国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡県川根本町の紅茶です。
毎年みていますので、おなじみの紅茶です。
昨日は、香駿という品種でしたが、次はみらいと言う品種で、益井園さんが自己管理茶園から選抜して作った独自品種です。
ファーストフラッシュですので、青さと若々しさが溢れ出す紅茶です。
どのような紅茶なのか、見てみましょう。

【茶葉】

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-1
茶葉は、ザクザク裁断されいるのかと思いきや、短めの心芽に近い茶葉が、細長く丸まっている形状が多いです。
他の茶葉と絡まったり塊になることがないので、計量がしやすいです。
日本茶でよく見られるのですが、1本1本がバラバラに収まりやすく、お湯を注ぐと少しの量でも軽やかに対流を始めます。
淹れている最中に動くことは、絶対条件ではありませんが、バランス良くお茶を出すには十分条件になり得るものです。
このように自由に動ける茶葉は嬉しいものです。

【水色・味・香り】

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ニッキやシナモンのような香りがします。やや青く清々しいです。
味は、香ばしさを感じ、軽くコクを感じます。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、シナモンの香りの他にアーモンドの香りも追加されました。
味は、軽い渋みと香ばしさをコクが合わさってます。
ライトな望蘭系と言ってもおかしくないのかもしれませんが、清廉系です。
焙煎が入ってるので、重奏な風味があるのかもしれません。

【茶殻】

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-3
茶殻は大きな茶葉を中心に、目立ちます。
裁断した茶葉の長さがバランス良く、いつ淹れても平均した紅茶になりやすくなります。
その影に隠れるように心芽に近い茶葉も見えます。
ただ似ている長さなので、よほど慎重に探さないと見つからないかもしれません。
茶葉のバランスが良いので、いつでも安心して飲める紅茶です。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』と書きました。 今回はそのFF(一番茶)ですので、 こんな感じに青いです。インドのカングラみたいといえば …

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかPremium2016-2

【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかPremium2016

【この紅茶について】 この紅茶は、エコ茶会で購入しました。 先日記事を書きました、井村製茶さんの別商品になります。 過去記事:【静岡県】井村製茶:金谷和紅茶ももかファーストフラッシュ2017 こちらは …

no image

【熊本】お茶のカジハラ:告茶

【十三の国産紅茶の拠点】 というと、本人が怒りますけどね。 今回の告茶(つげちゃ)は、僕が直接知り合いでも買いに行ったわけでもありません。 毎度お世話になっております、『日本茶の』専門店”茶淹”さんで …

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

アーカイブ