京都府 国産紅茶レビュー

【京都】和束紅茶 :光・らいざ

投稿日:

【この紅茶について】

和束紅茶(株式会社和束紅茶)は、旧名を『喜寿園』と言います。
過去に『喜寿園』さん時代の紅茶の試飲レビューも書いておりますので、お時間がある時にご覧いただければと思います。

喜寿園さん一覧→こちら

生活・生産をしている『和束』という名を社名につけた思いは並々ならぬものがあると思います。
さらなる発展を願いたい茶農家さんの一人です。

今回の『光・らいざ』に関しては、詳しく話を聞いてませんでした。
品種なんだったけなぁ・・・って感じです。
多分、飲んでるとある程度予想はできるのかもしれませんが。

【茶葉】


茶葉はきれいに撚られ、程よく密度の高い茶葉です。
茎も散見するのですが、これは香りを整えるため入れているんだろうなとおもいます。
もし、全く振り分けをしていなければ、髭がたくさん入っている茶葉になります。
量に対して大きくかさばる茶葉でもなく、重さに対して見た目が貧弱な茶葉でもありません。
ものすごく、オーソドックスで『優等生な』茶葉です。
個人的には、他の商品も楽しみです。

【水色・味・香り】


薄い茶色、淡いオレンジ。浅く淹れたほうじ茶のような水色。
香ばしいポン菓子のような香りで、パンの表面のような甘く焦がした香りがします。
抽出時間3分では、味はほんのり乗るくらい。
紅茶という感じではなくて、ほうじ茶に近い感じ。
さっぱり飲めていい感じです。

系統は「滋納」系です。

ちなみに、推奨時間は3~5分です。
多分味の関係をみたら、5分の方だと思う。

5分以上淹れていたものは、
水色は赤茶色です。透明な赤茶色なので見た目で「紅茶」だとわかるくらいです。
香りは変わらず香ばしいポン菓子のような香りで、パンの表面のような甘く焦がした香りがします。
味は軽く香ばしくて、ふんわり甘い感じです。
冷えると若干酸味が顔を出します。
これは好みが分かれるかなぁと思います。

僕はそのままでも充分良いかなぁって思うのですが、
食べ物と合わせるなら、甘さひかえたスポンジのような洋菓子が良いかもしれません。
甘くないシフォンケーキなんてそんなに無いかと思いますが。

ちなみに、残り香は完全にわたがしです。綿菓子。

【茶殻】


もともと大きめに裁断する農家さんなので、茶殻も大きめです。
ただ裁断しているのできれいに整ってます。
計量が安定してできるし、細かくなりすぎて雑味が出やすくなるリスクを避けているという点で、
非常にいい紅茶だと思います。

残り香はあまりよくないですが、もともと他の回でもあるように
わざわざ残り香を嗅ぐ人なんておりません。
いたとしたら、相当な物好きか、相当な変tもとい道楽です。
いい香りがきっちり紅茶に出た証拠として考えてます。

今後も、良い紅茶を作り続けてくれることを願っております。

-京都府, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【熊本】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶

【茶葉】 本来、3gティーバッグに入ってるんですが、包装を開けました。釜炒り茶っぽい雰囲気はするんですが、選別がちょっと不十分。機械選別の限界なのですかね。 【水色】 水色は明るい橙。香りは特徴なし。 …

no image

【静岡】豊好園:つゆひかり

【この紅茶について】 たくさん送ってもらっている豊好園さんの紅茶の一つです。 つゆひかりという品種も普段触れることはありませんけども、これも緑茶の品種です。 ほんとに数多くの品種をまるで試験場かと思う …

no image

【岐阜】なべしま銘茶:飛騨紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、丸子紅茶のべにふうきを、飛騨まで持って行って製茶した紅茶だそうです。丸子ティーファクトリーで講習を受けた方が作っていらっしゃるというお話でした。『茶葉の輸入』で地元の …

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

no image

【大分】杵築紅茶:べにたちわせ

【この紅茶について】 日本最古の紅茶専門店ティーハウスムジカで販売されてました今年の杵築紅茶『べにたちわせ』です。べにたちわせそのものは、そんなにも生産されていません。なので、珍しい品種と言えば珍しい …

アーカイブ