国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】益井園: みおぷれみあむ2018

投稿日:

【 みおぷれみあむ2018 この紅茶について】

みおぷれみあむ2018パッケージ
今回は静岡県の益井園さんの みおぷれみあむ2018 を紹介します。

みおぷれみあむは、その年の「みお」の中で香り高く仕上がったものに名付けるそうです。
元々、益井園さんの自家茶園選抜品種「みお」は香りが高い紅茶として知られています。
その中でも際立っていいものということで、ダージリンのファーストフラッシュなど、ライトでキリッとした紅茶を飲みたい方に人気があります。
この特徴から、多くの喫茶店でも使われることが多く、要望の高い国産紅茶です。

過去のみおぷれみあむの試飲記事につきましては以下の以下のリンク先からご参照ください。
・みおぷれみあむ過去記事一覧

【茶葉】

みおぷれみあむ2018 -1
茶葉は、裁断されて比較的細かくなってます。
ですが粉というわけではなく、茶葉の形状はしっかり保っているので、軽量もしやすく使いやすい茶葉です。
封を切ったときから、甘い香りが立ち上るので、茶葉をじっくり見たい人には楽しめる茶葉です。

【水色・味・香り】

みおぷれみあむ2018 -2

3分淹れました。
水色は、赤みのある黄色です。
香りは、若葉や青葉の香りで、かすかに花びらのような酸味があります。
味は、軽い渋みと軽いコクが感じられます。

味の系統は、清廉系です。
ただ、3分では浅いので、しばらく待ってみます。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、若葉の香り中心ですが、香りの底に甘い綿菓子のような香りがします。
味は、さっきと打って変わって、ぐっと渋さが全面に出てます。

毎年そうですが、益井園さんのみおぷれみあむはこの渋さが顔と言えるんですよね。
ここまで引き出して始めて、この紅茶の本領発揮と言えるので、ここを起点に食べ物を合わせるとすごくいい雰囲気になれます。

【茶殻】

みおぷれみあむ2018 -3
茶殻は、裁断された茶葉が綺麗に開きました。
淹れたあとの収まりもよく、後片付けも考えると使いやすい茶殻です。

毎回試飲ということで同じ条件、3分→それ以上と淹れてますが、これを1分前後で浅く上げて、これを数煎繰り返して飲む中国茶のスタイルでも楽しめます。
茶葉の自力がもともとある紅茶なので、楽しみ方はその人の飲み方のスタイルに合わせてたくさんありそうです。

夏場でしたら、1煎淹れて残りを一晩水出しするというのもありかもしれません。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

no image

【静岡】㈱水車むら紅茶:水車むら紅茶 かぐや姫

【この紅茶について】 この紅茶は㈱水車むらさんの生産です。 前にも触れましたが、自由化国産紅茶が消滅した後に開始し、 今や国産紅茶の生産のリーダーの一人です。 この紅茶は、そこで作られたやぶきたの紅茶 …

【京都府】永谷農園(永谷知良):一番摘み宇治の和紅茶2017-2

【京都府】永谷農園: 一番摘み宇治の和紅茶2017

【 一番摘み宇治の和紅茶2017 :この紅茶について】 一番摘み宇治の和紅茶2017 は、2013年に仕入れ、ご挨拶に行き2014年は直販をさせていただいておりました。 それから3年経ちまして、久しぶ …

no image

【静岡】井村製茶:菊川紅茶(やぶきた紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の井村製茶さんの紅茶です。 品種はやぶきたです。 紅富貴と随分風味も見た目も違ってます。 同じ茶園でも全く違うものが出来上がるのもまた面白いです。 【茶葉】 茶葉 …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶①

①と書いたのは、②があるからです。 【お茶農家兼プログラマー】 平岡園さんは、ツイッターの方で、主に『プログラマー』の方でお世話になっております。 その方の去年の三富紅茶(商品名)を出してみました。 …

アーカイブ