国産紅茶レビュー 鹿児島県

【鹿児島県】㈲屋久島八万寿茶園: 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017

投稿日:2017年12月11日

【 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 :この紅茶について】

屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 は、エコ茶会かシングルオリジンで購入したものです。
鹿児島は紅茶の大産地の一つです。
屋久島は南の方に位置しているので、これの他にも紅茶を作っている農家さんが多くあるそうです。
ただ、なかなかお見受けする機会が少ないので、この紅茶がどのようになってるのか楽しみです。

【茶葉】

【鹿児島県】㈲屋久島八万寿茶園: 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 -1
元々ティーバッグに入っている茶葉ですので、茶葉は全体的に細かめです。
小さいのであまり気にならないですが、茎や髭が散見されます。
茶葉の大きさは揃っていませんが、全体的に考えてみるとティーバッグで淹れた時、さっと味や香りが出やすい環境を作ったのかなと思います。
実際どのような紅茶になるのでしょうか。

【水色・味・香り】

【鹿児島県】㈲屋久島八万寿茶園: 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤茶色です。
香りは、カラメルっぽい香りです。
味は、コクがありほんのり甘いです。

味の系統は、望蘭系と滋納系の間くらいです。風味の感じ方によってはコーヒーに近いかぁという気もします。コーヒーよりならば、望蘭系により寄ってるという感じになります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、濃い目の茶褐色になりました。
香りは、カラメルっぽいですが僅かにレーズンのような香りがします。
味は、香ばしさとコクと甘さがメインです。僅かに渋さを感じます。

この味ですと、望蘭系ですという感じになります。
時間や濃さで風味が変わっていくのは面白いと思います。

【茶殻】

【鹿児島県】㈲屋久島八万寿茶園: 屋久島有機紅茶ティーバッグ2017 -3
小さいチップ状の茶殻になり広がりました。
最初に見たときは粉茶かなという雰囲気もあったのですが、実際に淹れてみるときっちり撚られてコンパクトに仕上がっていたのだと感じました。
これが、本来はティーバッグいっぱいに膨れ広がってるんだなと思います。

この紅茶は香ばしさを中心とした紅茶でした。
気持ちが苦しさを感じているときやストレスを感じている時などを解きほぐすのにいいかと思います。
仕事から帰ってきて、家で切り替えをするのに向いている紅茶とだと感じました。
寝る前よりも、寝る2~3時間前の紅茶という感じです。

-国産紅茶レビュー, 鹿児島県

執筆者:

関連記事

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016-2

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU MILD 2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 グリーンエイトさんの3つ目です。 いつも、一つ一つ先入観なしで飲んでいるので、どのくらい違うのか考えていないですが、これは …

no image

【鹿児島】東八重製茶:紅ふうき茶

【紹介された紅茶】 ツイッターのフォロワーの方に『知り合いが、紅茶を作ってみたらしいので飲んでみてほしい』という連絡を受けまして、FB経由で連絡を入れさせていただき、いただきました。物がべにふうきなの …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

アーカイブ