大和高原のお茶『ゆい』和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 この農家さんも自然を謳っているお茶です。 紅茶という感じよりも、「緑茶を押し出すついいでに」紅茶を推しているという感じにもとれます。 …

no image

【茨城】吉田茶園:IZUMI BLACK-TEA

【この紅茶について】 この紅茶は、今年(2013年)の吉田山大茶会で茨城の方に住んでいらっしゃる主に台湾茶専門の方に頂きました。 (※この記事をアップ後、本人から『千葉在住で茨城が実家』という訂正があ …

no image

【愛媛】農林業体験民宿 天辺:てっぺん紅茶

【茶葉】 パッと見、葉っぱが硬そうです。萎凋か発酵はどちらかが不十分な気配です。これは、実際に作ってる人達がみたら、すぐにわかると思います。ちょいちょいと、茎が多い気もします。ただ、繊維がすくないんで …

no image

【大分】山片茶園:おくみどり2012秋

【この紅茶について】 この紅茶は、去年の山片茶園のおくみどりで作った紅茶で本人は『微妙』と評していた紅茶です。もらってから、随分経つのに、まだ『封を開けたら芳香が漂う』チートな紅茶です。 【茶葉】 例 …

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

アーカイブ