国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】Jastea: 大分 大野 山片氏 紅茶 在来2015

投稿日:2017年12月20日

【 大分 大野 山片氏 紅茶 在来2015 :この紅茶について】

大分 大野 山片氏 紅茶 在来2015は、『日本茶セレクトショップJastea』から受け取りました2015年の熟成紅茶です。
一般販売しているかわかりません。

製茶は2015年で春と夏の間に作った紅茶です。
品種は在来で、製茶にJastea君が絡んでます。
普通の山片茶園さんの紅茶とは違うものという認識を持って下さい。

【茶葉】

【大分県】Jastea: 大分 大野 山片氏 紅茶 在来2015 -1
茶葉は、いつもの山片茶園の紅茶よりもやや大きいです。
撚り方はいつもと同じような感じで、ぐりぐりと撚られています。
写真では光の具合で青くみえますが、実際はいつもの山片茶園の紅茶よりもずっと黒いです。
多分、通常ではないくらい黒いかもしれません。
なんとなく、違う茶園の紅茶に見えます。

【水色・味・香り】

【大分県】Jastea: 大分 大野 山片氏 紅茶 在来2015 -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ほんのりココアっぽい香りがします。
味は、若干甘さとコクを感じます。

味の系統は、まだわかりません。3分では薄いです。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、熟したフルーツのような香りがします。酸味が抜けたドライいちじくみたいな感じです。
味は、渋さとコクが同じくらいのレベルではっきり自己主張をしてきます。

味の系統は、滋納系でやや望蘭系寄りになります。

角が取れきって、丸くなりきったという印象を受けました。
なんか、山片君の紅茶らしくない。

【茶殻】

【大分県】Jastea: 大分 大野 山片氏 紅茶 在来2015 -3
茶殻は、開いたサイズがほぼ同じです。
ですが、いままでと大きく違うのは、何一つ裁断されていないということです。
一葉づつ手摘みで摘んだのではないかと思うくらい揃ってます。
そして開いた時のカサがいつもよりも遥かに大きいです。
淹れる前でもそれなりの量を感じていたのですが、淹れた後の茶殻ではもっと茶葉の存在感を感じます。

この紅茶は、食べ物との合わせるのに向いていると思われます。
味や香りが穏やかなので、和菓子や和食に向いています。
やや濃く淹れてアイスにするとラーメンとかも合いそうです。
口の中をリセットする紅茶としては最適かと思います。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶プレミアム

【この紅茶について】 静岡の井村製茶さんの紅茶です。 前に『桃の香りのするべにふうき』として紹介させてもらいましたが、 今回はその中でも新芽に近いものを選別して製茶したものです。 井村さんいわく『選り …

【奈良県】奈良県産やまとみどり2016-2

【奈良県】奈良県産やまとみどり2016

【この紅茶について】 この紅茶は、十三のお茶屋さん「茶淹」さんにて購入した紅茶です。 奈良県産で品種は「やまとみどり」です。 ここのこだわりの主の置く紅茶ですので、中途半端なわけがありません。 (ハー …

no image

【三重】川戸紅茶:パール紅茶(赤)

【この紅茶について】 前回のパール紅茶(緑)の時も書きましたが、これは昔日本の頂点を名実ともに極めた紅茶です。「自称日本一」ではなく、品評会制度が紅茶にもあったときに、何度も日本一に輝いています。それ …

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018-2

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018

【 みらいふぁすと2018 :この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 もう何度となく試飲記事をかいていますので、もはやお馴染みかと思います。 日本を代表する清廉系の国産紅茶です …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 五月

【この紅茶について】 水車むら紅茶は、全国の紅茶生産が止まった後の1984年にスタートし、日本でも古参の部類に入る紅茶生産会社です。ここには勉強しにきた今での有名紅茶農家の方も多く、その支持も高いです …

アーカイブ