国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017

投稿日:2017年11月19日

【 みらいふぁすとふらっしゅ2017 :この紅茶について】

みらいふぁすとふらっしゅ2017 は、静岡県川根本町の紅茶です。
毎年みていますので、おなじみの紅茶です。
昨日は、香駿という品種でしたが、次はみらいと言う品種で、益井園さんが自己管理茶園から選抜して作った独自品種です。
ファーストフラッシュですので、青さと若々しさが溢れ出す紅茶です。
どのような紅茶なのか、見てみましょう。

【茶葉】

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017 -1
茶葉は、ザクザク裁断されいるのかと思いきや、短めの心芽に近い茶葉が、細長く丸まっている形状が多いです。
他の茶葉と絡まったり塊になることがないので、計量がしやすいです。
日本茶でよく見られるのですが、1本1本がバラバラに収まりやすく、お湯を注ぐと少しの量でも軽やかに対流を始めます。
淹れている最中に動くことは、絶対条件ではありませんが、バランス良くお茶を出すには十分条件になり得るものです。
このように自由に動ける茶葉は嬉しいものです。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017 -2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ニッキやシナモンのような香りがします。やや青く清々しいです。
味は、香ばしさを感じ、軽くコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、シナモンの香りの他にアーモンドの香りも追加されました。
味は、軽い渋みと香ばしさをコクが合わさってます。
ライトな望蘭系と言ってもおかしくないのかもしれませんが、清廉系です。
焙煎が入ってるので、重奏な風味があるのかもしれません。

【茶殻】

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017 -3
茶殻は大きな茶葉を中心に、目立ちます。
裁断した茶葉の長さがバランス良く、いつ淹れても平均した紅茶になりやすくなります。
その影に隠れるように心芽に近い茶葉も見えます。
ただ似ている長さなので、よほど慎重に探さないと見つからないかもしれません。
茶葉のバランスが良いので、いつでも安心して飲める紅茶です。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【大分県】山片茶園:在来セカンドフラッシュ2017-2

【大分県】山片茶園: 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017

【 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 :この紅茶について】 山片茶園在来セカンドフラッシュ2017 は、このブログではおなじみの、大分県の山片茶園さんの紅茶です。 今年から、紅茶が変わったところ …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

大井川紅茶2016-2

【静岡県】鈴木茶苑:大井川紅茶 紅の露(2016)

【この紅茶について】 静岡県の茶農家さんで、積極的に紅茶を作っている農家さんで知られています。 今まで接点がなかなかありませんでしたので、機会があればお話をお伺いできればと思ってます。 静岡には紅茶に …

no image

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

□出会いは吉田山 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。 …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

アーカイブ