京都府 国産紅茶レビュー

【京都】和束紅茶 :光・らいざ

投稿日:

【この紅茶について】

和束紅茶(株式会社和束紅茶)は、旧名を『喜寿園』と言います。
過去に『喜寿園』さん時代の紅茶の試飲レビューも書いておりますので、お時間がある時にご覧いただければと思います。

喜寿園さん一覧→こちら

生活・生産をしている『和束』という名を社名につけた思いは並々ならぬものがあると思います。
さらなる発展を願いたい茶農家さんの一人です。

今回の『光・らいざ』に関しては、詳しく話を聞いてませんでした。
品種なんだったけなぁ・・・って感じです。
多分、飲んでるとある程度予想はできるのかもしれませんが。

【茶葉】


茶葉はきれいに撚られ、程よく密度の高い茶葉です。
茎も散見するのですが、これは香りを整えるため入れているんだろうなとおもいます。
もし、全く振り分けをしていなければ、髭がたくさん入っている茶葉になります。
量に対して大きくかさばる茶葉でもなく、重さに対して見た目が貧弱な茶葉でもありません。
ものすごく、オーソドックスで『優等生な』茶葉です。
個人的には、他の商品も楽しみです。

【水色・味・香り】


薄い茶色、淡いオレンジ。浅く淹れたほうじ茶のような水色。
香ばしいポン菓子のような香りで、パンの表面のような甘く焦がした香りがします。
抽出時間3分では、味はほんのり乗るくらい。
紅茶という感じではなくて、ほうじ茶に近い感じ。
さっぱり飲めていい感じです。

系統は「滋納」系です。

ちなみに、推奨時間は3~5分です。
多分味の関係をみたら、5分の方だと思う。

5分以上淹れていたものは、
水色は赤茶色です。透明な赤茶色なので見た目で「紅茶」だとわかるくらいです。
香りは変わらず香ばしいポン菓子のような香りで、パンの表面のような甘く焦がした香りがします。
味は軽く香ばしくて、ふんわり甘い感じです。
冷えると若干酸味が顔を出します。
これは好みが分かれるかなぁと思います。

僕はそのままでも充分良いかなぁって思うのですが、
食べ物と合わせるなら、甘さひかえたスポンジのような洋菓子が良いかもしれません。
甘くないシフォンケーキなんてそんなに無いかと思いますが。

ちなみに、残り香は完全にわたがしです。綿菓子。

【茶殻】


もともと大きめに裁断する農家さんなので、茶殻も大きめです。
ただ裁断しているのできれいに整ってます。
計量が安定してできるし、細かくなりすぎて雑味が出やすくなるリスクを避けているという点で、
非常にいい紅茶だと思います。

残り香はあまりよくないですが、もともと他の回でもあるように
わざわざ残り香を嗅ぐ人なんておりません。
いたとしたら、相当な物好きか、相当な変tもとい道楽です。
いい香りがきっちり紅茶に出た証拠として考えてます。

今後も、良い紅茶を作り続けてくれることを願っております。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】竹内園:紀文紅茶(きーもんてぃー)

【この紅茶について】 この紅茶はとぷとぷ紅茶と同じく、『おちゃうけ屋』さんで買いました。ネットショップ以外では、いつもお世話になっております十三の茶淹さんでも取り扱っています。名前の『紀文紅茶(きーも …

【愛知県】ごとう製茶:豊橋紅茶手摘み手揉み紅茶Autumnalべにふうき・とよか2

【愛知県】ごとう製茶:豊橋紅茶手摘み手揉み紅茶2015Autumnalべにふうき・とよか

【この紅茶について】 この紅茶は、知り合いから貰った紅茶です。 ごとう製茶さんは、尾張旭で行われる紅茶フェスティバルの国産紅茶グランプリにて2015年・2016年とグランプリ受賞をされた農家さんです。 …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶プレミアム

【この紅茶について】 静岡の井村製茶さんの紅茶です。 前に『桃の香りのするべにふうき』として紹介させてもらいましたが、 今回はその中でも新芽に近いものを選別して製茶したものです。 井村さんいわく『選り …

【京都府】京都地紅茶: 常蓮山発酵茶2017 -2

【京都府】京都地紅茶: 常蓮山発酵茶2017

【 常蓮山発酵茶2017 :この紅茶について】 常蓮山発酵茶2017は、京都市の京北町で買った紅茶です。 先日記事にしました『京都地紅茶』さんの商品です。 過去記事はこちらからよろしくお願いします。 …

no image

【静岡】豊好園:おくゆたか

【この紅茶について】 この紅茶は静岡の豊好園さんの紅茶の第5弾です。 豊好園さんはまだ10品種ありますので、まだまだお付き合い願います。 多品種で作られていると選択に迷うこともありますが、各々の特徴が …

アーカイブ