国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】鈴木茶苑:大井川紅茶 紅の露(2016)

投稿日:

【この紅茶について】

静岡県の茶農家さんで、積極的に紅茶を作っている農家さんで知られています。
今まで接点がなかなかありませんでしたので、機会があればお話をお伺いできればと思ってます。

静岡には紅茶に積極的な農家さんが多いのでこれからも注目していこうと思います。

【茶葉】

大井川紅茶2016-1
全体に的に茶葉は小さめで、軽く崩している感じです。
見た目から発酵は強めというイメージです。
黒色に少し赤が見え隠れする色目で、「よくある国産紅茶」の形式に近いです。

誰でも受け入れられやすい紅茶をめざして紅茶づくりをしているのかなぁと思われます。

【水色・味・香り】

大井川紅茶2016-2
3分淹れた水色は軽い赤茶色。クリアできれいです。
香りは乾燥麺のような香りです。
穀物香が当てはまるのですが、『優しい香り』という感じがあるかなという気がします。
味はほうじ茶っぽいですが、ポン菓子のようにふんわり甘く後を追って香ばしさが鼻を抜けていきます。

味の分類では『滋納』系になります。

しばらく置くと水色は一気に濃くなりました。
水色は赤みがかった濃い茶色になりました。
香りは穀物香が一気に濃くなり、甘さが深くなりました。
味は酸味がキリっと顔を出してきてます。
レモンとか合わせてみたくなります。
香りも酸味に寄り添うように香ばしさが深くなります。

残り香はこれでもかというくらい甘く、次を注ぎたくなるような感じです。

【茶殻】

大井川紅茶2016-3
茶殻は一気に膨らんで開きました。
残り香はカキ殻のような感じの香りがします。
初めてのパターンです。
品種の特徴なのかなぁという気もします。

好みもあると思いますが、浅めに淹れると飲みくち軽く爽やかに飲めるかと思います。
茶葉をつけっぱなしというよりもある程度の時間で取り出す方が良いかと思います。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

【鹿児島】塗木製茶工場:知覧紅茶クラサワ

【この紅茶について】 ここでは3回目の紹介になります、神戸の『伸晃園』さんの取り扱っている紅茶です。 【茶葉】 茶葉は、裁断の目が細かいです。よく見ないとわからなかったのですが、一つ一つの撚りがきれい …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016-2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶(ならではの紅茶限定品)2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この木下園製茶工場さんは、4年近くの付き合いです。 最初は購入をさせていただいて、ティーバッグを展開して試飲したのが始まりでした。 …

no image

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』と書きました。 今回はそのFF(一番茶)ですので、 こんな感じに青いです。インドのカングラみたいといえば …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

アーカイブ