京都府 国産紅茶レビュー

【京都】椿堂:京都紅茶

投稿日:2013年9月5日

【この紅茶について】

この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時に
いろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。
場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。
自転車で行ったのでえらく遠くまで行きましたが、
喫茶と併設でしたので、次回は紅茶を買いに行くのではなく喫茶のブースの方に行きたいと思いました。

大きな地図で見る

【茶葉】

20130905椿京都紅茶1

僕の気が(記憶が)確かなら、この紅茶は喜寿園さんの紅茶だそうです。
袋を見ると『あさひ』という品種を中心にブレンドしているそうで、喜寿園さんの商品で言うと
赤に相当するのかな、とか思ってます。
茶葉はきれいに選別されており、荒茶の形跡はほぼなく、サイズもきれいに整ってます。
雑味が少ない紅茶に仕上がってるのかなって、この段階であらかた想像できそうなそんな紅茶です。

【水色】

色目は薄い橙です。
口に含むと、コーヒーっぽい香りがします。
渋みというより苦みが先行してます。
急須から注いだときは白ワインのような香りがしたはずなんですが、
気が付いたら、なくなってました。
なんだったんだろう。
今は、完全にコーヒーです。
コーヒーを飲んでるのではないかと錯覚するくらい。
味も浅目のコーヒーと思えてきます。
ただ、もしかして、淹れが浅かったのかもしれません。

長時間淹れてみたらどうなるでしょうか。

色目は黒っぽくなり、多分数倍増しで濃くなってます。
香りはほんのり濃く甘くなり、さっきのコーヒーっぽさはなりをひそめました。
飲んでも、コーヒーっぽさはありますが、『コーヒーに近い紅茶』という感覚です。
(でもルフナではありません)
時間を置くと、アッサムの濃いのみたいな濃くて深い感じに。
抽出時間と飲むときの温度で、味も香りも変化していくので、常に同じようになってない
というのが、面白いかなって思います。

【茶殻】

茶殻は全部きれいに整ってます。
サイズが均一なのは、茶葉の段階であらかたわかってましたが、これで改めて確認することができました。
こういう風にサイズが整っていると、いつ淹れても同じように安定して飲めるのでうれしいです。

しかし、椿堂さんも『武村』さんとおっしゃるそうですが、お茶のお店の人には『武村』さんないし『竹村』さんが多いのでしょうか。
それとも僕の知ってるお茶やさんがたまたま『たけむら』さんだらけなのでしょうか。
なかなか不思議なもんです。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016-2

【奈良県】ティーファーム井ノ倉:和紅茶 つきのあかり2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良2016で購入した国産紅茶です。 多分、初めて見るんじゃないかなって気がします。 ただ、初めて作ったような気がしませんでした。 僕が見るのが初めてなのかもしれま …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

no image

【静岡】浜佐園:わらしな紅茶

【この紅茶について】 わらしな紅茶は、静岡の浜佐園さんの紅茶です。多分、普通に検索しても緑茶ばかりがヒットすると思いますが、根気よく探していただくか、近日中に開始予定のうちのショッピング仲介サイト『京 …

アーカイブ