京都府 国産紅茶レビュー

【京都】椿堂:京都紅茶

投稿日:2013年9月5日

【この紅茶について】

この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時に
いろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。
場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。
自転車で行ったのでえらく遠くまで行きましたが、
喫茶と併設でしたので、次回は紅茶を買いに行くのではなく喫茶のブースの方に行きたいと思いました。

大きな地図で見る

【茶葉】

20130905椿京都紅茶1

僕の気が(記憶が)確かなら、この紅茶は喜寿園さんの紅茶だそうです。
袋を見ると『あさひ』という品種を中心にブレンドしているそうで、喜寿園さんの商品で言うと
赤に相当するのかな、とか思ってます。
茶葉はきれいに選別されており、荒茶の形跡はほぼなく、サイズもきれいに整ってます。
雑味が少ない紅茶に仕上がってるのかなって、この段階であらかた想像できそうなそんな紅茶です。

【水色】

色目は薄い橙です。
口に含むと、コーヒーっぽい香りがします。
渋みというより苦みが先行してます。
急須から注いだときは白ワインのような香りがしたはずなんですが、
気が付いたら、なくなってました。
なんだったんだろう。
今は、完全にコーヒーです。
コーヒーを飲んでるのではないかと錯覚するくらい。
味も浅目のコーヒーと思えてきます。
ただ、もしかして、淹れが浅かったのかもしれません。

長時間淹れてみたらどうなるでしょうか。

色目は黒っぽくなり、多分数倍増しで濃くなってます。
香りはほんのり濃く甘くなり、さっきのコーヒーっぽさはなりをひそめました。
飲んでも、コーヒーっぽさはありますが、『コーヒーに近い紅茶』という感覚です。
(でもルフナではありません)
時間を置くと、アッサムの濃いのみたいな濃くて深い感じに。
抽出時間と飲むときの温度で、味も香りも変化していくので、常に同じようになってない
というのが、面白いかなって思います。

【茶殻】

茶殻は全部きれいに整ってます。
サイズが均一なのは、茶葉の段階であらかたわかってましたが、これで改めて確認することができました。
こういう風にサイズが整っていると、いつ淹れても同じように安定して飲めるのでうれしいです。

しかし、椿堂さんも『武村』さんとおっしゃるそうですが、お茶のお店の人には『武村』さんないし『竹村』さんが多いのでしょうか。
それとも僕の知ってるお茶やさんがたまたま『たけむら』さんだらけなのでしょうか。
なかなか不思議なもんです。

明日も、更新します。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【岐阜】こころ野農園:こころ野紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は『岐阜県一気買い』の時に購入した紅茶です。一気買いと言っても、ネットで検索していける所をまとめて買っただけなんですがね。岐阜県がお茶のある程度の生産地だとはその時に知り …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

no image

【三重県】川戸紅茶:パール紅茶(緑)

【日本の頂点を極めたの紅茶】 『川戸紅茶』もしくは『パール紅茶』については、紅茶に詳しい人よりも、長距離運転手のトラッカーのあんちゃんあたりが詳しい人が多いという紅茶です。 地元亀山では『モーレツ紅茶 …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

【京都府】南山城紅茶プロジェクト:南山城紅茶SF2016-2

【京都府】南山城紅茶プロジェクト:南山城紅茶SF2016

【この紅茶について】 当ブログをご覧の方は、もうおなじみだと思います。 幾度となくネタとして取り上げてきました「南山城紅茶」です。 過去記事の一覧は【こちら】からお願いします。 ふとしたこと(ツイッタ …

アーカイブ