国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡県川根本町の紅茶です。
毎年みていますので、おなじみの紅茶です。
昨日は、香駿という品種でしたが、次はみらいと言う品種で、益井園さんが自己管理茶園から選抜して作った独自品種です。
ファーストフラッシュですので、青さと若々しさが溢れ出す紅茶です。
どのような紅茶なのか、見てみましょう。

【茶葉】

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-1
茶葉は、ザクザク裁断されいるのかと思いきや、短めの心芽に近い茶葉が、細長く丸まっている形状が多いです。
他の茶葉と絡まったり塊になることがないので、計量がしやすいです。
日本茶でよく見られるのですが、1本1本がバラバラに収まりやすく、お湯を注ぐと少しの量でも軽やかに対流を始めます。
淹れている最中に動くことは、絶対条件ではありませんが、バランス良くお茶を出すには十分条件になり得るものです。
このように自由に動ける茶葉は嬉しいものです。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ニッキやシナモンのような香りがします。やや青く清々しいです。
味は、香ばしさを感じ、軽くコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、シナモンの香りの他にアーモンドの香りも追加されました。
味は、軽い渋みと香ばしさをコクが合わさってます。
ライトな望蘭系と言ってもおかしくないのかもしれませんが、清廉系です。
焙煎が入ってるので、重奏な風味があるのかもしれません。

【茶殻】

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-3
茶殻は大きな茶葉を中心に、目立ちます。
裁断した茶葉の長さがバランス良く、いつ淹れても平均した紅茶になりやすくなります。
その影に隠れるように心芽に近い茶葉も見えます。
ただ似ている長さなので、よほど慎重に探さないと見つからないかもしれません。
茶葉のバランスが良いので、いつでも安心して飲める紅茶です。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【滋賀】丸安茶業:土山紅茶

【茶葉】 茶葉は荒茶っぽさがそのままです。色目は悪くないのですがね。もう少し、手を加えて欲しかったかなと。 【水色】 注いだとき、買ったすぐに飲んだときになかったような華やかな香り。ただ、香りは強いわ …

no image

【熊本】桜野園:さくら紅茶

【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみるといい茶葉だったんだな、って思います。 【水色】 水色は赤黒いけど …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

no image

【愛知】磯田園製茶:やぶきた(熟成)国産紅茶

【茶葉】 基本、国産紅茶は一度全開に混ぜてから量を図ります。上と下で茶葉が違ってたり粉が下に落ちてたりするからです。それをしたうえで、粉が出てない紅茶も多くあります。そういう茶農家さんの努力は『もっと …

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

アーカイブ